アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラオス ルアンパバーン 2
2008年 11月12~14日


日本を離れフィリピン~マカオ~中国と移動し1ヶ月が経ちました。


ここルアンパバーンは、市内の見どころと郊外の見どころとに分かれる

市内の見どころは、ほとんどシーサワン通りに集中しているので

半日程度かけてゆっくり歩きながらみることが可能だ

2008-09a

郊外は、メコン川の上流25キロのところにあるパクオウ洞窟や

その少し手前にあるバーン・サーンハイと呼ばれる酒造りの村

パークウー洞窟などがここでの観光のデフォルトだ

2008-09a

毎日、小雨が降ろうと夕方5時頃になると、メインの道路にはモン族などの刺繍を象った

小物の等を売る露天が出始め、6時ごろには歩行者天国になる

以前は今のような各店舗に雨よけのテントなどなく寂しげな裸電球が燈り

時には停電でローソクの灯りの下で商いと情緒のある趣きだったのですがね

2008-09a

洞窟やら寺院、町を見渡せる高台など、それらの名所は前回に訪れた時に参ったので

今回はスルーして、ただただ町歩きを楽しんだ

2008-09a

最近では、こ洒落たレストランとかプチ美術館まがいなようなものが

出来始め、夜間のライトアップも相乗し夕食後の町歩きも以前に比べ楽しめる

2008-09a

白人ゲストが目立つ市内、50ドル程度のホテル

2008-09a

ラオスは以前フランス領(仏領インドシナ)の一部だったこともあり

伝統的なラオス料理のほか、フランス料理やベトナム料理を味わうことができる

グループで来られた方はワインなどをボトルで注文し飽きることなく

お喋りに夢中だ、私はと言えば、一人身でも過ごせる酒場を探し回っている

2008-09a

おかずを数品、選んでご飯と共で5000k (10ドル→85000キップ )

バックパッカー相手のバジェットなフード屋台も見られた

アルコール類はないので持込むことになる マイペンライ


(画像下)

前回もいただいたラオスの闇鍋料理(一応牛肉)

タイでも同じような鍋を使っての料理は存在しますよね


鍋の山の部分で肉や野菜を焼いたり、堀の部分で本来の鍋をする

山の部分で焼かれた肉汁が下の堀に入り、びみょ~に、旨い

2008-09a

タレはタイスキと同様と思ってください、ニンニク・唐辛子などトッピングして味を調える

食堂のノラ犬、ひとり身の私を哀れんでか、どの店でも寄って来られます

食事の御代は50000K  ビア・ラオ10000K (10ドル→85000キップ )




以前に訪れた時のルアンパバーンのアルバムです

クリックすると見れます!






関連記事


コメント

拙ブログでご紹介させていただきました!
それにしてもルアンパバーン観光地化されたとはいえ、タイと違って趣きが残っているような気がします。
フランス領だったっていうのは大きいですね。
ビアラオダークがすすみそうな町です。今年中にはまた行けるかなと思っております。
[2009/10/24 01:24] URL | barrameda #2x.LPFvg [ 編集 ]


barrameda さん、コメントありがとう御座います。

紹介して頂き光栄です

ラオスもビエンチャン・バンビエン・ルアンパバーンを除いたら

一般の旅行者(日本の大手旅行社が募集)そういった人たちには辛いでしょうね

でもそれを逆手にとって辺境巡りもオツかも知れませんが

短い滞在日数じゃ掻い摘んでしか見れないので印象は変ってくるかもです

フランス人などは自前の??、自転車で山越え、谷越えで周ってられる

年配の夫婦の姿をよく目にしました(さすがツールド・フランスのお国柄)

歩く速度じゃないが、それに似通った速度で旅が可能なら

絶対にラオスは、オススメのひとつと感じたしだいです
[2009/10/24 18:54] URL | あじあんさん@管理人 #tefX1ZkU [ 編集 ]


毎度のご指導ありがとうございます。

TGで予約を入れようと思ったのですが、乗継がゴッツイ不便です。
19日までの5Jのプロモを入れておけば、、、、しまった
乗り継ぎの19時間を利用して、台北にでも泊まってみようかな。

ところで、炭を使っていますね。
おかげで、新しい企画が生まれました。
市場で炭を売っているおばちゃんにどこで作ってんの?と聞く
⇒そこに行く
⇒村長に掛け合う
で、やってみます。アテもなくウロウロするよりも当たりそうです。

どうも、ありがとうございます。

寂しがり屋の私は一人で夕食をとることができません。通訳は厳選してみます。
[2009/10/24 22:19] URL | 火遊び師 #- [ 編集 ]


火遊び師さん、コメントありがとう御座います。

以前、私がとったコースどりは、バンコクに到着後、ホァラッポーン中央駅へ直行し

その日の夜の寝台を予約して荷物は駅にある一次預かりに置いてチャイナタウンやらの町ぶらに出かけ

駅へ戻って列車に乗り込む前に駅のシャワールームで身を洗礼し夕食は窓全開の食堂車で日付変更線まで

地酒のメコンのソーダー割で酩酊し気が付けばノンカイに到着、午前中にビエンチャン入りしていた次第です。
[2009/10/30 21:16] URL | あじあんさん@管理人 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/431-8be8e706
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。