FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


タイ 古都アユタヤ 灼熱の遺跡めぐり

2010年 2月4日~7日

昨年の暮れに日本を離れ、もう直ぐ2ヶ月、灼熱のアユタヤからです。

タイという国となんとなく波長が合い数十年と付き合って来たなかでアユタヤは

比較的、バンコクから近いせいもあってか今まで訪れることなく現在に至ったが

今回、自称アジア世界遺産ハンターは、遅ればせながらの表敬訪問となった


2009-10a


宿のある地区から遺跡群は歩いても行ける距離なので初日はペットボトル片手に

鼻歌交じりで向かったものの、暑い日中の遺跡めぐりをなめていて2~3箇所を

歩き回ったもののダウン仕切り直しに翌日からはレンタサイクルを借り再度、出向いた

2009-10a

アユタヤの町はチャオプラヤ川・バサック川・ロッブリー川に囲まれていて

いわいる島のような土地に開けている、地元の人は島の外と内側と

区別してるようで、このような川が街を囲んでいる。

2009-10a

歴史地区には、観光客を乗せた象も歩いてます

2009-10a

ワット・ラーチャブーラナ

アユタヤ朝初期の15世紀前半に建てられたメインプラーン

アユタヤー遺跡群は敵からの防御を考えて中心部の回りに運河を掘りチャオプラヤー川と

その支流であるパーサック川、ロップリー川に囲まれた中州に集中している

2009-10a

ワット・マハータート

767年にビルマ(ミャンマー)の攻撃を受けてアユタヤ王朝は消滅した。

同時にアユタヤ市内の建造物や石像は徹底的に破壊され、ほとんどの寺院は廃寺となり

王宮も台座を残すのみとなったが、この様に修復され保たれてる仏像もある

2009-10a

ワット・マハータート

アユタヤで一番有名かもしれない菩提樹の根に包まれてしまった仏頭

私もこの仏頭に会いたくてアユタヤに参ったようなものだ

2009-10a

ワット・マハータート

写真集などではこのようなアングルで紹介されてるのが多く訪れる前の自分なりの

想像と幾分スケールが違っていた

2009-10a

ワット・プラシーサンペット

この寺院に建つお寺は、歴代のアユタヤ王朝の王の内3人の遺骨が修められている

2009-10a

ワット・プラシーサンペット境内

日中のうだるような暑さで大変そう

2009-10a

ワット・ナープラメン

2009-10a

ワット・ローカヤスターラーム

涅槃仏は北方を向いて寝ていてその全長は57.7メートル、高さは8メートル

2009-10a

ワット・ローカヤスターラーム

金箔を貼りお参りに来ていたタイ人の親子から涅槃仏の大きさが分かるだろうか

2009-10a

ワット・チャイワッタナーラーム

広大な緑の芝生に大小のプラーン(クメール風の仏塔)がそびえ立つ姿は、アユタヤで

一番の壮観かもしれないクメール様式の仏塔アンコール・ワットの塔に似てるかな

2009-10a

ワット・チャイワッタナーラーム

この寺院はカンボジアとの戦勝記念に建立されたもので、そのためにクメール風の

建築にしたのだという説もある

2009-10a

観光客から見物の置き去りにされた無名(有名では無い)寺院は

障害物がないためか野良犬達に入り口を占領され近寄りがたく

人気がないので見物しないのでは無く出来ないのが現実だ


次回はバンコク・エカマイ(東バスターミナル)から6時間近くバスに揺られ

カンボジア国境に近いトラートの街へ向かい、次の日に対岸のチャン島に渡ります。



ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます




関連記事


コメント
行って来ました!
あじあさん色々アドバイスありがとうございました。
無事に娘さんにお会いすることができました、トラと戯れる時間はそれほど無かったのですがトラに触りました~

土、日限定の最終は滝まで行くツアー列車でお一人100B、カンチャナブリまでに
一度でかいお寺のあるところで20分休憩、後にカンチャナブリ、そこで1時間休憩し戦場にかける橋で20分休憩。
その後私達はタイガーテンプルへ・・・
本来なら電車でSAI YOK NOIまで行くのですが管理人さんのアドバイスで
戦場にかける橋で車をチャーター、途中ぞうさんの矢印を尻目にタイガーテンプル、
時間無く途中で抜けだし滝まで行きました。
その滝からまた乗ってきた汽車でバンコクまで戻りました。

もう少し時間あるはずでしたが汽車に乗車し1時間位の時、モーターバイクが踏み切り無視しで衝突しました、
幸いにも命は無事だったらしいですがあの壊れたバイクを見た瞬間は・・・げっ・・・・

そのまま列車で移動すると食事など出来る町で2時間位休憩し滝を目指すのです。

すみません!もらったタイムテーブル捨ててきました(泣)


タイガーテンプルでは娘さんに色々お話を聞き?(パパの悪口)楽しいひと時を過ごせました。
またあじあさんからも宜しくお伝えください。

帰りの汽車では全開の窓から入ってくる草などが桜吹雪のように大暴れ!
それはそれは鳴門の渦潮のごとく渦を巻きあげ汗ばんだ私の身体に張り付いて蓑虫のようになりました。

列車は朝6:30に出発しバンコク到着は19:30です。
出来れば座布団をもって行く事をお勧めします!!!プラスチックの椅子でけつは完全に割れました(笑)
[2010/02/09 22:45] URL | ninja #- [ 編集 ]


アジア世界遺産ハンター様

紀伊半島にも寄って下さいね。串本はいいですよ。
今回のラオス南部行きは、ワットぷ~狙いですね。
パクせーの空港が拡張工事のため閉鎖されているようで、ますますウボン経由が魅力的というか、それしかないですね。

それはともかく、5JのKIX⇒MNL⇒BKKの片道はトラブルがあるのですね。
KIXでですか、MNLでですか?
私はといいますと、KIXでは「向こうにお住まいですか?」「はい(ウソ)」で、MNLででは、「次から気をつけてくださいね。7kgまでですよ」「はい」でした。たぶん、雪だるまのような私にびびったのだと思います。なんせ、ハリソンでの世界の売れ残り大物産市(85ペソ均一)で衣料品をしこたま買い込み30kgを超えていたので、、、、全て着込んでいました。 あと、片道は難癖をつけられやすいので、わざわざMNLでラオスのヴィザを取りました。それが取得の真相です。

カンチャとアユタヤは家内はウロウロしていたようですが、私は今度こそは列車で反対側に行くぞ、と決めている間に、空港が移動してしまい、行きそびれています。ン~、残念。
 しかし、ドムアンから駅までの線路沿いの高架の橋げたは18年間もそのままなのですが、いつか高架の高速道路か鉄道が出来るのでしょうかね?
[2010/02/10 00:06] URL | 火遊び師 #- [ 編集 ]


ninja さん、お疲れ様でした

トラ寺の園内も暑くて大変でしたでしょう

早朝からのモーニング・プログラムなら、トラに触れ合う時間も多いのですが
数千バーツと高いのと前日に現地入りが必要なのでお勧めしがたいのが本音です。

>カンチャナブリまでに 一度でかいお寺のあるところで20分休憩

ナコン・パトムですね

タイ、いや世界最大の高さを誇るパゴダがあるとこですね(現在修復中)

>時間無く途中で抜けだし滝まで行きました。

日帰りの強行軍ながら、柔軟な行動は、さすがninja さんと御見それしました。

機会があればカンチャのゲスト・ハウス街に1泊なりしローカルなバーで
妖怪ちっくな小姐と英語のレッスン、興味の尽きない街なんで是非

>タイガーテンプルでは娘さんに色々お話を聞き?

1歳にも満たないうちからアジアへ連れ歩き伝説のジュライホテル・楽宮ホテル等
泊まり歩き小学校の時分はインド放浪に連れ歩いた結果、行き着いたとこがトラ寺でした(笑

今回はトラ寺への訪問、有難う御座いました。

またアジアの星空の下、 ninja さんと飲み語らえるのを楽しみにしています。
[2010/02/11 11:47] URL | あじあの☆遠征中 #tefX1ZkU [ 編集 ]


火遊び師さん、コメントありがとう御座います。

>紀伊半島にも寄って下さいね。串本はいいですよ。

3年ほど前に熊野に潜りに行った帰り、大社にお参りした程度です。


>今回のラオス南部行きは、ワットぷ~狙いですね。

ずばりそうです。その後、何処へ抜けるかも想像して下さいねw

>パクせーの空港が拡張工事のため閉鎖されているようで

今回は陸路数珠つなぎの旅なので全行程、バスか列車移動です。

>片道はトラブルがあるのですね。 KIXでですか、MNLでですか?

火遊び師さんの行程で言えばマニラからバンコクに向かう際のマニラの空港ですね

私は一昨年、バンコクから5Jでマニラへ向かう際にバンコクの空港で問われました。


>片道は難癖をつけられやすいので、わざわざMNLでラオスのヴィザを取りました。

まずはバンコクに入国なんでラオスのビザではなくバンコクのヴィザを求められますね

それも火遊び師さんに対応した地上係員の腹具合によりけりなんですよね

私も今回、日本からシンガポールに向かうにあたり航空会社の方から
シンガポールを出るチケットを持っていないと日本の空港で出国拒否に合いますから
必ず後で払い戻せるノーマルチケットを購入して下さいと言われました

ある片道入国の旅行者は空港で係員にもし片道で入国を拒否されても
航空会社には、なんら関係ありませんと念書を書いて、その場を逃れた人もいます

いずれにしろ対応した地上係員の腹具合、ひとつです

そのため、いつも笑顔を絶やさない努力をしてる私です(笑
[2010/02/11 12:15] URL | あじあの☆遠征中 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/512-2e8ea700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY