FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


中国 元陽から寝台バスで西双版納(シーサンパンナ)
2008年 11月4~5日


相変わらず今日も朝から小雨が降り続き街をすっぽり覆いつくす濃い霧

これから先のことも有りこれ以上は待てない 今回は棚田見物を諦めるしかない

元気だったらまた来れるんだと自分に言い聞かせ断腸の思いで街を離れ

これから雲南省の最南端に位置するシーサンパンナ(西双版納)タイ族自治州の

景洪市に向かうことにする。 バスの発車30分前に汽車客運站へ行くが

全席満席で断られる このまま数時間、待つのもなんなので床にでも座ると頼みこみ

無理やり乗せてもらう、まさか前日にチケットを買ってる乗客が多いとは考えられない

出発すると予想通り数席、空いている、なんだ座れるやん!


2008-09a


旅の移動MAPはクリックすると拡大します


最小定員を満たすと、そん時のドライバーの気分次第なんだろうか

まったくもって不思議な国、中国だ 元陽9:05発 昆明行き汽車90元

2008-09a

元陽・新街の小さな汽車客運站にいてたドライバーに景洪へ行きたいと

その旨を話すと一度、昆明まで北上し再度、南へ下る寝台バスに乗り換えろとのこと

えっ、そんな・・・・何度も地図を見るが遠回りの不経済かつ時間がロスなコースどりだ

途中、何ヶ所か大きな町を通過するので、その地点で乗り換えれば良いと思うのだが

漢民族のドライバーは没有・メイヨ (無い) の一点張り まあ急がば回れの精神で乗車だ

途中バスは南沙10:05着 10:25発  建水着12:30着

2008-09a

まずは移動に備え汽車客運站で用を足します

最近は綺麗になったものだと感心するが未だ大半の中国のトイレには①「ドアがない」

中には②「しきりがない」というのもごく普通、これに加え③「足の踏み場もない」

中国トイレの忍の三原則ですね中国の洗礼でした。


建水で暫く停車するので待ち時間にチケット売り場の服務員に訪ねると

ここを始発の私が行きたい目的地の景洪市へ行く寝台のバスが出てるとのこと

当然、支払ったバス代昆明行き90元 建水なら45元、差額の45元は

戻って来ないが景洪市までは、かなりのショートカットなんでここで乗り換えることに

一応、黙ってるのもしゃくなんで元陽からのドライバーに、ここから始発があるのに

教えてくれなかったと講義するが予想どおり差額の返金は無い

でも逆に日本の常識が通じなく、まさしく中国を旅してるぞっと楽しくなる

2008-09a

昔、大阪から関東方面へ安く移動する手段として夜行バスを利用したものだが

値段に釣られバスのグレード選択を誤ると窮屈極まりなく寝付けないばかりか

あくる日は全身筋肉痛に見舞われたもんだ、それと比べると個人差もあるが

一応体を伸ばせることはありがたい、そうです寝台バスでは体が伸ばせるのだ

私が乗車した寝台バスは窓を開けることが可能な旧型のタイプ

そのため喫煙が可能で人民の多数がニコチン中毒なんで煙が立ち込める

バスは高速に乗ったり下の道を走ったりと、これまたドライバーの気分次第なのか?

2008-09a

ところが最近都市部や南部を中心に「高一豪華」寝台バスというものが

増えていると聞いてたが途中で遭遇したのでドライバーに断って車内を

見せて頂きました こらあ立派なバスだわ、名称は高一(級)豪華臥舗

2008-09a

これはかなり快適そうで、リラックスでき眠ることもできそうだ

当然ながら乗り込む時には靴を脱がされ、もらった袋に靴を入れ裸足で車内へ

布団の柄がいかにも中国人が喜びそうな趣味の悪いデザインだw

2008-09a

景洪市行きのバスは途中の大きな町、思芽で客の大半が降り車内はガラガラ

バスは予定より数時間、早い午前3時前に景洪汽車客運站に着くが

辺りは真っ暗なので車内でもうひと眠りし明るくなってから行動にうつることに


タイ族のおばさんが闊歩する景洪汽車客運站前の大通り

2008-09a

早朝に着いたので、まずは腹ごしらえで朝から客が多かった麺屋さんへ

机に置かれた調味料をすべていれたら、とってもからだに悪そうな麺のできあがりw


景洪の曼聴路に安い宿が多く見られた 場所はメイメイCafeの前辺りだった

30元 450円の部屋、もちろんバス・トイレ・TV付き



次回はシーサンパンナ(景洪)の街・市場を探索してみます




関連記事


コメント

こんにちわ。人民の糞しているお写真 現実に私も何回と見ました。みたくもないけど、あれはないよな~って感じです。彼らに恥じらいは無いのでしょうか?糞しながら、私に紙くれとかいっている酔っ払いもいましたよ。
[2009/08/15 15:35] URL | 針生あつし #- [ 編集 ]


針生さん コメントありがとう御座います

あのようなトイレ事情の中国では、よく便秘になると聞かされましたが

食事が毎食、油こいと言うか炒めるために大量の油を使用するので

肛門道の滑りが良くなったようで私は快便でした(笑
[2009/08/15 16:24] URL | あじあの☆くん #tefX1ZkU [ 編集 ]

こんにちは
写真撮っちゃったんですねぇ~
汽車客運站女子トイレには、たいていドアありましたよ!
元陽中心の広場横トイレ、入りましたか?主人いわく、地獄・・・
中国ではスルッって感じですね(笑)

[2009/08/28 03:21] URL | のりこ #- [ 編集 ]


のりこさんコメントありがとう御座います。

現在、タイ北西部 メーソトにいます。


あっ そうなんだ女子トイレにはドアがあったんや

うちの相方さんは中国のトイレ事情に恐れを抱き

未だ中国には踏み入れた事がないので少しは安心するかも

今朝も山奥のトイレでギャ~ ギャ~ 言ってましたw
[2009/08/31 01:11] URL | あじあんさん@旅先でのネットブック #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/402-0142818b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY