FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


タイ 南部 ホアヒンで、沈没ー2
2009年 9月9~ 沈没


たとえ何度か訪問した国であっても、初めての街に詣でる時は

いつも最高にワクワクする、なんて言うか幼少の頃、母親から隣町へは

行ってはダメだ、近くで遊んでなさい・・・・

2009-thai

そんな忠告とは裏肌に自転車にまたがり、迷子になると人に尋ねもって

子供なりに探検した、あの時の感覚だ、それにひきかえ何度か訪れた街となると

途端に色あせてしまうよね、確かに最初に訪れた頃の沸き立つ気持ちは

ないけれど、何となくホッと安心出来るのも捨てがたい、自分と相性の

良い土地とは、飾り気など必要ではない、そういうもんじゃないかな

2009-thai

ガイド・ブックなど読まれると分かるが、9月に入ってからのタイは

非常に降雨量が多くなる、私が移動している南部は急に雲行きが怪しく

なったかと思えばポッリ・ポッリ、その後、激しい雨に変わり道路は川と化す


振り出すと長雨でスコールと呼べるしろものではない、そんな雨が多いなか

タイ中南部であっても、ここホアヒンは、一年を通じて温暖な気候で

タイの中でも降水量が非常に少なくカラッとした気候なのが嬉しい

2009-thai

前回のブログで書いたように職場放棄したドライバーからミニバスに乗り換え

ホアヒンのナイトマーケット近くに到着後、重たいバックを背負いながら

殺人的な日差しを浴び、海岸(東方向)に向かい、やがて 海上レストランが

ある通りに突き当たると、そこは海の上に突き出したゲストハウスやら

パッカー好みのヤモリと過ごせる安宿が軒を並べている地区だ


最近では、ホアヒンはリゾート地と呼ぶのが相応しいのか、海辺には

いくつか大型の高級ホテルがあって代表的なのがヒルトンにマリオット

まかり間違っても私のような分際には縁のないところだ


そんなオレとは違い以前に娘がパパ~どっちのホテルがいいかな~♪って

聞いて来た時は、我が娘ながら本気で首を絞めかけたくらいだw


この旅、初めて海らしいと言える景色に出会った


2009-thai

私が目指した安宿は、変わっていて入口から受付の先あたりは陸地ですが

部屋がある奥の方の床の下は海なのだ、部屋は非常にベーシックなもので

波の音が床の下から聞こえて来るかわり、うるさいと言えばうるさい


そんな安宿で、際立って海に突き出ている建物が、今回一泊だけした

SILIMA ゲストハウスで、人様の旅ブログで紹介され見たときは

それは良い宿に見えたのですが、実際は違ってました、ひとことボロ~い


タイは1~2月の気候もいいしベストシーズン以外は借り手が強いので

ロンプラで褒めてる宿を除き、だいたいは飛び込みで泊まれるようだ

2009-thai

借り手が強い、なのに暑さで思考回路が逝かれてたのか、値段につられたのか

くだんの250バーツのボロい×2、ハウスに泊まってしまったオレ


予想どうり蒸し風呂、サウナ状態で翌朝には1キロほど体重が減ったのではと

思うくらい寝汗をかいた、寝ながらダイエット出来るので考えようによっては

フィットネス・クラブを兼ねてるかも・・・・ 次の日は早々に宿探しに出た


ひとつ褒めておくとテラスからのサンセットはビールのよいあてになった


この辺りの安宿の相場はファン・ルームで250バーツ、750円

エアコン・ルームで500~800バーツが相場かな、1500円~


パッカーが沈没するには少々、コストパホーマンスに欠けるかも知れないが

オレも半世紀近く酷使して来た身なんだ、これくらいは許してくれ



沈没してるので暫く、ホアヒンでの日常画像が続きます。



関連記事


コメント

こんにちわ。お元気そうですね。ホアヒンは、ずいぶんすごしやすそうですね。だいぶ前に滞在いたしましたが、記憶が薄れてしまいました。王様の静養地で有名ですよね。タイもずいぶん宿代高くなったようですね。あじあのさんが紹介された、中国の宿は安くて快適ですわ。ただ 宿泊客の中には、やかましい客 マナーがない客もいますけどね。今現在は20元のところにいます。しばらくしたら 国慶節期間はベトナムに行きます。お元気で。
[2009/09/15 11:07] URL | 針生あつし #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/417-010e198e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY