FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2020.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


カンボジア プノンペン

2008年 11月24日~26


ベトナムから昨日、陸路カンボジア・プノンペンにやって来た

昼間や夕方は車やシクロでひしめいていた道路や歩道も夜のとばりが降りると

怪しい売人が時おり声を掛けてくる程度で一歩路地などに紛れ込むと

闇の陰から手が伸びてきて空き家に連れ込まれ身包みをはがれそうな雰囲気を

今なお残しているプノンペン、実にしぶい♪


2008-09a


旅先でのシユールな時を過ごすには、まだまだオススメな街には変わりない

カメラをぶら下げ街ぶら観光はもっぱらお天道様が高い時間帯に徘徊した


2008-09a

このレストランのテラス?席を陣取り時おり現れる奇人変人な旅行者や物売り

彼等を見ているだけで飽きなかったし、外に目を向けても、ひっきりなしに行き交う

種々様々な人々を・・ もうそれだけで一つのアトラクションか何かのようだ

(キャピトル・レストラン) はそれを堪能する絶好の場所のようだ


店内にはATMも設置されていてUSドルが手数料付きで手に入ります


2008-09a

キャピトルと同系列のハロー・ゲストハウス トイレ・シャワー TV 5ドル

プノンペンも蒸し暑くアルコールの入った身体にはファンルームでは火照って寝苦しい

ディスカバリーやBBCなど見れるので、料金は安いし、それなりに使える宿だ

2008-09a

予定など、ありゃ~しない プノンペンでは何処へ行こうか模索中に、ふと地図を見ていると

市内にフィリピン大使館が存在するのに気ずき、考えたら最終目的地のフィリピンで

3ヶ月ほどプチ・ボランティアのため滞在する予定なんで

必然的にビザエクステンション(延長)が必要となってくる

たとえ少しでもプノンペンのフィリピン大使館で滞在許可が取れないものかと街ぶらがてら

向かうことにする 長旅を続けていると、あても無い日が出来て来るのは当然のこと

2008-09a

こう言ったヤボ用も、わくわくして来るほど俗世間しきっている


はっきり言いきれるのは、1日で何から何までやらなければと欲を出してはだめだ

今日はこれだけ済ませたら終わりだとワンディ・ワン・スィーングの精神がちょーど良い


こう言ったことは長期放浪の海外に限らず日本でも同じ事が言え将来することが限られる

老後の日々を充実させる大切なことだと、この歳で悟らせるほどオレの頭も

アジアのスローな空気かなにかに洗脳されて来たのだろうかw


それで肝心のビザの方はどうだった?って!

ずばり、NO~~w

2008-09a

理由は、もっともらしくフィリピンを出国するチケットを所持してないからの理由

一瞬、市内の旅行社でダミーの出国チケットを作成してもらうか

はたまたネットで格安航空のチケットをとも考えたが

いずれにしろお金が掛かる事に違いはない、そうなると本末転倒だもんね

結局は、マニラでイミグレへ出向くことにした塩梅ですハイ


食事の前には手を洗いましょうが口癖だった衛生観念の厳しいお袋に知れると

叱られるかもしれないが、長期の旅をこなす身には、こんな店で一食、60円程度の

ランチを汗とハエをふり払いながら食べてましたw



2008-09a

長旅してると珍しいことでもないのだが、旅の移動中に各地で知り合った

日本人バックパッカーと偶然再会することがある、今回もそうだった


話ははずみ、夜はチープに日本食が食べれる、言わずと知れた現地人オーナーの

ツーちゃん食堂に再会した面々と行くことに


画像は、つ~ちゃん食堂に自分の孫くらいのベトナム小姐を連れて決まって毎日

アサヒ スーパードライ持ってこいとわかりやすい日本語で注文するリタイア親父



2008-09a

セントラルマーケットで以前、タランチュラの唐揚げが売っていたのを思い出し

怖い物、見たさで向かったが、この時期は蜘蛛は取れないのか見当たらずじまいで

地元資本のデパート(冷房完備)に入って2時間近くうろつき涼む

店内は趣味を問われそうな商品の数々に驚き、ニセモノ免税店の様相だった

画像はセントラル・マーケットです。

2008-09a

あまり長時間、涼んでいるとガードマンが私の後ろに付きだし万引きと間違われそうなんで

いったん外に出て裏路地をパトロールしにまわると貧乏そうな少年一味が

シンナーを吸って酩酊していて、時おりふらふらと近寄って来ては小汚い手を出し金を

せびりに来る、どうせシンナーに変るだけなんで無視を決め先に進む

2008-09a

この旅、インドシナ半島を最後にタイから空路フィリピンへ飛ぶのだが当然のごとく

カンボジアと言えばアンコールワットが代表的なんでタイへ向かうコースどりとしては

2008-09a

プノンペン~シュムリアップ~ポイペト~アランヤと移動する通称ポイペトルート

シュムリアップは2001年頃にアンコールワットを詣でるために訪れたので

スルーするつもりを前提に、コースどりを練る

2008-09a

そんななかキャピトルで知りあった白人のバックパッカーから

それならシアヌークビルへ向かいタイへ抜ける、通称ココンルートをすすめられる

そいついわく、オレは毎度、このコースがお約束だと、 理由は・・・

2008-09a

シアヌークはマリファナがカスのような値段で売られておりビーチも有るらしく

しきりにグレートとかパーフェクトとか言ってたのが印象に残った


あいにく、私はタバコを嗜なまわないので、そっちには興味は無いが

ビーチでのんびりとの言葉に引き付けられプノンペンからシアヌークビルを経由して

タイに抜けることに決めた  (こらっ バイタク野郎、なに悪いことをたくらんでるやぁ~)



そうと決まれば明日にでも向かいたく早々に、バスチケットを買いに行ったのである



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/444-06c2199d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY