アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラオス・ルアンパバーン 1
2008 11月12日 ~ 14日


ラオス北部に位置する古都で、ひじょうにベーシックなラオスの環境の中

あらゆる物が手に入り食事の選択も豊富で辺境で過ごしていた

旅人にとって今も昔も一種のオアシス的な存在だ

2008-09a

町の名称は、過去にはタイ語からのローマ字表記が使われていたため

ルアンプラバンあるいはルアンプラバーンとも表記されている

市街地自体が文化遺産としてユネスコの世界遺産に登録されている。

2008-09a

ガイドブックを見れば解るように、この町には予算に応じ

ありとあらゆる様式の宿が数多く旅人を受け入れている

ただ白人のご用達ガイドブック(ロンリーP)などに紹介されてる

安くて快適な宿は遅くても昼過ぎには到着しないとまず空き部屋は望めない

2008-09a

ハイシーズンなどは長期休暇が当たり前のヨーロピアンが押さえていて

向こう1週間、予約で埋まってるのもざらだ

2008-09a

私を例にとって個人的には2~3日の滞在に関しては宿にこだわりは無い

それに比べヨーロピアンの方々は巨大なバックを背負い1時間くらい

快適な棲み家を探し求め町中をさ迷い歩いてる姿を多く目にする

2008-09a

以前、見た例ではバスが同じだった白人と下車し私は適当な宿にチェックイン

シャワーを浴び川べりのレストランでビールを飲んでると、その白人は

私の2倍はあるかと思われるバックパックを背負い、宿が決まらないのか

延々と快適な安宿を探しているツワモノも見たくらいだ

2008-09a

確かにここは市街地自体が文化遺産としてユネスコの世界遺産に登録されているだけに

ガイドブックにも出ていない一見すれば普通の民家に見えるようなところが

隠れた名宿ってな出会いも有るのは否定できない

2008-09a

私はと言えばバックを背負い安宿が多く集まる地域を歩いていると

日本語で声を掛けてくるスタッフに呼び止められ冷やかし半分で

部屋を見せてもらうと新築で料金の割りに安いので即 OK

本来、日本語で声を掛けてくる輩などシカとして相手にしないのだが

そう言った輩でも自分に受け入れてしまえるほどラオスは、穏やかと言うか

今のところ、ここルアンパバーンは気持ちを緩めて過ごせる土地ですね

NITYYA・GH AC・TV付き HOTシャワー 50000K

レートは10ドル→85000キップ

2008-09a

もうひとつ、すぐさま宿を決めたのは部屋に重い荷をおいて

川べりのレストランで、かわもに吹かれながら落ち日に間に合うように

ビア・ラオを飲りたかったからもあるんですがね

2008-09a



以前に訪れた時のルアンパバーンのアルバムです

クリックすると見れます!






関連記事


コメント

毎度です りニューアルおめでとうございます。

私はどうも11月の16頃出発しそうです。来週予約を入れようと思っています。
ちょうど1年前の記事なので、何を持っていけばよいか非常に参考になります。

兄貴お得意のレンタルアジアンバイク近場まわりが最近見受けられませんが、ラオスにはレンタルバイクが少ないのですかね?

一応ヴィエンチャンから50kmのところでドンドン備長炭にしてください。という、2000haをおさえているのですが、そこはユーカリなんですよ~。一時タイ東北でも緑化のために手っ取り早くユーカリを植林したそうですが、ユーカリ林にしてしまうと死の森(=日本の杉植林地)になるようです。

私有林は少ないようなので、プラパバーン近郊で50ha以上の村有林を探してみたいと思います。
プラパバーンでバイクを借りれば一日100km先まで調査できそうな気がするのでうが、甘いですかね?ラオ語はしゃべれないし。タイ語で数字が言える程度では、、、、

今回の記事のGHのスタッフはどの程度日本語が話せる、理解できるのですか?スカウトしてみたいです。

ラオス北部を駆け抜けた当時のラオス行きで、和歌山県のような山地はなかったですか?

では、ルアパバーン2を楽しみにしています。
[2009/10/22 21:12] URL | 火遊び師 #- [ 編集 ]


火遊び師 さんコメントありがとう御座います。

11月とは、まもなくですね

その頃は関西もけっこう寒くなり、北部を除きラオスはちょうど良い塩梅では

ラオスもレンタルバイクはありますがビエンチャンとかルアンパバンとかの比較的大きな町だけですね

なんせ郊外へ出れば滑りやすい小石まじりの未舗装だけに、あまりオススメはしません


>ヴィエンチャンから50kmの


北へですか? まさかバンビエンの方角かな?

何年か前に山に潜むゲリラが観光客のバスを狙い、銃をぶっ放して

政府軍とドンチャン騒ぎのあった山岳じゃないでしょうね

まあ現在は、大丈夫とのことですが


>和歌山県のような山地はなかったですか?


バスは、とにかく凄い山深いところを上って(和歌山というより知床ですよw)

一面に木が生い茂り、少数民族が暮らしていそうな所は野焼きで禿山でしたが

一歩、ビエンチャンを離れると辺境と呼べそうな山の中でしたよ

娯楽も一切無さそうなんで、通訳は若い女性に限定しないと夜は暇で逃げだしそうな超僻地ですよw
[2009/10/24 18:52] URL | あじあんさん@管理人 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/430-76e7d29b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。