FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


11<<  2019.12 >>01
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


マレーシアからタイへ抜けてリペ島に向かう-1

2010年 1月5日

そろそろジョージタウンから移動せねばと思いつつ居心地の良い

シティ・リゾートと自分で銘打って、動けずじまいだった

前項にも書いたが滞在してる宿の1階は旅行社も兼ねておりマレーシア各地は

もちろんのこと近郊の国へも便利なシャトルバスを運行している

早い話、タイのカオサンロード沿いの旅行社と同じのりだ

どの店も一様に店先のホワイトボードに、いろいろと行き先が書かれている


2009-10a


所在地の地図はクリックすると拡大します。


そのなかでアンダマン海に浮かぶ小さな島でコ・リペと言うのがあり

つまり(コ)はタイ語で島・アイランド、いわいるリペ島である

大雑把なルートは、ここペナンからはタイへ入国しハートヤイに入り

方向的にはサトゥーン・クラビなどの西側に向かいPakBarraから

ボートで島を向かうことになる120RM 3250円(リペまでのボート代含む)

2009-10a

上)

早朝5時にVANが迎えに来る、既に3人ほど白人が乗っていた

市内を客を拾うわけでもなく30分ほど周回してドライバーは時おり

携帯電話でなにかやり取りをしてるようだがマレー語なんで聞き取れない

その後、VANはペナンブリッジを渡り終えるとハイウェイに合流し北上

7:30分 CHANGLUMのサービスエリアでドライバーがパスポートを徴収し何処かへ・・

帰ってくると出入国カードも全て記載され返却される・楽ちんだ~

下)

暫く走るとすぐにマレーシア側のイミグレがあり、すんなり出国

先に免税店がありドライバーは頼まれ物か自分で売りさばくのか

乗客を残して買出しに行ってしまう、このえ~加減さが好きだ~

2009-10a

上)

そこから200m先にタイ側のイミグレがあり暇そうな警官がごろごろしていて

日本人か?とか聞いてきて、ありがとう・味の素とか言ってくる

日本の警官よりマジメだ~w

下)

タイ入国、こちらもいたって簡単にスタンプを押してもらう

滞在許可は2ヶ月と記載されていた

タイ側へ入ると今まで見慣れたマレーシアの建物と一変し

陸は繋がってはいるが文化の違いを伺える

2009-10a

最初はボーダーでVANを降りてタイ側のVANにバトンタッチとばかり思っていたら

引き続きペナンから乗って来たVANで一般道を進む(プレートはマレーシアのまんま)

タイ側へ入り時計を1時間戻したので8:20 ハートヤイ(ハジャイ)駅前近くの

旅行社で降ろされ行き先別に違うVANに乗り換えする 画像はハジャイ(ハートヤイ)

2009-10a

ハートヤイからは新型ハイエースワイドでリペ島への船着場がある

PakBarraへ向かい一般道を120K以上で飛ばすが、さすがに新型のワイドボディ

体感速度は80K以下に思えるほどの安定ぶりだ

10:45分にPakBarra着 着いた旅行社でボートのチケットを受け取る

2009-10a

PakBarraの港・街です

タイ各地へのシャトルバスを扱う旅行社から食堂・雑貨、いろいろ揃ってます

島は物価が高いので、買い物していても良いかもです

2009-10a


いろんなタイプのボートが泊まっている

ペナンで買ったジョイント・チケットは安すかったのでスローボートで

4~5時間かけてリペ島へ参るものとばかり思い込んでいたんで嬉しい誤算です

2009-10a


スタッフから急かされ乗り込んだのはHONDAの225馬力が搭載された

日本海でのアワビ893密漁仕様まんまのスピードボートだった



現在リペ島に滞在しています。ここでのNetCafeの使用料は1HR 150~180Bと

3食分の料金です。実にバンコクあたりの約10倍近い料金ですが貧乏パッカーの私が

何故Netを使用してるかと言えば無料で使える野良電波を拾らえたわけです

いつパスワードを掛けられるか分かりません、よって音信普通になるかもですハイ


↑ 当時滞在中の原文です。


ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます




関連記事


コメント

こんにちわ。あじあの☆さん、マレーシアからタイに入国されましたね。
こちらは、乾季で天気いいから絶好の海日和ですね。気をつけて旅してください。パタヤも以前に比べ 海がきていになりました。
[2010/01/09 13:54] URL | 針生 あつし #- [ 編集 ]


針生さん、コメントありがとう御座います。

リゾートの島はバックパッカー泣かせですわ

Netが1時間、180バーツって信じられますか?

無料のWiFi電波を拾らってしのいでますよ
[2010/01/09 21:16] URL | あじあの☆遠征中 #tefX1ZkU [ 編集 ]


こんばんわ。あじあの☆さん、同じくパタヤもアンへレス同様 お金を散在しなければ、面白いくもなんともないところですわ。バックバッカー向きでは同じくありません。でも楽しいですわ。笑 ありがとうございました。
[2010/01/10 01:34] URL | 針生 あつし #- [ 編集 ]


針生さん、コメントありがとう御座います。

ペナンで同じ宿だったパタヤ通の人が言うには

ビーチロードから歩行者天国に入るとファミマーがあるでしょう

その界隈のハッピー・ゴーゴー、ビーチクラブ、スーパーガール

スーパーベイビーが日本人好みが多いらしいですよ(笑

OPENは8:00くらいからだって
[2010/01/11 20:32] URL | あじあの☆遠征中 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/488-39dd9521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY