アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カンボジア国境 コッコン、トラート経由でバンコクへ移動

2008年 12月1日


今日はカンボジアからタイに向かう日だ

朝の7時過ぎに宿をチェツクアウトして玄関で待ち構えてる、バイタク3000リエルで

バスターミナルへ(15分)向かう、バイタクへの支払い後、ポケットをまさぐるが

市場の闇で両替した現地通貨リエルも残すとこ3100リエルのみ


朝食もまだ取っていないので、国境に向かうバスに乗り込む前に

バケット・サンドでも買ってと思い見に行くが1個4000リエル・・・ 少々、足りない


2008-09a


地図はクリックすると拡大されます


これからタイに抜けるのに今更、後々なんの役にもたたないリエルに両替するのも

無駄なことでためらってると有るだけでいいよって笑顔で言われ

きれいすっきり現地通貨を使い果たし最後はアジアの優しい心つかいで

カンボジアの滞在も好印象のままタイとの国境コッコンへ向かうバスに乗り込む

2008-09a

タイとのボーダー(国境)コッコンまで13ドル

そこから各自徒歩で越境しいろいろなミニバンで各方面に向かえる

ちなみにカオサンロード(バンコク安宿街)までシアヌークビルから27ドルだ


8:15分、シアヌークビル出発

バスは快調に飛ばし、プノンペン方面と国境方面との分岐点を9:30分頃に通過

9:50分 ローカルな食堂で食事・トイレ休憩

2008-09a

13:05 カンボジア側の国境コッコン着

シアヌークから乗って来たバスはここまで

降りてから手荷物のみで、カンボジア出国手続きを済ませに各自でイミグレへ

2008-09a

バスに預けていた大きな荷物はバス会社のスタッフがリヤカーで運び

タイ側の入国手続きが済んでから各自受け取れるサービスが売りになってる


タイに入国後、14:15分まずは旧型のハイエースでラヨーンの街まで走り

2008-09a

ラヨーンのとあるガソリンスタンドに止まり今度は新型ハイエースに乗り換えさせられる

どうやらここでもこれから先の行き先によって乗客を振り分けてるようだ


私のようにバンコクへ急ぐ者、また途中にある町からボートでコ・チャン 

それにここからコ・サメットなどの離島にくわえパタヤビーチなどに参る者と分かれる


(下画像)

バンコク市内に入ってもミニバンは実入りが少ないのか、ハイウェを使わず

一般道を延々と走り8:30分 カオサン界隈の(警察署と別側)大きな道路に着く

2008-09a

カオサンロードは、おのづと知れた世界中のバックパッカ-が集う聖地です

この街はバンコク市内でも異質です。外国人観光客が集うサムイ島辺りのビ-チロ-ドを

思わせるような陽気で開放的な雰囲気の街です。

通沿いにはゲストハウスに洒落れたバ-やレストランが軒を並べています

土産物を扱う露店や屋台も多く賑やかで歩いているだけで楽しい気分になってきますね

反面、騒がしいのが嫌いというパッカーは絶対に泊まりに来ません

そういう私も80年代後半は中華街に宿をとってました

2008-09a

途中で最悪な事態を聞かされる、記憶に新しいと思うが・・・


反政府デモにより、タイの玄関口であるスワンナプーム空港が閉鎖されたとのことだ

この後、私がフィリピンへ飛ぶ予定の航空会社はもちろん全便運行中止だそうだ


とにかく日本語での情報が欲しかったので通常は避ける日本人宿に向かった

若いバックパッカーには有名なカオサントラベラーズロッジ

2008-09a

ドミトリ、1泊 100バーツ 290円

情報をと思い窮屈なドミに泊まったものの、白人はおろか日本人の姿もない

そらそうだ空港が閉鎖され、ここにはたどり着けないのか、他の街に移られたのかな

2008-09a

あくる日にカオサン界隈を飯屋を求めぶらぶらしてると見つけた個室ありの安宿

KiK KiK KiK と言う変な名前の宿

2008-09a

一泊 150バーツ 親切なオーナーの叔母さんと空港閉鎖の話しをしてる間に移ることに


2008-09a


カオサントラベラーズロッジの1階に貼り出されていた紙

日本人受刑者を慰問に訪れようと呼びかけていた

よくよく見ると、なんと私の友人の名前も下段にあったので驚くw




次回は

12/2午後、国民の力党・党首代行ソムチャイ首相が失職したとニュースが

占拠されている空港は本日より開放されるようと噂が飛び交うなか空港へ




関連記事


コメント

こんにちわ、いつも楽しく見ています。今 メーサイに沈没中です。明日チェンコーンへ向かいます。カオサンも今回何度か行きました。あのとおりは、大変な数の服が並べてありますね。歩くのが大変でした。
目的の旅行会社探すことが難しい?中華街の旅行会社のほうが、結果的にチケット安かったです。カオサンも現地タイ人に人気あるようですね。ありがとうございました。
[2009/11/23 12:12] URL | 針生 あつし #- [ 編集 ]


針生さん、コメントありがとう御座います。

メーサイは多くの趣味の問われそうな商品がミャンマーを経由して

中国からタイへと流れこんでるでしょう

チェンコーンからは再度、ラオス入りでシェンコック辺りかな?

それともビザ・クリアですか?


私の旅はシンガポールに夜遅く着くので空港で夜明かしから始まります

成田で荷物は預けるのでチャンギでは一旦、入国しなければならず

手荷物扱いにすればチャンギ空港内のエリアは大きいので

どこでも夜明かし出来ますが入国してしまうと寝場所の確保が出来るのか心配ですわ

まあ昔、デリーの空港でも2回ほど夜明かししてるので何とか成るとは思うのですがね
[2009/11/25 09:37] URL | あじあんさん@管理人 #tefX1ZkU [ 編集 ]


こんにちわ。返事ありがとうございます。一度ラオスに入国してから、タイに入国する予定です。ナコンパノムから再度ラオスに入り、島を旅したいと思っています。あくまで予定です。ありがとうございます。チャンギで夜明かしたことありますよ、夜明けと同時にマレーシアにすぐ入りました。
[2009/11/25 16:43] URL | 針生 あつし #- [ 編集 ]


針生さん、元気に旅してますか~

>夜明けと同時にマレーシアにすぐ入りました。

物価の高いシンガポールを素通り、懸命な判断ですね


私は取り合えず滞在することにしてNetでブギスにある

バックパッカー・コージーGHだったかドミトリを予約入れました

シンガポールのドミは男女相部屋で、下着姿でも気にしない

ファランの女性が多いのが醍醐味ですね

[2009/11/26 18:08] URL | あじあんさん@管理人 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/449-d4c8bea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。