FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


10<<  2019.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


中国 三江 程陽風雨橋 1
2008 10月29~30日


地図で見ると桂林市から さほど遠くに思えない龍勝・三江への道のりのはずだが

桂林市を抜けると曲がりくねった山道をアップダウンしながらミニバスはスピードを

極端に落とし息をはずませ進むので予想以上の移動時間を強いられた


2008-09a


前回の棚田で有名な龍勝郊外から今度は三江にある中国4大橋の1つで

国の文化財に指定されている程陽風雨橋を見に出かけることにした


昨夜の棚田の宿でもらった簡単な案内書に記載されてるには、どうやら

龍勝バスターミナルから三江行きが出ているらしいが中国では頻繁に繁体字を

使用してるので龍勝と言う目的地名を探すのが事のほかやっかいだった


2008-09a

1)

龍勝バスターミナル

龍勝と三江を結ぶバス 12:00発 

龍勝の文字が繁体字になってる


2)

13:30 三江の町に到着

三江は、長距離バス停もちゃんとあり、まぁまぁしっかりした街だ

程陽ゆきバスを探すがお決まりのメイヨ 辺りは人相の悪いボッタクリTAXIだらけ

その中でも人の良さそうなドライバーの軽バンを30元で交渉し程陽へ向かう

2008-09a

三江の町から30分ほど車で走り林溪河に架かる三江の程陽風雨橋に着く

林溪河の支流沿いには水田が続き大小さまざまな水車が並んでいた

これらの水車は観光用ではなく水田に水を引くための実用品だ

2008-09a

車を降りた国道沿いの入り口から風雨橋を渡りきって左手に折れると

林溪河を前にした簡単な民宿があり外国人も宿泊可ということで料金を聞くと

トイレ・温水シャワー ツイン 40元 560円

宿の主の部屋でインターネットも無料で使わせてもらえる

2008-09a

村はずれの高台にのぼり侗(トン)族の家並みを見る

2008-09a

村はレストラン・食堂は少なく村の入り口にある観光客向けのレストランへ

値段も手頃で落ち着いた雰囲気なので朝・昼・晩と滞在中は重宝した

2008-09a

ここでも通常のメニューを無視して自ら野菜を指差し豚やらキノコと薬味に

ニンニクを大盛りで炒(チャオ)するわがままメニューをとおすが安い

2008-09a

時刻はちょうど、村の小学校の終業の頃で、たくさんの子供達が村中を遊びまわっていた

2008-09a

さらに村の奥へと進むと、静かに流れる小川にかかる合龍橋と呼ばれる別の小さな

風雨橋を発見  先生の先導のもと幼稚園児は、仲良く下校中

2008-09a

私も顔立ちは同じアジア人なので子供にも怪しまれず村中を探索できた

2008-09a

季節は稲刈りの真っ最中 青服の侗 (トン)族の夫婦が稲刈り中

2008-09a

用水路や田んぼの向こうに侗 (トン)族の集落が




次回も程陽風雨橋周辺や村のなかを もう少し探索しますだ


関連記事


コメント
セブへ行きます
7月2日 関空からフィリピンへ行きますよ
今回はセブを廻ろうと思っています
マラパスクアにも行き お薦めのシャークに逢ってきますね
[2009/06/30 10:34] URL | 埼玉のトムです #- [ 編集 ]



埼玉のトムさん コメント&報告ありがとう御座います

今月は5Jのプロモの関係で渡航する日本人が多いらしいですね

マラパスクアのシーエクスプロラーで潜られるなら

フィリピン人、イントラのタタくんに宜しく伝えてください

通称、タ~坊って呼んでますので日本人グループだと言えば

思い出すはずです! 

今回は、いつまで滞在ですか?? 
[2009/07/07 08:47] URL | あじあの☆くん #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/390-fcc8f060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY