FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


10<<  2019.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


桂林から硬臥寝台で昆明へ移動
2008 10月31日


桂林から雲南省の昆明へ向かう列車の硬臥寝台(日本のB寝台に相当する)の

空きベッドが二日後でないと確保できず、時間が空いたのでその間を利用して

龍脊の棚田と三江 程陽風雨橋を早足に観光し再び桂林駅に戻って来ました

座席で良ければ直ぐにでも昆明へ参る席は確保出来たのですが二日、延ばして

結果的には見所の多い地へ寄り道できたので災い転じて福となすだった


2008-09a

移動経路を示すMap はクリックすると拡大します


今夜は夜行列車で広西チワン族自治区を走り明日、目が覚めれば

雲南省 昆明だ 現在の日本では夜行列車はほとんど走っていないが

広い国土の中国では、まだまだ長距離の夜行寝台列車が豊富に走っている


2008-09a

1)

日本と違って自分が乗車する列車の時間が迫るまでプラットホームには降りれない

乗車する発車30分前ぐらいから改札が始まりますがこの頃には改札口には

長蛇の列が出来てくる無座(自由席)の客も同じ列車を利用するのか大混雑になる


2)

さすが雲南省に向かうだけあってシーサンパンナ タイ族自治州へ

向かうと思われるタイ族のご婦人の姿も見られる、それにしても皆さん大荷物だ

2008-09a

乗車すると車掌さんが検察に現れ紙の切符をプラッチックの換票証と交換して

下車駅が近づくと今度は逆に換票証を切符に交換しに来る

今回は列車の終着駅までの乗車だったので問題ないが途中で降りる場合は

この一連の作業により乗り越す恐れがないので助かる(但し寝台車両のみ)


なんと同じコンパーメントの乗客はくだんのタイ族の おばはん ご婦人だった

得たいの知れんお菓子とか、ひまわりの種とかの おすそ分けをしてくれました

2008-09a

乗客のほとんどは持参した弁当や車内販売のカップラーメンで食いつないでるようだ

私は先頭車寄りに設けられてる食堂車が気になるので今宵も一杯がてら向かいます

2008-09a

青椒肉絲 23元 320円 ご飯 (普通でも量が多い) 2元 28円 

ビールは、お約束どおり冷えてなく1本でギブアップ 8元 110円


今回の硬臥寝台は各部屋の仕切りが大きいタイプだったがベッドの幅は変らず狭い

2008-09a

朝、目を覚ますと車内からでは、どれだけの強さか解らないが雨が降り続いていた

時計を見るともう7時だと言うのに辺りはうす暗らかった(日本とは-1時間)

なんど乗っても異国の列車の旅は至福の時間でいいものですね

いつものように黄昏たり通路席で読書したりしながら眠りに入ったり

車窓からは奇岩が見えて来たので雲南省 石林に近づいて来たのがうかがえる

2008-09a

11:20 昆明着

皆さん改札へ抜ける通路を降りていくが私の恒例、先頭機関車を写しにと延々歩き

ホーム先端へ進むので時おり公安から変な目で見られる

2008-09a

約10年ぶりの昆明、駅前に出ると以前と違って街が都会になってることにビックリ

前は人民の無秩序に走り回る自転車の姿が目立ったのに今は経済発展が

目まぐるしいのはわかるんだけどなんかイメージと違うなぁ 4) 昆明駅前の大通り



次回................

以前に雲南省へ訪れた際は、ここでの観光の王道、大理・麗江と

まわったので今回は南へ下り元陽へ行くのですが途中の建水という

街が気に掛かり、ふらっ~と 寄り道することにしました

まずは駅近くのバスターミナルを探しに大通りを進みます




関連記事


コメント
中国鉄道
こんにちわ。寝台車いいですね。私なんか、切符の買い方もようやくなれまして、でも寝台車はなかなかとれず、西安から成徒まで、硬座の夜行
でした。きつかったです。でも運賃激安113元でした。雲南早く行ってみたいですね。写真から町の様子がよくわかります。
[2009/08/07 19:14] URL | 針生あつし #- [ 編集 ]



針生さん コメントありがとう御座います

中国の旅、楽しまれてますね

>西安から成都まで、硬座の夜行


針生さん いゃ~ まだまだ若いすね

私なんぞ超距離の移動は寝台じゃないとダメな身体になっちゃいました


>雲南早く行ってみたいですね


建水は別として元陽の棚田とか勝村の集落を堪能して下さい

雨や霧が多い地区なんで日程は余裕をみて取って下さいね

今頃はシャングリラかな?
[2009/08/10 16:49] URL | あじあの☆くん #tefX1ZkU [ 編集 ]


こんばんわ。あじあの☆さん、人民の猿を今日 昨日 と2匹怒鳴りつけてやりました。割り込むは、人にお願いするどころか、怒鳴ってくるくそ婆がいたもんでね。笑。中国 観光はすごくいいけど人間がいまいち好きになれません。人によってでもすごく親切な人と不親切な人と極端ですね。観光ビザ90日とりましたので、その点は大丈夫ですが、河口からベトナム入国しようか考えていますよ。ありがとうございます。
[2009/08/10 22:46] URL | 針生あつし #- [ 編集 ]


針生さん コメントありがとう御座います

日本は、お盆ウィーク真っ最中

こんな私でも先祖の供養に出かけてました


>人民の猿を今日 昨日 と2匹怒鳴りつけてやりました

それはそれは、とっても良いおこないをしましたねw

私も数回、怒鳴ってやりましたが全然、気にもしてませんでした


>観光ビザ90日

それならゆっくりと各地を参れますね

激安の(何が?笑)河口辺りで旅の疲れを癒してくださいw
[2009/08/15 16:03] URL | あじあの☆くん #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/392-f1fe3682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY