FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


中国・国境の街、モンラーからラオスへ
2008年 11月8日

しばらく更新を続けていた中国ブログをお休みして、タイ各地を周っていました

旅の経過報告をWi-Fi を利用し数日おきに更新しながら旅を続け先日、帰国し少し

浦島太郎状態から抜け出しましたので前回の中国・雲南省とラオス北部の

ボーダー付近から続きを今一度、再開します。 そんなのもう忘れたって


そのような方は休む前の中国記事が見れます


今回も移動続きの旅である、国内移動は滅多に飛行機などは利用せず

その最たる交通機関が路線バスなので予約などせずに適当にバスターミナルへ出向き

乗るべきバスで次なる目的地を目指す その場合、街の土地勘を養うために次に移動する

街へ行く路線バスの発着場所と出発時刻を前もって確かめに行く趣味がある

早い話、小心者w


2008-09a

移動を示すMapはクリックで拡大します。


計画通りな旅ではないので行き当たりばったりなのであたって砕けろで良いのだが

そう言う時にかぎり、まん悪く時おり目的地までの公共機関が日に一本しかいとか

それも早朝のみとか重たいバックを背負いバスターミナルを延々と探し歩いたり

歩いて行ける距離をボッタクリタクシーなどに捕まり遠回りで連れて行かれたり

思いがけないことに遭遇すること今まで数え切れないほど経験済みなんで

自然と新しい街に到着したら観光がてらターミナルへ足が向く、ようするに暇

2009-thai

前回のブログで紹介した怪しい床屋(売春宿)から放たれるピンク色の照明が

誘いかけるモンラーの街から、中国とラオスの国境モーハンへ向かうが

やはり今回も前日にバス乗り場を下調べしておき大正解なようでした


次なる目的地へのバス乗り場ってのが私が滞在した宿から歩いたら30分は

ゆうに掛かるそれに宿の前には壊れたラジオのように同じ事を繰り返し喋る

ボッタクリバイクタクシーも、か弱い日本人を待ち構えている

もし下見していなければ、うざいバイタクを振り切りまだ夜が明けきらない薄暗く

物騒な道を歩いていた事だろう それで私が乗車したのは乗合バスでなく

VANなんだが定時運行でしっかり管理運行されている6:45発のVAN17元

下の画像

漢民族の親父はぶっ飛ばしたのと高速道路が延長したのとで1時間後の7:45分には

モーハンの税関に着く新しく出来た振興の街の造りでホテルに土産物屋が目についた

2009-thai

VANから下車すると、すぐにおばちゃんが寄ってきて Change Money と繰り返す

ここでのレートは果たして良いのかどうか解らずUS10ドルだけ両替する

この時のレートは10ドル→85000キップ

100元→130000 何故か日本円は尋常ではない低レートだった


イミグレ(出入国管理)中国出国手続きは朝8時からでまづは国境を行き来する

トラックドライバーを先に受け付けツーリストは8時30分かららしく追い払われる

2009-thai

外へ追い出されボ~っとしていたら8時20分くらいから、国旗の掲揚が始まったので

自己中の私は撮影のため、うろちょろしたら、またもや公安に追い出されそうになる

ツーリストの受付時間になり再びイミグレに並びパスポートを提出するが

オーバースティやらと因縁を付けられたり踏んだり蹴ったりの国境越えだった

それ以外はスムーズに手続きは完了し国境としては比較的、楽に通過できる地点だ

2009-thai

パスポートにスタンプを押してもらい、ババ~イ・チャイナをしたら中国国境を抜けて

ラオス国境まではセーフティー・ゾーンをトゥクトゥクで数分走る料金は5元なり


モーハンからの国境越えは歩くことも可能で中国とラオスの国境、干渉地帯が

1キロほどあり、いわゆる本当の国境(山の分水嶺)までは上り坂が続く

徘徊マニアの方には良いのだろうがここは無難にタクシーに乗るほうがいいですよ

いったいどこからがラオスなのかって思ったころに国境の道標

いよいよラオス側に入りました。 時差1時間らしく時計を1時間遅らす

2009-thai

ラオス・中国、国境 ボーデン

イミグレーションで入国(ラオス)の手続き、必要事項を記入して待たずに

比較的スムーズに通過、15日間滞在許可のスタンプが押される


この辺りにたむろしている画像のタクシー(軽トラの荷台に座席がある)

ルアンナムターまで貸切で200000キップ、もしくは150元と言い寄ってくる

無視して先へ進むとルアンナムターまで25000キップ(乗り合い)が止っている

人数が集まるまでひたすら待機、その間に軽く腹ごしらえ

2009-thai

中国側の国境で近年の中国の発展を垣間見てるだけにラオス側の国境付近は

何もないし、人間も実にのんびりしており、人間も実に謙虚、ここ何日か滞在した

喧嘩ごしのような漢民族の会話で辟易していた身には安堵が漂った




暫くのあいだブログは、ラオスが続きます



関連記事

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報


コメント

お帰りなさいませ。

げっげー!! 今から昨年の年末の続きですか! しかもラオス。
4年前のラオス行きもじっくり見させてもらいましたが、昨年もラオスに行っていたのですね。
昨年のインドシナまわりは、カンボジアのゲストハウスの模様と、BKKからの出国が大変だったのしか覚えていません。

ラオス、、、楽しみです。期待しています。
兄貴の日記も膨大になってきたので、過去のブログを探すのは大変です。もうあきらめています。

私のパートナーはすでにヴィエンチャンに入っているはずで、私のエージェントと話をつけているはず、、、であって欲しい。
[2009/09/30 21:25] URL | 火遊び師 #- [ 編集 ]


火遊び師さん、コメント有り難う御座います。


昨年は一年の半分以上、海外へ出かけていたため画像は山のようにたまっております

これでも長年、銀塩カメラで修行してきた身なので、現代のデジタル世代と違い

気に要らなければ即、削除ってなことが出来なかったフィルム時代の名残で

意味も無く慎重にシャッターを切って来たにも関わらずかなりの撮影枚数です

暫くは昨年10月13~4月半ばまで半年以上も日本を離れ家族を見捨てw

何でも見てやろうと小田実ばりに歩き、さ迷い見てまわったシリーズが続きます。


って言いながら昨日NWのマイル利用で次回の長期渡航の予約をした次第ですw
[2009/10/02 07:53] URL | あじあんさん@管理人 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/421-4a8c26c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY