アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン パラワン エルニド ラグーン

2009年 2月12日~

有名リゾートに滞在しない個人ツーリストのエルニド村での過ごし方を

興味深く眺めていると、リタイヤされた欧米人の老夫婦などはビーチに面した

こじんまりとしたコテージに長期滞在され 欧米老夫婦のデフォルトとも言える

日光浴に読書三昧で日本人ではとうてい出来そうもない時の流れに身をゆだねられている

2008-09a

逆に欧米の若い連中はと言うと昨夜、遅くまで酒を飲んでの話に盛り上っていたのか

昼頃まで部屋で寝てるのかコテージから顔を覗かさない


それ以外、半数をしめるのが日中は、無数に散らばる島々を巡りスノーケリングを

楽しんだりのエルニドならではのアイランドホッピングに参加して過ごす事になる

2008-09a

およそリゾート地に相応しくない安宿に投宿し日々、部屋代を浮かせた私たちは

その恩恵をうけ、ほぼ毎日エルニドの海へボートで繰りだし昼は無人島でバーベQを

それ以外はスノーケル三昧で日本でこの時期、働いてる友人に申し訳ないくらい遊びほうけた

2008-09a

エルニドで主催されてるツアーは大きく分けてABCの3コースで

なかでもAコースの見せ場ビッグラグーンは小さなバンカーをチョイスしないと

ラグーンの奥まで入ってもらえないので注意が必要だ

2008-09a

ボートで途中の島まで参り後はカヌーでラグーンへ向かったりのエコツアーも時おり見かけた。

2008-09a

この時はコロンからのバンカーボートでエルニドまでの8時間を苦楽を共にした

韓国の女の子とその彼氏とボートを仕立てアイランド・ホッピングにでかけた

昼はこの無人島に停泊しバーベQのランチとなった

2008-09a

ツアーボートの振り分けだが、客が多い時は大部屋に掘り込まれるの方式で

大型バンカーボートになるので、その場合は小さなラグーンへは潮の満ち干きの塩梅で

入って行けないので、その旨を話して小型のバンカーに、まぎれ込ましてもらおう


エルニド村には、その手のツアー斡旋をしている所がたくさん見受けられるので

何軒か周り希望を伝え承諾してもらえるショップを探そう

2008-09a

各コースはエルニドのビーチを9時頃に出発し、いろいろなビーチでスノーケリングをして

その後は無人島でバーベQ、それが終わればボートでまた他の島へ出向きスノーケリングと

コースによっては我々の年代では、かなり体力勝負になる


まだまだ手つかずの自然のまま残されてるビーチがたくさんありますよ

2008-09a

エルニドでのボートツアーは、ヨーロピアンゲストが多いのがお決まりなので

白人=ボトルドリンク持参の方式が出来上がってるのでボートにはミネラルウォーターが

積み込まれていないので事前に購入しておかないと1日中、ビール漬けの嬉しい悲鳴が

2008-09a


↓ 以前に、ひとりで参加した、エルニドホッピングの過去ログ ↓

http://asiadiver.blog101.fc2.com/blog-entry-173.html



明日は早朝のバスでエルニドからはローカルバスで9時間移動し

パラワンのプロビンスであるプエルトプリンセッサへ向かうことにする




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/465-619546c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。