アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日課の町内散歩
日本でも日頃、成人病予防のため出来るだけ歩くことに心がけている。
私の住んでる最寄の駅から2~3駅くらいの距離なら歩くくらいの
心構えで日頃は生活しているつもりです。

そんなわけでシキホール滞在中も暇と時間は売るほどあるので
お世話に成ってるトンゴ・カガルワンのバランガイ(村・町内)を歩きました。

barangai-1.jpg

海を背にしてTOM 邸を半時計周りに歩いて行きます
画像のホワイトハウスはTOM 邸です。

barangai-2.jpg

直ぐに右側に小さなバラック風の小屋が現れます。
ここは若い漁師見習いが雨風に耐えながら寝泊りしています。
なぜこのような過酷な生活をしているか謎です。

barangai-3.jpg

上)
5分も歩くと草木がまばらな場所を通ります。
右側は海で建築用の砂を採取するような感じです
当然、砂は真っ白で日本で目にするのとは異なります。

下)
椰子の木が心地よい見通しの良い道を通った辺りで
道は大きく左側に折れ低い草木の道に変わります。

barangai-4.jpg


barangai-5.jpg

TOM氏の知人の家でここへも牛を預けて世話をしてもらってます。
子だくさんの家系でここだけでも結構な子供たちがいました。

別の項で紹介したどんぶり鉢3杯はたいらげる、おばさんの家です。

barangai-6.jpg

変わった柄の豚ですね
ドロボウに連れ去られても直ぐに足がつきそうなんで
けっこう自由奔放に暮らしてました。

barangai-7.jpg

トンゴ村・カガルワンの先端にある教会です。
この先の海はダイバーも訪れます。
チャーチポイントです。まんまの名前ですが
別の項で紹介した夕日を真近に見るならこの辺りもオススメです。

barangai-8.jpg

教会の中から突然出てきた銃を持ったゲリラと身構えたら
これまた指で ”ハンサム”のポーズなんで安心しました。

barangai-9.jpg


barangai-10.jpg

この辺りは道路も舗装してるのでトライスクル料金も吹っかけてきません
仲良しこよしの姉妹ですね 決して私は怪しい者ではないですよ

外人が珍しいのか小さな子はよく声をかけてきます
日本では知らない人は声を掛けられても無視しましょうは
この島では当てはまりません

barangai-11.jpg


barangai-12.jpg

仕事が無いので大人たちも一日このスタイルです。
子供同様に外人を見つけると声をかけます

ただ大人の場合は日本人を見ると意味も無く ”ありがとう・おはよう ”を
繰り返します私は決まって ”カムサンニダ ”と新しい日本語を教えてあげます。

barangai-13.jpg

古タイヤをリサイクルして作ったゴミ箱ですね

barangai-14.jpg

これは村のガソリンスタンドです。
以前は知らなかったのでコカコーラ・メロンソーダ味と思い込み飲みかけました。

barangai-15.jpg

バランガイの一本道をキョロキョロ歩いてると飛行場跡が有ります。
時々、ドマゲッティからのVIP?セスナが来るそうです
急に着陸されたら危ない事このうえないですね

barangai-16.jpg

このイエローハウスが見えたら海側に曲がります
シキホールから乗ったトライスクルもここから先は別料金と言い出す事の多い
要注意地点です。料金の事をくちにしだしたら無視して先へ進ませましょう

barangai-17.jpg

曲がってから5分ばかし歩いた地点です
左右、畑など見通しが良くお気に入りの場所でした。

barangai-18.jpg

イエローハウスを曲がり地道を10分以上歩き海沿いのプロック(小屋)です
カラオケの機械が設置してあり夜は遠くまで音が聞こえます。

barangai-19.jpg

TOM 邸となりのフィリピン系アメリカ人の自宅件、サリサリショツプです。
超冷えたビールが飲めます。サンミゲール小瓶20ペソ50円
ビアナ・ビア小瓶15ペソ40円良心的ですが
最近、サリサリ精神でカラオケを導入したおかげでうるさいです。
関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/47-ded49c6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。