アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チャン島 東海岸 レンタルバイク サラペット地区 ゲストハウス 7

2010年 2月13日

チャーン島では公共バス、メータータクシー、トゥクトゥク、バイクタクシーさえ存在せず

チープに島を満喫するならレンタルバイクは大いに役立ちます

昨日の南海岸に続き、東海岸のツーリングも見所が多く、あれこれ寄り道してるあいだに

昼も過ぎたので Sala Phet Seafood で昼食をとっているとこ洒落たバンガローが目に入った


2009-10a


地図はクリックすると拡大されます


レストランにあったパンフレットに目を通すとSalakphet seafood & resortと書かれている

どうやらここは海鮮レストラン以外に宿泊施設もあるようなんで

食後、スタッフに頼み部屋の中を見せてもらった

2009-10a

ここの部屋の形態は長屋タイプからビラと呼べそうな高級そうなタイプまで

ここ Sala Phet Sea 地区はチャン島のなかでも人気の無い東海岸にあり

2009-10a

しかもアクセスの悪い僻地に位置するため周りに商店などは少なく

滞在中は、宿専用のボートなどで白い砂浜のあるラオヤ島

などでリラックス&スノーケリングと宿がアレンジしてくれる

2009-10a

コテージエリアのすぐ横に海鮮レストランの棟が浮かんでいる

2009-10a

長屋タイプの一般向けルーム

air, TV, hot shower, Refrigerator and restroom 1900~2500B 5320~7000円

2009-10a

ビラと呼べそうな高級なタイプ

air, TV, hot shower, Jacuzzi, Refrigerator and restroom

3900~4900B 10900~13700円

2009-10a

ビラタイプの部屋にはジャグジーバスも備えていた

↓ Web サイトです。↓

Salakphet seafood & resort

バンガローの隣はスパリゾートとなっていたが

一般向けのチープなマッサージも選択できるようだ

2009-10a

チャーン島東部~最南端の僻地、サラベット湾であるが、ここのSala Phet Seafoodは

本土からのタイ人のグルメなグループでいっぱいに成ることが有り予約も要する時も

あるそうだが、今日はレストラン・スパとも空いていた

2009-10a

2009-10a

最近は島へのアクセスも便利になりつつあるが

その分、人も押し寄せ賑やかな島になって来ている


この後、来た道を戻ってると枝分かれした道に、ロングビーチと書かれた

小さなサインボードがあり興味深々・・ またまた寄り道したところ

なんと20年前のサムイ島の面影を残したネイティブなホワイトビーチに出くわす

ひじょうにベーシックだがバンガローもある、ビーチフロント宿泊も可能だ



ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/521-f3c45085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。