FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


08<<  2019.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


中国国境を抜けラオス・ムアンシンへ 1
2008年 11月8日~


少し前だったが、ラオスへ入国の際はアライバルビザ(現地に到着後、その場で取る)

国境で30ドルほど支払って頭を下げ入国ビザの申請をした思いが有るのだが現在は

観光の理由だと15日間はノービザでOKとなった  長生きはするものだw


2008-09a

旅の移動 Map はクリックすると拡大します


入国カードに記載しパスポートと一緒に出せば入国スタンプをその場で押してもらえ

晴れてラオス入国、腹も空いたが、まづここから先へ進む交通機関を見つけるのが先決だ

国境貿易で潤っている中国側のボーダーに比べラオス側は小さな商店があるくらいで

いたって人々も、のんびりしている見るべきものは無いようで通過のための小さな町だ

2008-09a

ラオスに入国しにバックを背負い、辺りをキョロキョロしていると

道路に停車中のバンから声が掛かり、何処まで行くのだ?ってな言をいってくる

聞くところによると私が目指すムアンシンという町までのバスは出てなく

途中のルアンナムターの町で乗り換えろってなあんばい

ここでもお約束どおり客が集まるまで車は待機する

2008-09a

それでもなんとか8:35には出発し途中の村で山の民などを降ろしもって

乗り換えの地、ルアンナムターの小さなバスターミナルに9:40分に着

ここで乗り換え、ムアンシンへ向かう車は荷台に座席を付けた腰痛の人には辛い

ピックアップトラックが待ち構えており、やはりここでも客が集まるまで待機

ようやく満員になり10:30分に出発した道中は山間を移動、湿気が無いので

日陰に入ると寒いくらいで中国から着ている半袖では寒いくらいだ

後部荷台からは少数民族の村らしき住まいが、いくつか見え、わらぶき調の家々

(高床式)を見かける、乗り心地の悪いトラックの荷台に揺られること2時間ちょい

12:40分、目的地であるムアンシンに到着、辺鄙な場所にバスターミナルはある

2008-09a

このバスターミナルの近くの市場では少数民族の人が近くの山から降りてきて

朝市が開かれるとのことで日を改めて早起きして見に来ることにする

歩いてる人に尋ねるとバスターミナルから歩いて10分所に町の中心があり

メイン通り沿いの2~300mに、ゲストハウスが何軒かあるらしい

この辺りは盆地なのか日中と夜間、それに昼間の温度差があり町は早朝、霧で覆われていた

2008-09a

何軒かゲストハウスの看板を掲げたとこを見かけるが、今回はそのなかのひとつ

ムアンシンゲストハウスと言う日本人宿が目にとまった本来なら日本人宿は避けるところだが

なにぶん右も左も解らぬ土地なんで、とにかく情報が欲しく泊まってみることに

料金は、ツインルーム(ベットが小いさい)トイレ・シャワー別で20000K

US 10 ドル→ 80000k (国境の闇、85000K)

やはりと言うか日本人宿お約束の沈没している(長期滞在)日本人の男女がいた

男の方の話によると観光ビザで滞在し期限の15日が近づくと今、私がたどった逆を

同じようにバス・トラックに揺られラオスを出国し中国へその後直ぐにラオス再入国を行い

再度、ここムアンシンへ戻る日帰りビザ・ランを繰り返し滞在を続けてるらしく

面倒でもラオスの30日間のビザを取るより安いと熱弁していた

2008-09a

その男女、ここでは、とりわけ観光するわけでもなく昼間は宿の周囲200メートル以内を

行動圏としてるらしいが町は画像のように、とりわけこれと言って何も無い

でもそう言う人達にとっては何も無いのが逆に気に入り沈没しているようだ

その彼ら、午後は宿の屋上で本を読んだりしてるくらいの節約生活してるように見えた

US 10 ドル→ 80000k (国境の闇、85000K)

何処にでもいてるもんやね少し変った我が同胞は




次回は彼らが癒されの地とする、ここムアンシンの町をひっぱります



関連記事


コメント

こんにちわ。いつも楽しく見ております。この男女はおそらく、人に言えないなにか、いいものが存在するから、長期滞在しているのではないでしょうか?国境付近はいろんなものがありますからね。河口もそうです。
さて、中国雲南省 ビルマ国境付近の町で、すごい無法地帯があることご存知ですか?日本人学生が旅してきて、その話を聞きました。事実ならすごいところもあるな?と思うほどでした。あじあのさんなら、どこかわかると思います。
[2009/10/03 14:14] URL | 針生あつし #- [ 編集 ]


こんにちは 針生さん


>男女はおそらく、人に言えないなにか

ラオス版、高相&ノリピーですかね、そう言えば目がいつも充血してましたわ


>中国雲南省 ビルマ国境付近の町で、すごい無法地帯があることご存知ですか?


いゃ~ 存じませんねぇ 是非、チェツクして来てくださいねえ

河口の無法地帯も楽しいものでしょう!


それと私のメールBOXはクライアントを登録してないので針生さんのアドレスが表示されません

次回のでも非公開にしますので直にコメント欄に書いてくださいね
[2009/10/05 11:03] URL | あじあんさん@管理人 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/422-e8fc8655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY