アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国 雲南省 建水 3
2008年 10月31日~11月2日


雲南の南に位置する建水は開発が遅れたせいなのか近代化の波に乗り遅れたが

それを逆手に取り古いものを積極的に残そうとしている


2008-09a


古くは臨安と呼ばれた雲南省南部を管轄していた交通の要所の街だそうだ

今回は三回にわたった建水 blog 完結になる


2008-09a

臨安街を少し歩くと右手に入るここもいい感じの老街があり「翰林街」というらしい

雲南省にありながら古くから漢民族が多く住み行政の中心地になっていたらしく

明・清代の建築が沢山残っている 今回もぶら撮りしながら歩きたおした

2008-09a

朝陽楼をくぐり旧市街から抜けバスターミナルへ伸びる地域も

まだまだ開発されず老街フリークには歩くのが楽しい町並みだった

2008-09a

ここでの観光要所のひとつらしい朱家花園

朱さんという大金持ちの邸宅で100年の歴史があるらしいが

私、どこから入ったのか知らない間に中庭に出ていたw

後で知ったが観覧料を取られるらしいが気がつけば敷地内にいてた不思議だ

2008-09a

ここでは文廟や朱家庭園と中国ではお約束の拝観料を徴収される私設も悪くはないが

あてもなく迷路のような枝道へさ迷い歩くだけでもじゅうぶんな価値はあると思う

路地裏を歩きまわったおかげで今回もじゅうぶん怪しまれたw

2008-09a

雲南省では珍しく建水は漢民族の街だった

婆ちゃん暇そうだね

2008-09a

建水では、あちこちで井戸を見かける中でも最も有名なのは溥博泉と淵泉だ

四季を通してわき出ているのでこれら二つの井戸の近くに多くの人々が豆腐店を作った

これらの井戸水で作った豆腐は絶品で口当たりも良く地元の人達は「西門豆腐」と呼んで

火であぶれば色、味、質ともにさらに良くなり、幾度となく食した

2008-09a

街なかでは大きな通りから伸びる枝道がたくさんあり

え~ 塩梅な老街がたくさん残っていた お勧めの街である




次回は、さらに雲南省の南に位置する少数民族と棚田の村、元陽へ向かいますだ



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/396-3c254358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。