FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


カンチャナブリからローカルバスでアユタヤへ

2010年 2月4日


日本人にとっては過去の不幸な出来事も背景には有るが、そう言った事など

微塵も感じさせることもなく知り合った土地の人々も優しく接してくれ

居心地の良かったカンチャナブリ、バンコクからも片道2時間と手軽に来れ見所も多く

たくさんの自然に触れ合え満足の6日間だった。

2009-10a

日本人のDNAなのか、あれこれ忙しく毎日の工程をこなし欧米人のように

ペーパーブック片手に宿のプールサイドでのんびりとする間もなかったので

せめてもう1泊とも考えたが先を急ぐことにした。

2009-10a

次なる地、アユタヤを目指すにあたり一度、バンコクに戻り北バスターミナル

(モチット・マイ)から北上と考えていたが地元民からの教えでまずは

SUPHANBURI(スッパンブリー)へ向かい、そこからアユタヤ行きのバスが出てるので

乗り換えてアユタヤに向かうのがディ・ディ(良い)と教えられ

灼熱の大地を往来する窓全開の普通バスに乗った50B140円

2009-10a

バスは途中の名も知れぬ村で客を降ろしたり乗せたりでマイペース・のんびりと走る

途中で売りに来た、焼き鳥ともち米のセット20B 55円の車内販売が昼食となった

2009-10a



車内の体感温度は40℃以上ではなかろうか SUPHANBURIには12:50着、

既に隣で待機していたアユタヤ行きの普通バスに乗り換え13:15分出発



15時10分アユタヤ着 カンチャナブリを出てから4時間半の道のりだったが

我慢大会のような車内誰しも疲れでぐったりの様子だ時間帯にも寄るが

もう乗りたくないアジアのバス番付に入れておく

2009-10a

アユタヤの街中にはゲストハウスが集まってる地区があり欧米人がオープンテラスで

昼間からビールを飲みお喋りに夢中だバスは、そこに近い所で降ろされたのが

唯一の救いで宿探しは比較的、楽に出来た

2009-10a

宿が集まってるエリアには、いろいろなレストランやらCafeと

ツーリスト向けの店も共存している 少し歩いた大きな道路沿いには

夕方からチープな屋台が店開きと食事にも困らない

2009-10a

民家を改装した趣きのあるゲストハウスが多く、落ち着いたたたずまいだ

日本人宿のPUゲストハウスも近くにあり100~150B 320円前後の部屋もある

2009-10a

そのなかのひとつガイドブックにも紹介されているTOTOハウスにした

ファンルーム・ツイン・W 200B 560円 

AC・TV・Wi-Fiが部屋で使える450B1260円

旅先では添乗員の身分なんで相方の好意で450B 1260円の部屋に泊まる

2009-10a

ここアユタヤでも野良犬の姿が多く昼間は暑さでぐったりしている犬たちも

夜を迎え涼しくなると、がぜん元気になり徒党を組んで街中を徘徊している

あるブログで読んだ、ふくらはぎをガブリ・・・ だけは避けたいものだ




暫くは世界遺産に指定されたアユタヤの街で遺跡めぐりと屋台飯とビール

それに趣味の仏像ペンダント探しの日々を送ります。




ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます




関連記事


コメント

スパンブリ-経由でアユタヤですか・・・
エアコンなしで・・・暑そうですね・・笑
昨日バンコク入りしたんですが去年の同じころより
暑い気がしますね・・。
良いプラクルアンに出会えるように!
[2010/02/07 09:43] URL | 布袋@バンコク滞在中 #irIJ6Ii. [ 編集 ]


布袋さん、コメントありがとう御座います。


>スパンブリ-経由でアユタヤですか・・・

バンコク市内で見かけるエアコン無しのオンボロバスです。

他のバスへの選択は無しでVAN(ロットゥ)も無かったです

赤土の大地を横目に試練の移動でした。
[2010/02/09 07:51] URL | あじあの☆遠征中 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/510-b66dba64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY