アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン パラワン エルニド村 安宿

2009年 2月10日~

エルニドに関して日本での知名度は女性雑誌にも紹介される高級リゾートで

ミニロック&ラゲンリゾートが有名だがバジェットな旅をする私には一生、縁の無いのも確かだ


2008-09a


だからと言ってバックパッカーは楽しめないのかと言うと大きな間違いで

薄汚れたバックを背負っての長期旅行者はコストパホーマンスの点からも

通常はエルニド村に滞在する事になる  ここではリゾートの紹介は割愛する

2008-09a

まずは日本からのリゾッチャーが滞在するミニロック&ラゲンリゾートへの玄関口である

エルニド空港です プエルト・プリンセッサから陸路では非常に時間が掛かるので

言えばリゾートスティ専用の空港と言っても過言ではありません

ゲストでもない私たちが見学に訪れた際は入り口ゲートでパスポートを預け

係員が無線で連絡交渉の末にエリア内に入れたほど敷居が高い空港だった

2008-09a

マニラからエルニドへのフライトひとつにしてもエルニド国内線専用空港からになり

一般の待合室のように地元の善人、悪人、元コソドロが入り混じっての

ハロハロ(ごちゃ混ぜ)ではなくリゾート客、専用に差別化されている

(中国、タイを含めフィリピンも VIP って言葉に、ことさら弱い国民性だ)

2008-09a

エルニド村には役場を兼ねた敷地に小さなパレンケ(市場)があった

その他、路上にはゲリラ的に開店した即席商店も多数、見られた

2008-09a

それはそうと宿なんですが、ハイシーズンのこの時期は

良いな~って目ぼしを付けてた宿はもちろんのこと町外れの利便性の悪そうな

宿に至るまで全て満室、ただ、こんな宿に50ドルも払うん??ってな

宿なら泊まれそうなのだが(地方都市なら15ドルで泊まれる価値の部屋)

ハイシーズンは倹約家のヨーロピアンが長期で滞在してるので無理なようだ

2008-09a

考えを入れ替え、木賃宿に泊まって、浮いた分で毎日、アイランド・ホッピングやら

夜は少し贅沢なディナーでいこうと考えがまとまり、ごらんのとおり貧宿ですハイ


名前はベイ・ビューIN(有名ガイドブック)にも転載

350ペソ(700円) コモントイレ&バス(シャワー)

安宿でも、ビーチフロントなんで部屋の前のテラスからは絶景でした

2008-09a

白人ご用達のバイブル、ロンリープラネットでも絶賛してたアート・Cafe レストラン

味は確かに美味い、イタリアンが充実していた記憶が・・・

美味いぶん、ここでの一食が、ジモピーご用達のトロトロ食堂だと7~8回、通えます

2008-09a

その他、ビーチでは夕方くらいからテーブルが並べられキャンドルが灯され

お洒落な空間が出来上がります ひとり旅だと、この雰囲気でのひとり飯が辛いんだよね~



↓ 以前に、ひとり旅したエルニド村の過去ログ ↓

http://asiadiver.blog101.fc2.com/blog-entry-174.html



関連記事


コメント
教えてたもれ♪
おはようございます。この様な素敵な安宿?を探す術、交渉法、あたり方教えて下さい。もう、ツアーでの延泊料金は高いですよね(笑)びっくりですよ!!よろしくご披露下さいな(^^ゞ
[2009/12/11 08:31] URL | 仙台長なす姉妹・姉 #- [ 編集 ]


仙台長なす姉妹・姉さん コメントありがとう御座います。

>この様な素敵な安宿?を探す術、交渉法、あたり方教えて下さい

毎回、探すにあたり命じてることなんですが

その町に、どれくらいの日数、滞在するかによって意気込みが違ってきます

トランジットのような場合は次に向かうバスターミナルなどにアクセスしやすければ

起きて半畳、寝て一畳でも問題なしです


1週間近い滞在の場合は、あくる日が勝負です

だいたいは予約などせづ行き当たりばったりで宿を探すので

到着日は重いバックを背負ってうろつくのは嫌なんで

取りあえずは適当に決め、その日のうちに宿探索に出かけ

気に入った宿が見つかればスタッフに、どの部屋が空きそうか

情報収集して明日、もう一度くるのでと伝え満面の笑顔で

泊まる意思を伝えるという偽ヨン様作戦ですw
[2009/12/11 11:58] URL | あじあんさん@管理人 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/464-2241d7bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。