FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


中国 雲南省 西双版納 ガンランパ 3
2008年 11月6~7日


旅の道中、いろいろ検索しましたがガンランパの地図が見当たらず歩いた結果

街には農貿市場の入り口、出口をはさんで少し大きな通りが2本またいでいる


大きな通りたって田舎にしてであって昼間でも交通量の少ない長閑な道だ

メインストリートと呼ぶのが相応しいのか景洪方面から来たバスやら

逆に向かうバスが通る道と青空市場や農貿市場に面した大きめな道路

(いずれは先で、このふたつは合流するんだけどね) そのふたつの市場が

向き合ってる方の道路は夕暮れ時どこからともなく屋台が集まってくる


2008-09a

どの屋台も簡素なテーブルにママゴトのような椅子が並べられ

それらは雲南名物の麺料理・過橋米線の店であったりと他のアジア、タイや香港のように

本格的な屋台料理は望めませんが私はたいてい、ひとりで酒をちびちびしながら

通りを歩いてる人間やら世間ウォッチングで時を過ごすので、大したこだわりは

ないが、それを見渡すために座る位置関係は店選びの重要ポイントに入てます

2008-09a

初めて訪れた土地や店の選択に迷った時とか腰をすえて飲みたい夜は

各地方で頻繁に見られるバーベQ屋台と呼ぶのか、いわいる自分でチョイスした

食材を親父や女将が炭火で焼いてくれて提供してくれる店が大のお気に入りだ

2008-09a

どこもよく似たつくりの屋台なんだけど仕入れ値の関係か、はたまた店主の好みか

置かれている食材が微妙に違うので迷う、そんなかでも束ねたネギ(ニラ)を

太い串のようなもので束ねた一品は頑固として譲れない自分が嫌いだw


それと雲南では景洪の屋台で食べた大きな茄子のホイル包み焼きも譲れない

もうひとつ言うなら串に刺したミミズのような鳥の腸も太さや、ちじれ具合にもこだわるw

2008-09a

さてどの店にするかな 自分好みの食材がすべて並べてある店は少ない

頼りない街灯でオレンジ色に染められた異国の通りを、ぶらぶらと歩く至福の時間だ 

2008-09a

昼間は、なんのへんてつもない空き地やら市場の駐車場も夜には屋台街にかわっていた

たいていの屋台はビール等は常備しておらず自ら、もしくは店主の器量で雑貨屋などへ

買いに行く必要があるので店屋と近いかが選択要素をしめる場合もある

2008-09a

がっつり食べたい時は、このような中華なべの置かれた屋台で好みの食材を

指差し炒(チャオ)してもらう 翌朝には、その恩恵が見られストマケイクはクリアに

2008-09a

食後の散歩に宿までの枝道をぶらぶらと挙動不審で歩いていると 紳士のような

いっけん興味の無さそうな私でも相手が見据えてるのか頻繁に声を掛けられますw

こないな田舎でも中国四千年の商いが堂々と行われてますな

2008-09a

私は大阪の商売人のこせがれ昔は自分でも商売をしていただけに、いつなんどきでも

料金だけはきっちり確かめる 癖(ヘキ) があるのは確かですw


即座に観光鬼子プライスの200元→100元に下がります

さがったから、どうなんだと用もないのに値引きさすのも大阪の商人(あきんど)の

長年染み付いた 癖(ヘキ) いや生活習慣ですw





次回は中国とラオス国境で中国側(モーハン)に向かいます



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/406-b389d834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY