FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


08<<  2019.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


タイ ハジャイ 安宿 キャセイ・ゲストハウス

2010年 1月13日~

陸で滞在している時と比べて島での生活では歩く時間が少なくなる

それは日中の暴力的な日差しから逃れ日陰に逃げ込む場所が少ないのと

ビーチなどはアスファルトから比べ砂地のため歩行に抵抗があり

少し歩くと疲れる・・・ 必然的に外へ出るのが億劫になりがちだ


かと言って運動不足気味かと言えば陸とは違って泳ぐという行為が加わるので

全身運動で日頃使わない筋肉を酷使でき心地よい塩梅だ

若い時と違って2日後くらいからお返しが来る・・・ 歳を感じる瞬間だ

2009-10a


所在地の地図はクリックすると拡大します。


2009-10a

さて、そろそろ移動しないとタイバーツも尽きてきた

泊まってるコテージのタイ人オーナーに明日、島を出ることを告げると

あんたなら、今以上にディスカウントしてあげるから

もう少し滞在すればどうだと切り返される


人の良さが外観からにじみ出てるのかな・・オレw

時々、旅ではこういった好意を受けるんだがその反面、逆に災いして

いろいろと騙されかけることも多いのは確かだ

おもだっては客引き・物売り・女性・現地旅行社

人の良さのオーラは、得なんだか損なんだか今ひとつハッキリしないのだ

2009-10a

スピード・ボートのチケットは島の旅行社で出発前日に購入

ハジャイまでのボート+バンのジョイントで650B 1890円

帰りも来たとき同様にパタヤビーチ沖のボートステーションまで

矢切の渡し、50Bで沖合いの船着場へ、その後10時のスピード・ボートで陸のパクバラまで

乗るが今回は少し小さめのスピード・ボート HONDA 200×3機 なまこ密漁仕様

2009-10a

乗客は多民族の色とりどりで、ほぼ満員、フルスロットルの猛スピードで漁船を抜きまくりで

船酔い客も多数出たがムスリムの叔母さんのスカーフが風で飛ばされかけの

笑えるアトラクションもあっての無事パクバラへ12時着


画像はハジャイではちょっと名の知れた安宿

2009-10a

パクバラからは今回もNeWハイエースワイドでハジャイへ、さすがに南部の町だけあって

ムスリムの姿が目立ちすぎ、それ以外にはマレー・インド系 その混血かと思われる

エキゾチックな顔立ちの美少女、女性も多く目立ちます。それだけで良い街だと実感させれれるw


宿は市内中心部にある安宿キャセイホテルスタッフもフレンドリーで笑顔がある

1階は評判の良い旅行社になっており、リペ島へのチケットも取り扱っている

3階?? レセプションになってます 横は食堂件、くつろぎスペース 情報ノートも有り

2009-10a

部屋は中華街に有りがちの昔ながらの旅社タイプ

天井が高く湿気がこもらないので私は好きです

シングル、160B 470円 ダブル、200B 580円 ファン・トイレ・シャワー付き

ただシングルは2部屋しかないので空いてる時が少ないようだ

2009-10a

数十年前に足げにかよったバンコク・ヤワラーの旅社を思い出させてくれた

久しぶりに懐かしい痰壷にも出会えた バスタオルは2枚備えられてます。

2009-10a

初日に泊まった部屋は交通量の多い道路沿いでクラクションが賑やか過ぎて落ち着かない

もちろん、あくる日に部屋を変えてもらいましたが笑顔で対応

この部屋は中庭??のような位置にあり静かです342号室 200B 580円

それにね 電波状態は弱いけどWiFiの野良電波を拾えますよ(拾えない日もある)


さてまずは土地勘を養うために町ぶらだ



ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/496-a8599a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY