FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


タイ チャン島 東海岸 ゲストハウス調査 レンタルバイクで走破 6

2010年 2月13日

チャン島はタイの東の端、カンボジアとの国境に近いトラートの沖にある大きな島で

バンコックからバスなどの公共機関で7-8時間で参れるという比較的近い距離にあるのと

カンボジア国境とも近いこともあり、カンボジアへ行く途中や帰りにここを訪れる旅人も多い


2009-10a


地図はクリックすると拡大されます


前回はホテルやレストランが多く集まる西海岸をレンタルバイクで反時計回りで

南下して島を1周出来ないかと先に進んだが、2010年 2月現在では島を

1周出来る道路は未完成断念し、もと来た道を引返す途中で静かなビーチに寄り道し

前回はそこで中断 今回は、西海岸の賑やかさを裏肌に開発の進んでいない東海岸へと

ゲストハウス調査も兼ねて再びバイクを走らせた。

2009-10a

滞在しているホワイトビーチ(サイカオ地区)からフェリーの発着する港のある

東向きに走ると峠の麓に展望が開けた一角があり、そこから見たホワイトビーチ

(サイカオ地区) 道路に立ち上がる煙は、おりしも今日はチャイニーズ New Year で

朝から厄除けの爆竹をけたたましく鳴らしていた。

2009-10a

展望台の近くにはチャイニーズ寺院があり初詣がてら寄ってみたら爆竹の嵐で

火薬の多い爆竹の迫力にびびるが中国寺院はお金仕事の神様、ご利益大! ですよ~

2009-10a

峠を下った地区に少し商店などが密集している地域がありガソリン補給をした

1リットル 40B、今回のバイクも前回と同様のHONDA クリック 110 AT

2009-10a

本土との間を行き来してるフェリー乗り場から少し走ると

程よい大きさのビーチが見えて来たが本土との狭間のためか透明度は良くなく

立地も悪いのかゲストハウスは見あたらない ビーチで遊んでる人の姿も無かった

2009-10a

東海岸の南部の村にひっそりと佇んでいたサラクペット寺院

修復工事中のようだが人影も見当たらず、寂れていた

2009-10a

サラペット寺院の敷地内に鎮座していた謎の球形をした物体

ご利益があるのは間違いないようだが謎のまま寺院を後にした。

2009-10a

寺院から先が不可解な道が多く、迷ったあげく出くわしたマリーナで暫しの休憩

マリーナ併設のウエスタンレストランも有ったが値段は高め

2009-10a

マリーナの敷地にはプールや宿泊施設を見かけたのでオーナーを捜し求め声を掛ける

施設の名称は Kho Cang Marina&Resort

掃除が行き届いた清潔なコテージも有り料金を確かめると

AC TV HOTシャワー ブレックファースト プールが付いて 1泊 1650B 4620円

2泊 1350B 3780円 4泊 700B 1960円 1Week 1泊 500B 1400円

1週間の滞在なら超お得な料金を示してくれた

2009-10a

そろそろお腹も空いてきたのでサラペットの水上レストランへ向かい

ランチタイムとする例によって、おかまのウエィターが迎えてくれた

2009-10a

ここでは当然シーフードが売りのレストランでカニがお勧めらしく注文する

バイクで参上してビアチャンはご法度だろうが島では酔っぱらわない範囲なら

OKらしく、ありがたく頂くことに



次回は、ここの水上レストランには別棟にコテージが建ってるらしく室内も含め紹介します。


ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/520-77ec2850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY