FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2020.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ベトナム中部 フエ
2008年 11月17日~19


ベトナム最後の王朝グェン王朝の都があった町、古都フエに滞在しています。


朝、目が覚めると雨が、しとしとと降り続いている、ベトナムは南北に長い国なので

南部と北部で気候が違っていることを、ここに来て今更ながら知ることになる


2008-09a


地図はクリックすると拡大されます


ここフエはベトナムの地理的に言うと中部に位置し、北の都ハノイと南の都市サイゴンの

ちょうどまんなかくらいにある、今の今まで11月のベトナムは

乾季だとばかり思っていたのに、フエのあるベトナム中部はまだ雨季のようだ

日課でもある、朝飯を食べに行きがてらの散歩も出来ない

2008-09a

滞在してる安宿のビン・ジュオンホテルの1階、公共のスペースには私と同じように

雨で観光の足止めを喰らってるバックパッカーが数人、暇をもてあましてるようだ


フエ市内を流れるフォン川、旧市街と新市街の間を流れる川

雨が小雨になったのを見はからい宿でレンタサイクル1日、15000ドンを借りて

フォン川を越え王宮のある旧市街を主にバイクのうずに溶け込んでいった

2008-09a

宿に巣くっている者は、日本からフェリーで韓国に入りその後もフェリーで天津に入り

陸づたいにベトナムへその後ユーラシア大陸へと抜けて行く若者やら

またある者は、西表島でパイナップル収穫の季節労働者として働き

休暇をもらって旅に出てるらしい、そんな彼らと雨が小降りになる昼すぎまで

旅の話をして時間を潰す たぶん雨が降っていなければ会話の糸口も無かっただろう

2008-09a

日本人宿と化したゲストハウスは、当たり前だが日本人旅行者が多く投宿している

日本語が通じる気安さはあるが、海外の日本人旅行者のたまり場にありがちな

独特の雰囲気も漂っており外国に旅に出てまで日本人ばかりに会いたくない、と

考えている私であったがガイドブックの古い情報ではなく、生の情報がリアルタイムに

入るので時には自身のフェンスを振り払い泊まってみるのも悪くはないものだ

2008-09a

ティエンムー寺 旧市街の外れ、フォーン川沿いに建つ古寺

八角形の塔(右画像)が有名。無料で拝観できる

観光客は少なく、フォーン川も見渡せオススメだ

2008-09a

ベトナムは我が国、同様に仏教徒が多いはずだが、北の地方にはカトリック信徒が

結構いるらしい、宣教師達が北の中部地方を中心に宣教したのが由来だとか

2008-09a

せっかくのサイクリングに雨降りとは少し残念だったが、そんなモノクロームな世界が

逆にフエの古い街並みに似合っていて古い都の旅情をじゅうぶんに味わえた

2008-09a

ベトナム国旗がなびく、フラッグタワー

ザーロン帝の時代からある、このフエもベトナム戦争時に戦闘が行われた場所で

王宮の壁にはその時の銃弾の穴が無数にあった

特に王宮は戦争の時の砲撃で無残なまで崩壊しており過去の姿(写真・模型)と見比べると

観光にあたいする価値に問われるくらいの無残な姿だった

2008-09a

ベトナム人用と外国人用の2つの入り口があり、外国人用の入り口は門の左側にある

料金 55,000ドンあるいは$4 現在、内部は大規模な修復工事の真っ最中だった

2008-09a

古都フエ:グエン朝王宮

フエ省博物館 ベトナム戦争当時の写真や武器弾薬などを中心とした展示となっている



明日は、フエからバスで3時間半ほどのところにある古い港町ホイアン に向かう



関連記事


コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
[2014/06/27 12:49] URL | 履歴書の見本 #- [ 編集 ]

履歴書の見本さんへ
ありがとう御座います。
最近はマンネリ状態から抜け出せず
ブログの更新も遅れがちですが
これからも宜しくお願いします。

管理人
[2014/07/03 07:21] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/437-2a1d7315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY