アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ チャン島への基点の町 トラート-2

2010年 2月7日

バンコクから約385kmに位置するトラート

タイ湾最大の島で、リゾートアイランドのチャン島へのゲートの役割もしている

2009-10a

トラートの街は、そのチャン島へ向かう人、またはカンボジアと隣接してるのでタイへ入って来た人

その逆にカンボジアへ抜けるツーリストなどがトランジットのため滞在したり

目的地へ急ぐ者には通過地点または起点としての役割の街であったりもする

2009-10a

私たちはバンコクをAM11時に出発してトラートに着いたのがPM4:35なので

バスステーションからチャン島へのフェリーが出てる港へ直接ソンテウで向かい

その日のうちにチャン島へ行けたのだが、急ぐ旅ではないのと、ゲートとしての

街を見てみたい好奇心から1泊することに決め、わずかの滞在時間で見てまわった

トラートの街をここでは紹介する。

2009-10a

トラートの中心地スクムビット通り、中心といっても、ほんの一角ですが

歩いて廻れる小さな街で街路樹が整備されいて、とても分かりやすい街だ

2009-10a

トラート内を走るピックアップトラックは市場前に集結していて時おり声をかけてくる

市場は朝の5時から賑やで客であふれて、朝食は市場で中華の揚げパンを買って屋台でコーヒーだ

2009-10a

ここの市場は、なかなかの活気で関係の無いツーリストであってもなかなか興味深いものである

2009-10a

2009-10a

おかずを扱っている露店がずらーっと一本道に並ぶ通り、ありとあらゆるものが売られていた

2009-10a

午前中は市場で賑わい、昼から夜にかけ食べ物の屋台街になる

ビールなど飲み物は専門店があるので、あらかじめそこで仕入れておくか

屋台によっては調達して来てくれる

2009-10a

私たちは市場のおかず屋台でビールのあてになるような物を買って持ち込み

飲み物の専門店のテーブルでつまみ、その後、旨そうな屋台へ移動し夕食とした。




次回はチャン島へのアプローチを紹介します。



ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/514-5c61285e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。