FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ラオス 北部 ムアンシン 2
2008 11月9日


ムアンシンは到って素朴な田舎だった、二階建てを越える建物は見当たらず

町を横断するメイン・ストリートさえ、これといった物も無く外国人が利用できそうな

銀行なども有るわけないので手持ちのラオスマネー(キップ)も尽きてしまい往生した


2008-09a

所在地を示すMapはクリックすると拡大します


それでも一応は外国人が集まるとこだけに外貨両替をしてくれる店もあるのはある

もちろんマネーチェンジを商う店ではなく闇両替に毛が生えたようなものだ

ただ困ったのは日本円からラオスキップにまともな金額で両替してくれるとこは皆無で

お守り代わりに所持していた小額のUSドルのお陰で野宿だけは免れた


2008-09a

ここムアンシンには、たくさんのの外国人が来ているが町自体は正直、朝市以外は

何もない町だ目抜き通りを10数キロ北上すればもう中国国境だが、この国境は外国人の

通過が認められておらず往来はラオス人が主なのか市場には中国の雑貨・物資が多い

2008-09a

そのせいか明らかにラオス人とは異なる漢民族のような押しの強そうな主が

両替商も兼ねてる店も多いのだが、てんでばらばらなレートなのが笑えた

2008-09a

こんな、ど田舎な町(村)に何で海外の旅行者が大勢集まるかと言うと、近くに住む山岳民族が

それぞれの民族衣装でムアンシンの朝市に集まるので、これを見るために来るのも確かです

最近では少数民族、コスプレマニアが、ここぞと訪れていると聞く

2008-09a

それとこのような不便な町に、旅行者が集まり始めたのは、数年前、英語版のガイドブックに

「少数民族の住む人里離れた辺境」として紹介されてからだという

2008-09a

もちろん私も霧が出て視界が遮られ撮影出来るのかって思わせる早朝の6時に起きて

ここの市場は少数民族の売り子が多いと聞いたので市場見物に出掛けた

2008-09a

ここでは毎日、朝市が開かれ簡素な大きな建物の中には幅一畳ほどの店が並び

木製の台に並べられた日用品や衣類や菓子などの商品に人々が群がっている

2008-09a

宿泊したゲストハウスからどのような道でアクセスしてもメイン・ストリートを

外れれば既にそこは郊外だった赤土の道を暫く歩いて行くとバスターミナルに出くわし

その裏に人の賑わいがあり路上に品物を広げ少数民族の人たちが客と駆け引きする

喧騒に包まれながら市場の中を歩く、さすがにラオス、ゲテモノも整然と売られていた

2008-09a

朝も7時を過ぎると明るくなり始めたばかりの市場は一番の賑わいを見せた

市場の周囲には周辺からやって来た少数民族たちの露天が並べ野菜や肉などの

生鮮食品だ麺などの屋台も出ている。彼女達は夜明け前から或いはトラクターに

乗り合わせて或いは何キロもの道を歩いて集まって来るのだ

2008-09a

ラオの人々の他に貝殻やコインをジャラジャラと装飾した頭飾りと刺繍入りの

脛当てが特徴的なアカ族、地味な藍染の着物を着たモン族

藍の大きなターバンのような被り物とふさふさした真っ赤な太い襟飾りが目立つヤオ族

ひとつひとつの光景が霧に霞みあるいは早い朝の陽に照らされて実に美しい

毎日繰り返される朝の光景、一日の始まりを告げる日常的な光景だ




次回はチャリンコを借りて、町外れの村々へ参った時の画像です


関連記事


コメント

はじめまして、LX3で検索して飛んで参りました。
僕もアジアに住みながらLX3で色々と撮影しております。
ラオスの田舎、よさそうな所ですね。
僕はビエンチャン、バンビエンくらいしか行った事がないので非常に興味深いです。
ラオスって本当に良い国ですよね。

毎回、移動された時の宿の部屋の様子、非常に楽しませてもらってます。
今後もたくさんのアジアの風景、屋内の写真、楽しみにしております。
[2009/10/05 11:35] URL | barrameda #D4wt2X8g [ 編集 ]


こんばんわ。山岳民族のお写真 正面からうまく撮れていますね。私なんか、いつも現地人に、カメラ向けると、そっぽ向けられてしまいます。
[2009/10/05 20:24] URL | 針生 あつし #- [ 編集 ]


barramedaさん はじめまして、コメントありがとう御座います


LX-3関連で飛んで来てくださり光栄です。

私は最近、長期な旅が可能となり移動が多いのも相まって

デジイチからもっぱらLX-3が旅のお供に昇格しまして

コンパクトだけど、即戦力は以前のD200以上です

でもバックのボケ味など不満もあるのも確かです。


>中華街にPentaxのマニュアルの広角レンズを探しに行った帰りです。


私も10日ほど前まで40日くらいタイをぶら撮りしてまして

その時にサパンレック界隈の中古カメラ屋さんでライカ純正のプラ製ですが

21ミリのファインダーを3200バーツで買ってきました

barramedaさんの一年に一度くらいはフィルムを使おう、私も大賛成です





針生さん、チャイナ・ビザ情報、ありがとう御座います。


実は先日、コンチのマイルが残っており提携航空会社のノースで

次回の渡航を取りました マレーシアもまだまだ見落としてる都市があり

マラッカやイポなどの豊島園の末裔も目で焼き付けたいのも含め参ろうかと・・・


特典旅行なんで往路が、関空-成田-シンガポール  復路が、上海-成田-関空なんで

必然的にチャイナ南部をかすめ上海を目指すことに成ります


河口からハノイ往復 広州からマカオ往復とか抜ける場合は

15日の観光ビザのまま、滞在を伸ばすかも知れません


NewYearはペナン辺りで向かえタイは1月初中旬に入国予定です

東海岸へも行ってみたいのですが、なにぶんこの時期は天候が芳しくないとのことで

今回はスルーして西海岸のみ攻めてバンコクに向け北上します
[2009/10/05 23:02] URL | あじあんさん@管理人 #tefX1ZkU [ 編集 ]


おはようございます。あじあのさん、お元気そうでなによりです。もう、知っていらっしゃったらごめんなさい。私 上海では、万里路国際旅舎というユースのドミに泊まりました。あそこは、港から送迎があり皆さんと利用したのですが、朝食無料(バイキング)、無線ラン無料、部屋きれい、それで45元でした。マレーシアですか、いいですね、私もキナバル山に登ってみたいな~と思っていますが、いつになることやら。
なお、ボルネオからミンダナオまでフェリー就航しているんですね。
[2009/10/06 12:52] URL | 針生 あつし #- [ 編集 ]


こんにちは、針生さん、三食ちゃんと食事とってますかw


わたくし旅では毎食、美味しく食べすぎて太って帰国します

ただ唯一の例外はフィリピンですね必ず痩せて帰国しますw

その代わり血圧も正常に戻ります、やはり人間、素食が身体にはよいのかもね


>上海では、万里路国際旅舎というユースのドミに泊まりました。


私、上海はまだ未走破でしてさっそくメモっておきます、有り難う御座います。



>無線ラン無料、部屋きれい、それで45元でした。


針生さんは現在、パソコンを持参しての旅ですか?


>ボルネオからミンダナオまでフェリー就航しているんですね。


確か、カラユキさん伝説のあるサンダガンから出てるように聞いた覚えが

ボルネオは、2月いっぱいまでは雨季で旅にはむいてないようですね

気候の良い時期に、ボルネオとマレーシア東海岸は、制覇してみたいです
[2009/10/07 22:02] URL | あじあんさん@管理人 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/423-ad26ebe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY