アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ チャン島 レンタルバイクで島1周

2010年 2月12日

ここチャン島での一般的な移動手段はピックアップ・トラックの荷台を

人が座れるように改造したタイ本土ではお馴染みのソンテウという乗り物が

幅を利かせていて島を訪れたゲストは、ごく普通に利用しているようだが・・・


2009-10a


地図はクリックすると拡大されます


なかなかちょっとした曲者であって、例えば極端だが、たった数百メートルの距離であっても

最低運賃の50Bを請求される。(乗り合いで安いソンテウはほとんど見かけない)

島の取り決めにもよるのだろうがバイクタクシーという乗り物が表立って存在しないため

このような料金体制がまかりとおるようだ まあ離島なんでいかし方にのだろう

かと言って日中の炎天下に一度歩いてはみたものの周りから物珍しそうに見られた次第だ

2009-10a

滞在してるメインのビーチは人が多いので、となり街のビーチへ出掛けるにも

50B・・・ 私たちは二人なんで100B・・ 往復すると200B・・

レンタルバイクは1日、200B・・ わずか10分の隣のビーチへ泳ぎに行くにも

二人で往復すると、レンタルバイクを借りるのと同額になってしまう

ガソリンは1リットル 40B(島値段)バイクはHONDA クリック 110cc AT

ぞくに言う、タイ女子学生3ケツ仕様、ご用達バイクだ

2009-10a

カイベービーチ周辺は、まだネイティブな宿も存在する 当然、ビーチも空いているが

ヨーロピアンのグループが大多数で盛り上がってるので空気の読めない振りをするか

もしくは、二人以上で滞在でないと居心地が悪いかも

2009-10a

起伏のある島の周回道路はレンタルチャリンコでは辛そうかも

2009-10a

画像は、島を南下している途中、走っていて見つけたパーキングの展望台からの眺め

椰子の木が適当に茂り、こじんまりした無人島が目の前にある

2009-10a

チャン島で最も静かなビーチと言われているロンリービーチ

ここもヨーロピアンの若いグループが盛り上がっており日本人との乗りの違いが伺える

2009-10a

Bang Bao方面に向け走ると出くわす道路沿いの典型的な街並み

道路は狭く、店もローカルだが開発はそんなに進んでなく雰囲気は良い

パッカー好みの、ひじょうにベーシックな宿も存在する

2009-10a

途中から道は狭くなり、アップダウンの激しい所を通り抜け Bang Baoに着くと

静まり返った寺院が目に入り行くあても無いので寄って道中の安全を祈る

お参り後、まだ先へ進むと途中、道が狭くなるがバイクなら大丈夫だろうと

思い直進するが、なんとコチャングランドラグーナリゾートの入口に差し掛かり

そこに警備員がいててゲートが閉じられていた 入ってよいか尋ねると

ゲート内に入るにあたり150Bもエントリフィを支払えとぬかす

仕方が無い、Uターンして戻ることにした

どうやらチャン島の一周道路は、まだ2010年2月現在、未完成のようだった



次回は

Uターンして戻る途中に静かなビーチが目にとまり寄り道することに



ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/518-85e47263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。