アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国 桂林 興坪
2008年10月28日


二日ほど滞在した陽朔の街から漓江下りならぬ上りが出来そうな

「興坪(シンピン)」という町を目指すことにした。

興坪は陽朔から北に約25km 程度行った所にある漓江沿いの小さな集落で

世界各国から集まる観光客が桂林から陽朔までの漓江下りを楽しまれる

途中に通る奇峰に囲まれたのんびりとした村らしく、ほんらいなら

2~3日は沈没したいのですが、なにぶん中国滞在ノン・ビザ期限の

15日間なのと最終目的地のフィリピンで知人がお店をOPENさせるので

オープニングには是非、間に合わせる予定で旅をしてるのでそう言うわけにはいかない


2008-09a


事前にNetで下調べすると興坪から楊提までは、「漓江下り」ではなく

「上り」が可能とのことだが、その先の桂林までが書かれていない


2008-09a

1)

陽朔汽車総站で6:55発 興坪行きのバスに乗車する 5.5元 77円

興坪行きのバスは15分間隔の運行なのであまり待たずに出発したが

乗車したミニバスは客が少なく街なかをゆっくり客を集めながら進む

2)

興坪へ向かう車窓でも奇峰を望める

3)

興坪のバス停を降りると、お約束どおり宿の客引きも含め観光ボートやら

またまたいろんな客引きおばちゃんが登場する

4)

バス停に近い興坪のメインストリート 突き当たりは漓江の碼頭だ

2008-09a

興坪のメインストリートはもちろん、いろんなところから望めるランドマーク的な

街のシンボル「老寨山」は、標高200メートルと意外に低い

2008-09a

興坪には明代のものといわれる老街が存在し落ち着く

桂林米粉(クイリンビーフン)が有名なのか米粉屋だけが朝早くから開いていた

2008-09a

古い町並みが残っててなかなかの趣があり1日だけでも泊まってみたい衝動にかられた

時間がなく駆け足だったが今度またゆっくり来たいと思わせるようなところだな~

2008-09a

朝早くから開いてる米粉の店 地元の御老人がスローな時間を楽しまれていた

こういった古い家もいずれ取り壊され新しい瀟洒な商店に衣替えするのかな

2008-09a

いいな~ 時が止まったような街 オレの体内時計も止まっちまったよぉ

2008-09a

朝早くに訪れたので家々の扉は閉ざされ廃墟のようにも見えてしまう古鎮の家々だ

米粉の店: 地元で有名な米の麺の店で朝食がわりにした 3元 42円

観光客が押し寄せているもののしっとりした老街の雰囲気はじゅうぶん味わえた




お腹もいっぱいになったし次は漓江の碼頭を探しボートの船上から

奇峰・奇岩を、お腹いっぱい楽しみ桂林を目指しますだ




関連記事


コメント
良い雰囲気
興坪いいですねぇ~。

こう言う「中途半端な町」に、物凄く「旨い飯屋」があったり、上質な髪廊があったりするのがいかにも「中国」ってな感じですね。

写真が凄くいいですね。

コン・デジも侮れないなぁと、あじあんさんの写真を見るたび思います。
[2009/06/17 23:53] URL | コイワカメラ #- [ 編集 ]


こんにちは コイワカメラさん

日頃はよりコンパクトなEX-Z85をもっぱら万歩計のごとく

ベルトにくっ付けて日課のウォーキングに連れ歩いてます


初めての街での髪廊めぐりは『いたす』と言うより、のれんをくぐるような行為

冷やかしそのものも楽しく近頃、歳と共に感じれれなくなったドキドキ感と言うか

軽いハイ状態とでも申しましょうか妙なアドレナリンが出てるように感じられます

あ~ 今度はいつ中国へ行けるんだろう 今の心情ですわ
[2009/06/18 09:02] URL | あじあの☆くん #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/387-55167b59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。