アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国 雲南省 元陽 1
2008年 11月2日


古いものを一掃して近代的都市に脱却しようとしている現代の中国

雲南省も例外では有りません ある町は近代的なビルが乱立する都市に

ある町は観光客目当ての整備された歴史の街に変貌している


2008-09a


旅のルート画像はクリックすると拡大します



雲南省の南は、まだ近代化からは取り残されていると確信しつつ

二日間、滞在した建水からさらに南にくだることにする

そこには紅河哈尼(ハニ)族彝(イ)族自治州の元陽の街がある


2008-09a

建水汽車客運7:42 元陽行き 32元 450円

市内を抜けたミニバスは、どんどん標高を上げ途中から未舗装のせまい凸凹道で

亜細亜ジャンピングバスだ 幸い私は前方に席をとったが後部座席の客は悪路と

オンボロバスのおかげで何度もシートからずり落とされていた

途中、ゲロ客は出るわ 雨は降り続いて寒いわで、おもわず長袖を重ね着する

高度を上げるにつれ霧も出てくるし路肩は崩れかけてるし不安いっぱいのルートだ

元陽南沙鎮の間のこの道筋の最高地点は1900m程で思いのほか時間がかかった

一路平安!

2008-09a

10:57 元陽・南沙着 相変わらず雨は止まない

到着後、隣のバスに乗り換えさらに高度を上げ前進する

新街鎮12:20到着 10元 バスを降りてもまだ雨が降り続きしばらく雨宿り

元陽新街鎮は、山の斜面に中規模小規模の建物が並ぶ町だ

2008-09a

いくら待ってもやまないので三輪タクシーで政府招待所へ向かうことに

雨にうたれながら宿を探してると予想に反し立派な建物雲梯順捷大酒店が見えた

フロントに掲示されてる部屋の料金表を見ると予算オーバーなんで他へ移ろうと思うが

外は冷たい雨 仕方なしに1泊だけしようとフロントへチェックインしに行くと

単人房シングルが198元から80元 1120円に値切りもしていないのに下がる

おもわず部屋を見せてもらうと大変綺麗ので泊ることにする

部屋のお湯はバッチリ出るし、部屋は清潔で、おまけに電気毛布もあるわ

2008-09a

観光地然としたた、たずまいがない分、素のままの生活感を味わえるという意味では

なかなか風上があり落ち着いて良いとこだ

部屋に荷物を置き出かけようかと思い外へ出るが10メートル先も見えやしません

おまけにめちゃ寒いこの調子じゃ、今日の棚田見学は中止だなぁ

2008-09a

街には小さいながらも屋台に毛が生えた程度の食堂もちゃんとあります

ひとくち炭火焼き豆腐の店で他店から麺類を出前させ一軒で済ませることが出来ます

こういった出前スタイルは日本を除き他のアジアではごく日常に行われてるスタイル

何かにつけ融通の利かない我が国の呑み屋も見習って欲しいものだ

2008-09a

棚田観光をやめたので、ひとくち豆腐の炭火焼屋台で昼間から飲むことにする

え~塩梅に飲んでて何気に道路側を見ると、ごく日常に彝(イ)族のおねえさんらが

通り過ぎていく姿が何気に自然でテーマパークとは一線をひき興味ぶかいもんだ

2008-09a

建水で食したのと同様で少し発酵させてあるので独特の風味で美味い

ジャガイモは硬めにゆでた物の皮をむいて乱切りにしてあり

豆腐と同じく山椒に唐辛子と塩を混ぜた調味料を付けて食べる

ビールにも老酒・白酒にもよく合い昼間から酔いどれになっちゃう






次回は ・・・・・

あくる日も朝から霧が立ちこめ棚田見物はパス 外出も出来ず部屋で

ごろごろ巣くっていようものならサービス精神過剰なホテルのスタッフが

デリバリーで小姐を100元 1400円でご丁寧に部屋まで届けてくれるありさま

慌てふためき勝村という少数民族が闊歩する集落へ急遽、逃げるように

雨のなかTAXI をやとい向かいましたとさ  逃げたって、ほんまかいなぁw





関連記事


コメント

こんにちわ。いいえ ニーハオでしたね。招待所のくそしているところ丸見えトイレには驚きでした。元陽へは、ぜひ参考にさせていただきまして、行ってきます。ありがとうございます。
[2009/07/27 17:27] URL | 針生 あつし #- [ 編集 ]



針生さん コメント有り難う御座います

今頃、中国の真っ只中を放浪されてるんでしようね

針生さんと私、旅の形態が似てるので今後の旅の展開が楽しみです!

[2009/08/04 21:45] URL | あじあの☆くん #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/397-757a546e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。