FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ラオス・ムアンシンから、ウドムサイへ移動
2008年 11月10日


これから何処へ向かうべきか地図を見ながら検討するが、結局は以前、訪れて

居心地の良かったルアンパバーン (町自体が世界遺産に指定)へ向かうことにした

最近は歳のせいか、冒険心も薄れ、ついつい安全牌をとってしまう傾向だ


2008-09a


目的地に王道のルートで、向かうパブリック・バスに乗るのもなんなんで、自分なりに

味付けをしたルートを選び通常より時間を掛け小さな町へ滞在しもって目指すことにした

こう言った思いつきのまま、自己流な寄り道が許されるのも、ひとり旅の強みだね

2008-09a

ムアンシンの宿を早朝の6時過ぎにチェック・アウトし朝霧のため視界が10mと先が

見通せないなかバスターミナルへ向かったものの隣の市場が気になり、懲りずに

少数民族の、おばちゃんやらを撮影しバスの出発時刻までまだ相当あるが

ターミナルへ行って座席を確保することに、ほぼ定刻の8時に出発したバスは

通路まで座り込むほどの超満員で、大半は隣町などに向かう地元住民で

観光客風は私、ひとりだった 時おり窓の隙間から入ってくる外気が

ことのほか冷めたかった。  満員のままバスは、10:05分 ルアンナムターの

バスターミナルに到着、ここはメインのターミナルではなく、ラオス各地方に向かう

バス路線が確保されている別のメインのバスターミナルまでは少し離れていて

トラックバスで15分ほど掛かる(歩けないこともない) バス代、10000K

空を見上げると、ムアンシンでは霧で雲っていた雲も去って快晴そのものだ

2008-09a

どうやら私の乗るバスは12時に出発と言うことなんで近くの食堂で腹ごしらえ

私が乗った12時のバスは、ほぼ満員で出発し最初は舗装道路を快調に進むが

中国との国境ボーデンへ折れる道を境に急に激変して道幅が狭いうえにカーブの連続

乗り物酔いには強いはずだが少し気分が悪くった、それくらいの不快な道だった

途中、車窓からは少数民族が住む高床式の村をいくつも越えているのが目に入り

開発の波は、まだここまで及ばず、辺境マニアにはオススメなルートかもね

どうにかこうにか、ウドムサイの町に着いたのは4時過ぎ

2008-09a

これから宿を探す気分にもなれずバスターミナル前の中国系の宿にする

湖南賽館、なんの変哲もない商人宿だったシャワー・トイレTV付き4000Kまたは32元 

フロント横にはPCが2台、設置されており有料で使えるのが夜の暇つぶしになった

2008-09a

手持ちも無くなったので、少し離れたところのBCEL(銀行)で50ドル両替(1ドル・8500K)

着いたのが4:30で、すでに銀行の業務は終了していたが、親切な銀行員が

いち、小汚い観光客の私のために店内に入れてくれ両替してくれたものの

50ドルとは、少々、せこかったようだ  夕食は銀行からの帰りに雑貨屋で調達した

中国の米酒小瓶を買い込み宿の近くの煙が立ち昇る屋台で身の締まったラオス鶏と

自家製ラオスソーセージのバーベQでラオスビールの(ビア・ラオ)も追加して酩酊する



この町は通過点にすぎないので一泊だけしてルアンパバーンへ向かうための

さらなる中継地である村(僻地・辺境?)の村を目指す。



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/426-0adf286d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY