FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


タイ カンチャナブリ タイガーテンプル 続編
2009年 8月21~25日


前回に続き娘が世話になってるカンチャナブリにある、トラ寺の話です

行ってみようかなと思った奇特な方がおられるなら参考にどうぞ

通常タイガーテンプルへは街なかの小さなツアー会社が扱っており

料金は120バーツと安いが、これは往復の送迎のみで参加した人は

ツアー費とは別にエントリフィ300バーツが別途必要だ

それで全てを楽しめるかと言えば、そう甘くはない

2009-thai

園内に入りトラを見るだけなら、300バーツポッキリだが、それだったら

こんな田舎くんだりまで来ずに動物園で見ておけば済むわけで

そこらで赤ちゃんトラなどと遭遇すると、よほどの動物嫌いでない限り触ってみたくなるのが

人間の性だ、まあ動物嫌いなら強いて、ここには来ない思うけどネ


サファリパークで拉致されてたレオこと百獣の王、アビシニアンw

まだ小さいのに赤ちゃんダッコすると吠えること、がぁ~お~ だって



2009-thai

触ってみたくなる、抱きしめたくなる、つねりたくなったり

そうなると別途に1000バーツをオプショナルされるわけだ

ミルクを、あげてみようかな...... ハイ 1000バーツ也~

その他、園内にはいろいろな年齢の(大きさ)のトラが待ち構えており

記念撮影したり私のように肉球フェチやら、より過激な行為を嗜んでみたい

癖(へき)のある方は知らぬ間に料金がかさみ、あらゆるツアーのなかで

一番、高くつくツアーになることうけあいだw


寺の人気者のミスタータイガーでんしょう君、4歳 童貞、性格は温厚、曲がったことが嫌い




そういったお金は私の娘のようなボランティアの食費代になる

時には、坊さんの、たまの息抜きのバービアやらバンコクに数ある湧き出た

マッサージと称した、うふふな温泉へ癒しに行ったりと決してなっていない事を祈るばかりだw



生後6週間のくせに足の太いこと肉球も大きいこと




動物マニアにもうひとつオススメなのが街なかのツアーで組んでくれる

カンチャナブリ郊外に位置するサファリパークかな

ここでは人馴れした厚かましいキリンが餌をねだりに参上し

キリンだけが天から与えられた特長ある長い首を活かして園内を巡回する

バスの中に首を入れてきて、おねだりするしぐさが愛嬌がある

餌はドライバーが持っており、ゲストはお金を出して購入するかたちになる

餌代はドライバーの懐具合によって左右されるようで40~70バーツと

開きがあるところがタイらしいと言えばそれまでだ

ドライバーの昼飯前に行くと稼ぎ時となって高いという噂も聞いたw

ちなみに我々は持参のスルメを与えてドライバーから`しかと`された



9月2日、現在、メーソトから東へ2時間あまり

ユネスコ世界遺産、スコータイ遺跡をレンタル・バイクでまわってます(クリック)




関連記事


コメント
楽しそうですね!
また、日本に帰って来たら、連絡下さい
僕も、肉球だけでも触って見たい!!
[2009/09/02 10:33] URL | けんぼう #O7xVy9HA [ 編集 ]


けんぼう、ご無沙汰してます

今回は、それほど長期な旅ではないので帰国したら連絡しますね

相方は昨夜、ひと足先に帰国の地に着きました。
[2009/09/05 15:08] URL | あじあんさん@旅先でのネットブック #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/410-a218560c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY