アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン ルソン島 バタンガス アニラオ 安宿検証

2009年 3月28日~30日

4ヶ月近く滞在したコロンを後に空路 (ハハ・・Air は セブパシです)

マニラヘ戻り・・・ ノーコメントw


実は今回もセブパシのプロモに合わせコロンからマニラ入りしたのですが

その時に国際線のプロモを同時に販売されていて (よくある事です)

マニラ→マカオ間が日本円にして4000円足らずでゲット出来たので

再びマカオへ飛ぶことになったのです(スケベ~ w)

2008-09a


地図はクリックすると拡大されます

そのマカオ便のフライトまで日が有ったので、前々から気になってたマニラから

バスなどの陸路で参れる、お手軽、海・海・海・・・なのだが

前々からリゾートに安宿は存在しないとか情報を得てただけに実際のとこアニラオには

安宿は無いのかマニラからのお手軽で参れる地なので今回は検証も兼ねて

バタンガス・アニラオへ詣でてみようと思ったしだいです

2008-09a

まずはバタンガスまでの足となるバスはマニラ市内数箇所から出てるようですが

ツーリストが比較的、多く使われるJAMトランジット会社に的を絞り向かいました

そのバスターミナルの最寄の駅はLRT(高架鉄道)ピルフィヤット駅で下車

高架を北の方へ直ぐのところにあり、呼び込みしてるので目をつぶっても行けます

9:05分発 私の意志に反してエアコンバス(166ペソ・300円ちょっと)

2008-09a

10:50分 バスはバタンガス市内の繁華街へ行くものとばかり思っていたら

小さな町で降ろされ車掌が示すジプニーに乗り換えさせられ市街地へ7ペソ

2008-09a

乗り換えさせられた地点からジプニーで15分ほど、のろのろ走りジョリピーが見えて

来たので市街地の目印と思い適当に下車だらだら歩き持って安宿を探しをする

下車したのは、このような市街地

2008-09a

予想に反し安宿が見当たらないって言うかホテルのような建物もない

うろうろしてるとバタンガス教会があり、このあたりバタンガス近郊へ

参るジプニーがたくさん並んでいる

しばし公園の日陰で涼をとってから宿さがしを再開する

2008-09a

途中、人に訪ねもってようやく到着したのは

今どき珍しい24時間制でチェックアウトを指向している

QUINIOホテル ファンルーム トイレ・シャワー付き 600ペソ

少し高層にあり涼しげな風が抜けるので良いのだが

エレベータ不完備の自力で階段とエクササイズにはちょーど良い宿だった

2008-09a

あくる日は目的の海・海・海のアニラオと呼ばれる町へ移動するので

朝からジプニーを探し向かうことにする

バタンガスからダイレクトにアニラオへ参るジプニーを探すが

ぜんぜん見つからず聞くところによるとバタンガスからジプニーで50分ほどで

この画像のマビニへ行って乗り換えるのが良いと教えられる

(アニラオからは客が集まりしだい出発のジプニーは容易に見つかります)

2008-09a

アニラオではバックパッカーはお呼びじゃないってな感じでして今回ここでは

マリンスポーツもする予定ではない私はこのジプニーを乗り換えたマビニの町に足を運び

飯を食い酒を飲みなどと通いました (アニラオの町は商店も少なく面白みなし)

画像はマビニの町です。

2008-09a

マビニからアニラオへジプニーを乗り換え向かうこと10分程度でアニラオの玄関口(港)に

到着と相成りました この辺り安い食堂も多くあるが午後の強烈な西日に倒れかけた

今日3月28日の午後は体感温度40℃はあったのではないでしょうか

2008-09a

アニラオに到着後、取り合えずツーリスト・インフォメーションを訪ね安宿を紹介して欲しいと

申し出るとAGUILAというコテージを薦められ前に客待ちしてるトライスクルで

行きなさいとのことで乗車したものの5分も走らないうちに到着する

フィリピン人は歩かない事で有名だが、たかが5分の距離なら歩いて行くのにって

言いながら20ペソを支払う、おまけにコテージはフィリピン人の若い連中が

ラジカセの音量をMAXに上げ、うるさいやら、うっとしいやらで値段も

ボロイくせに、一泊、1400ペソだって・・・即刻却下


来た道を歩いて引返し海沿いの、この道を延々歩いてうだる暑さの中、宿を求め歩く

やはり前々から言われてるようにアニラオには安宿など存在しないのか・・・



関連記事


コメント

こんにちわ。あじあの☆さん、セブパシがマカオまで4000円とは、安いですね。たしかクラークからも飛んでいましたね。笑
中国行きフライトはやはり、香港かマカオ便が多いのですかね。
話は変わりますが、タイの観光ビザ 現在無料だって知っていましたか?去年の空港反デモの反省だそうですよ。日本人のロングスティヤーから聞きました。ありがとうございました。
[2009/12/15 12:38] URL | 針生 あつし #- [ 編集 ]


針生さん、元気に旅してますか?

>クラークからも飛んでいましたね


よくご存知ですね、ニノイで取れなければクラークで検索の順でしょうね

>中国行きフライトはやはり、香港かマカオ便が多いのですかね


香港便は人気路線なのでヒットしにくいですね

仮にヒットしてもマカオと比べ値段はかなり高いです

もし香港に用事がある場合でもマカオで発券し船で香港が結果的に安くつくようです

広州もあるようですが取れにくいです、それとフライトキャンセルも多発してると聞きました

>タイの観光ビザ 現在無料


昨年の空港閉鎖の影響で客足が伸びないんでしょうね

観光大国なので、苦肉の策ですかね

私もそろそろ針生さんの後を追いかけますよ(笑
[2009/12/15 18:39] URL | あじあんさん@管理人 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/470-41451aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。