FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2020.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


カンボジア シアヌークビル ストリートチルドレン

2008年 11月26日~12月1日


以前にも話したが、私の好きな物書きで 故 開高健 彼が初めて訪れた国で

その国を知りたければ まずその国・土地の女の値段を知れと言う大変ありがたい名言が

有りますが それに加え市場での物の値段を知る事で その地の生活水準が読めて来ます

2008-09a


地図はクリックすると拡大されます


何故なら必要不可欠の日々の生活物資・野菜・食料などは観光客であれど

そんなにボルことは無いと信じてるからでして

私の知らない土地での第一歩は市場での よちよち歩きから始まるのが定番です。

2008-09a

その市場がある場所は、私がプノンペンからやって来たバスの最終地点であったり

ここからタイへ抜けるツーリストが利用したりのバスターミナルの近くです

2008-09a

市場は最近、新しい建物が完成し以前のような混沌とした雰囲気は薄れていますが

場内を徘徊してる人物は、嬉しいことに、今も昔もなんら変りありません

2008-09a

場内にはチープにカンボジア料理を食せる屋台もどきの店舗も多数存在します

だけどカンボジア料理って中華料理のようにしつこくないしタイ料理のように辛くない

ベトナム料理のように香草きつくなくて、なんて言うかダチョウ倶楽部が言ってた

不味からず美味からずが正直な感想で私にとっては中途半端ってな塩梅でした

2008-09a

カンボジアに限ったことではないが、子を多く成すほど労働力として使用できるという

目論見から、親が無計画に子を作った結果であったり、あるいは社会的に

貧困が進みすぎて避妊にまで手が廻らないという事情もいえる

これらストリートチルドレンは家族が居る場合でも路上で生活しながら

物売りをするなどして、その少ない稼ぎを家に入れている場合が多い

2008-09a

市場内のフードコートで食事をしているとグループ化した子供が私のそばに

集まり出す、別段、施しを必要として手を差し出すわけでもなく

催促するわけでもなく、ただただ、距離を置いてつかず離れずのディスタンスを保つ

2008-09a

食べ終わり席を離れるやいなや私の食べ残しをいっせいにむさぼり始める

一応、子供なりにも年功序列があるようで一番幼い子は汁しか得ることが出来なかった

2008-09a

フードコートの主も、慣れたもので、煙たがる訳でもなく残飯をひとつの器にまとめ

わけ与えて、孤児たちはまるで犬のような、たくましさが印象に残った

2008-09a

これは番外編だが最近のインドシナでよく見かける電動バイク

日本で言う漕がなくても走る自転車と同様の扱いの乗り物

日本でも、たんまに見かけるがここまでバイクらしいのは始めて見た


電動なら日本の場合はライセンスを持ってない人でも乗れるものと思っていたが

なんと法律のがんじがらめの我が国では原チャ扱いになりナンバー登録も必要との事

自転車扱いなら一台、船便で送って欲しいところだ




次回も、もう少しだけ、シアヌークビルを引っぱらしてもらいます。



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/447-24d82a06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY