FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


中国 雲南省 元陽 2
2008年 11月3日


雲南省南部の地域は、棚田の多いところとして知られている

ハニ族、イ族、ミャオ族、タイ族などの少数民族が住み主に、棚田で米を作っている

この地は海抜が1400m~2000mで、霧と雨が多く稲作には適していて

唐の時代から、棚田が有名なところだ


2008-09a


前回にも触れたが雨で観光に行けない宿泊客へのサービス精神過剰な

政府招待所(雲梯大酒店)のフロント係り小姐のこずかい稼ぎになるのか

宿泊名簿から男のひとり客を抜粋しデリバリをしてるとしか思えない

我が部屋のチャイムをピンポン♪攻撃から逃れ広場前にたむろっている

オート三輪のドライバー兼ガイドと棚田観光の交渉を開始した


私が投宿したホテルは元々人民政府招待所だったのだが

雲梯大酒店に買収され、内装が一新されて綺麗になったらしい

2008-09a

多依樹までの主な見所を半日で回るコース言い値は200元、結局110元までしか

交渉できず暇なので半日、カモに成ることにする運転手はハニ族のおばちゃんだ



新街を出ると道路は未舗装に石畳 三輪タクシーの狭い車内で身体がぶつかる

雨は小降りで雨具は要らない程度だが霧で視界は10㍍と棚田見物には最悪

ドライバーは道中、何ヶ所か棚田が見渡せる展望台に寄ってくれるが絶望的

2008-09a

勝村郷を過ぎたところにある、多依樹(たいじゃく)の棚田までとりあえず向かうが

予想してたように霧で棚田の見物はあきらめ勝村郷まで引返してもらう

(勝村は元陽から20km)


ここは市が立つ日は民族衣装に身を包んだ少数民族もやって来てたいへんな賑わいだ

ハニ族の叔母さんが連れてるのはフレンチブルドッグではなく黒豚w

2008-09a

漢族はもちろんだがハニ族が多くイ族、ミャオ族、タイ族も少数だがときおり見かける

ハニ族の衣裳は上下とも黒で、わずかに青いラインが入っているだけで華やかさはない

2008-09a

勝村郷では、農暦の兎と羊と猪の日にマーケットが開かれます したがって

4日に1回開かれることになり、市、マーケットは、広場で行われるのではなく

村のメイン道路に沿って市が開かれている

2008-09a

イ族の衣裳は、刺繍がきれいだ腰にもきれいな布がついている。ズボンは青色

まだ十代かと思わしき、イ族の若妻 中国は一人っ子政策だが少数民族は

何人でも子供を持つことが許されている 撮影は趣味の領域に入ってきてヤバイw

2008-09a

女性は一生懸命働いているのに、男性はぼんやり座っていたり竹筒でタバコを

吸っていたり、おしゃべりに興じている少数民族の男性は怠け者が多いらしい

なにやら考えさせられる、我が家と似たところがあるなぁ

母さんは我が家の稼ぎがしらw

2008-09a

道沿いは市、マーケット以外にも手作り豆腐の店、解体したての肉を売る店

その他、日用雑貨を売る店構えもあり、ぶら歩きには興味が尽きない

2008-09a

イ族の叔母さんが焼き豆腐だけを商ってる、ささやかな店がよく目についた客は同じく

少数民族でお茶菓子感覚でつまみ食いをしてお喋りを楽しみ、数元を支払い立ち去る

2008-09a

茹で豚が具材のイ族が商う米線(麺)屋さん  食事時間帯以外にもスナック感覚で

需要があるようで、このような小吃店は昼をまわっても客足は途絶えない

具をこね回してる手が気になるのは日本人だけか





次回も撮り溜めてる勝村郷の画像から数枚をピックアップします




関連記事


コメント

乗れそうです。追加料金はなかったですが、一人当たりの預け荷物は15kgまで出、それ以上は1kg1000円をシビアに徴収していました。
では、お先に行ってまいります。
[2009/07/21 18:39] URL | 火遊び師 #- [ 編集 ]



火遊び師さん 関空情報を見ましたv-1910分遅れで済んだようでなによりです。

今回の比でのスケジュールは?

[2009/07/21 20:31] URL | あじあの☆くん #tefX1ZkU [ 編集 ]


冬休み、元陽へ行くことにしました。
参考にさせて頂きます。
[2009/12/15 12:42] URL | nisechu #mQop/nM. [ 編集 ]


nisechu さんコメントありがとう御座います。

私の前回の元陽は連日の悪天候で棚田を拝むことが出来なかったので

諦めがつきません、恐らく来年の3月頃に再度、訪れる予定をしています

その他の中国華南地方も同時期に参る予定なのでnisechuさんの立派な

中国関連のブログを私の方こそ参考にさせて頂きますよ
[2009/12/15 18:49] URL | あじあんさん@管理人 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/400-607b16f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY