FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2020.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ベトナム中部 ホイアン 洪水 1
2008年 11月18日~


昨日、自転車を借りての市内巡りの合間にsin・cafe(ベトナムではメジャーなツアー会社)

にて予約したVIPバスで一路南下してホイアンに移動することにする

次なる目的地、ホイアンの街は中国人街を中心に古い建築が残り、1999年に

「ホイアンの古い町並み」としてユネスコの世界遺産に登録されている


日本人にも人気があるらしく、JTBをはじめ各、大手旅行社も数多くツアーを組んでいる

バスの出発時刻がPM2時、滞在してる宿のチェツクアウトが12時なので荷物を

フロント脇に預け軽い食事に出かけるが、いぜんシトシトと雨が降り続いている


2008-09a


ホイアンの位置-地図はクリックすると拡大されます


バスはsin・cafeから出るということで30分ほど前に出向くと既に同じ目的地へ向かう

各国の旅行者の面々が同じホイアンを目指し待機していた日本人かと思い喋りかけそうに

なった同じ風体をした中東アジア勢も中国・韓国・台湾と個人の旅を楽しんでるようだ


さすがにsin・cafeのスタッフが一押しするだけあって座席は水平近くまで

リクライニングするので楽ちんだ、それでいて料金もさほど高くはなく60000ドン450円~

この価格なら意地をはって個人でボッタクリの私営バスなど乗る必要は無いわけだ

2008-09a

ただ、アジア全般で言えることだが、この手のバスはサービスの一環なんだろうが

エアコンの利き過ぎが半端ではないくらい冷蔵庫・・ いゃ冷凍庫のような冷え具合だ


私自身、すでにフィリピンやタイで承知だったので長袖・長ズボンと寒さ対策は万全だが

それもささやかな抵抗のように思われる按配だ、出発後、1時間が経過したあたりで

あまりの寒さに我慢ができないのか白人の女の子が抗議していたが

ドライバーを含めスタッフは、英語など知らぬ存ぜぬの無視状態

2008-09a

そんななか車窓を眺めると雨が以前に増して強くなって来て時おり豪雨の状態

それに床下・床上浸水にみまわれてる家屋も目につきだす


実はこのルート、ハイバン峠という見所がありバスの車窓からでもじゅうぶんに

楽しめるらしいが峠は上り下りの難所だったため現在はトンネルが掘られ

国道1号線は現在、この区間をショートカットしていて絶景の眺めは拝めないと言う

いずれにしろこの豪雨なら視界も行き届かず見えないだろうがね

2008-09a

雨で視界がにぶってきたモノクロームな景色をぼんやり眺めながらホイアンに

着く頃には止んでくれるのを祈るばかりだ

天候が悪いのも相まってすでに暗くなりかけて来た夕方5時前に

ホイアン市内はsin・cafeオフィース前に着く

車外へ出ると幸い雨はあがっており、なんとか土地勘を養いながら宿さがしが出来そうだ

2008-09a

数日後、ここホイアンからは再度sin・cafeのバス移動なんで、再度荷物を背負って

この場所に戻って来なければならないことも含め、まずはバスを降りた地点の近場から

宿さがしを始める、近くには安宿に毛が生えたくらいの中堅宿で8ドル~10ドル

レセプション・フロントが立派な様相の宿で15ドル~

2008-09a

数日、滞在予定なので欲を出して安い宿を探しまわったのが災いして

最初に、ここなら良いな~って見た宿へ再度戻ったらすでに満室になっていたりと

再度、思い荷物を背負ったままゆうに1時間は夜のホイアンの町をさ迷う結果になる

途中で、バスの車窓から見かけたように床下浸水の宿も見かけた

はたして明日からの観光は出来るのだろうか・・・

2008-09a

昼は宿の近くでおかずをチョイスしての弁当、100円程度で空腹を満たし

夜は、おちついたレストランでホイアンの名物の

カオラオ(汁の少ない焼きうどん)麺にコシが有り日本人うけ間違い無し

バンバク(ホワイトローズ)揚げワンタン 特にカオラオが気に入った

2008-09a

満室で断り続けられた結果の末、空き部屋のあった、タンビンⅠホテル

ホットシャワー TV エアコン 170000ドン、約1400円 

夜中も、時より強くふる雨音で何度か目を覚ました




例によって明日はカメラをぶら下げホイアンの街を歩き倒します。



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/438-e4541870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY