アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベトナム ビンから国道1号線を南下フエの町へ
2008年 11月17日~

日本を出てグアム(米国)~フィリピン~マカオ~中国~ラオス~ベトナムと移動し

慌しくベトナムでの一夜もふけ、屋台もどきの食堂でいっぱい飲ったあと

町ぶら探索に出かけがてら、そのついでと言うか本日到着した

バスターミナルへ出向き明日、自分が乗るバスの時間でもとチケット窓口で

ベトナム中部、フエまでの出発時間を聞くと・・・


先ほどの闇両替の店主とまったく違ったことを言いだし、ここからは出ていないと申す


2008-09a


地図はクリックすると拡大されます

それなら何処で乗れる?と聞いても言葉が通じず、追い返すような仕草をされ

明日にでも来いとも取れる実に意味不明なことをジェスチャーやら現地語で言われる


不安な一夜をすごさせられる言葉を言いつけられ仕方なし宿に戻ることにする

2008-09a

収容所のような宿で一夜すごし、明けて次の日


ご存知ベトナムのバイクの洪水道はバイクの川と化し道を渡るのもままならない

ここビンは地方都市の格付けだけに、この程度なら信号が無くても渡れる程度だ

2008-09a

仕切り直しで出発当日の朝に再度、チケット売り場へ行ってみるが昨夜と同じことを言われ

試しにサイゴン(ホーチミン)までを訪ねてもドライバーに聞けと同じ答えが返って来る


バスターミナルの片隅に隠れるように止っていたフエ行きのミニバス

行き先は確かにフエと読めそうだ 8:00出発


2008-09a

仕方無しに昨夜、闇両替と宿の斡旋を世話になった(ボラレタが・・)

食堂の親父に相談しに行くと、まかせなさ~い、と軽い返事(またまた嫌な予感・・)

食堂で待機してると220000ドン(約1700円)との返答・・・

ツーリストも見かけないだけに、聞くことも出来ず、適正価格がわからん

2008-09a

フエまで行くバスの停車位置まで案内してくれたのち立ち去る際に料金は

ドライバーに支払ってくれと意外な言葉・・・

こっちとしては差額をピンハネするはずなんで自分の懐にしまうと思ってただけに

拍子抜けしたもののミニバスだけに、本当はもっと安いはずだ


11:20分 昼食のため休憩 25000ドン 約190円

この店の定食のようで皆さん一様に同じものを食っていた

先客が支払った額を見てから支払ったので間違いないと思う


2008-09a

料金は少々高いが、こちらも食堂店主が自らバス料金を受けとらなかったので

懐に入ったようでもなさそうなので安心していたが、実際通常の倍以上は

ボラレていたようだ 人間不信になっちゃいそうだw

初日から中国で偽札をつかまされたのと同様にベトナムも手ごわい国だ


16:30 フエに着 乗車時間は8時間30分で1700円本当の金額はいくらなのよ~w

2008-09a

明るいうちに町を探索したかったのと疲れてたこともあって宿は某ガイドブックに載ってた

日本人宿のビンジュオンホテルへ直行する

さすがに日本人宿だけあって相変わらずレセプションの共同スペースには

若い日本人バックパッカーがたむろしていた


宿の二階には宿泊客用の無料インターネット(日本語OK)が三台、配置している

二階にはドミトリ(共同部屋)も有るらしいが人気が有るのか満室とのこと

1階のダブルルーム102000ドン 約700円 ホットシャワーTV付き

2008-09a

シャワーを浴びてから入り口直ぐの共同スペースで情報ノートを読んでいると

暇なバックパッカーが集まり出し情報交換をしてるので混ぜてもらう


その後、私の子供くらい歳の離れた日本人バックパッカーに今夜、フエでの名物

山羊鍋を一緒しないかともちかけられる鍋は大勢の方が楽しく旨いので即OK


食事の合間に皆がくちを揃えて言うのは国営の交通機関をはじめ、何かにつれ

外国人との間に二重価格が生じるお国柄だけに下手にローカルバスを利用するなら

ベトナムに限ってはシンcafe キムcafeなどのツアーバスを使う方が結果的に安く

つくらしく国営のバスターミナルは市外にあるので、そこまでのアクセスでボラレる

という納得のいく話が聞け久しぶりに日本語で盛り上った



明日は、世界文化遺産にも登録されてるフエの町をレンタサイクルで観光です



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/436-566deba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。