FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


タイ チャン島 バンパオ湾(Ao Bang Bao)の静かなビーチ5

2010年 2月12日

前回はレンタルバイクで島を反時計回り(西海岸)南下しBang baoの先へ

参ったもののリゾートの入り口ゲートが現れ先へ進むことが出来ず

島を1周するというもくろみは、みごと果たせなかった


2009-10a


地図はクリックすると拡大されます

仕方なくUターンし、もと来た道を引き返していたがここまでの道中で人影もまばらな

静かなビーチが走行中に見えたのを思い出し寄り道することにした

Bang Bao地区とは、前回に紹介した離島へのオプショナルツアーの船が発着する港街だ

2009-10a

島の周回道路を走行中に見えたバンパオ湾(Ao Bang Bao)のビーチだ

普通のゲストは、オプショナルツアーの船が発着するここより数百メートル手前の

Bang bao の港方面に右折れするので観光客はビーチを目にすることは無いようで

滞在しているホワイト・ビーチと打って変わって静かで人影もまばらだ

2009-10a

正直、透明度は自慢できるものではないがビーチの砂が細かく心地よい

なによりも滞在しているホワイトビーチの混み具合とは比べようになく空いている

2009-10a

到着した時間は既にAM11時をまわっていたが、ごらんの空きようだ

ビーチチエアも置いてあるし今日は、ここでツーリングを中断し

さっそく椅子を借りビーチで日光浴に切り替えた

2009-10a

ビーチにはBARのような母屋があり、そこでビールなり食事の注文なり可能だが

一声かければビーチチェアーまで、おかまちゃんが運んで来てくれる

2009-10a

白人ご用達の某ガイドブックには記載されてるのか途中で数人、現れたが

極東アジア勢の姿は、最後まで私たちだけだった

2009-10a

チャン島、全体で言えるようだがビーチは遠浅で午後からは更に潮が引いて来る

2009-10a

帰りは、ジモピーを見習い上半身裸にノーヘルで一路、滞在先のホワイトビーチまで戻った


ここまでの路線のソンテウは走ってないのでチャーターになっちゃうので往復300B~ 以上

言われそうなんでレンタルバイクの方が安くつきそうだ、それに帰りの足を心配しなくてもよい





次回は、今回のビーチへ寄り道したため周れなかった

チャン島、東海岸へ宿調査も兼ねバイクを走らせます。



ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/519-658feea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY