FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


10<<  2019.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


タイ チャン島からパタヤに寄り道 1

2010年 2月14日

チャン島生活の後半に、静かなロングビーチに出会えてもう少し島に滞在したい気持ちも

あったが、なにぶん長期旅行者には生活費が島価格なのが辛く先へ移動することにした


2009-10a


地図はクリックすると拡大されます


島からは往路と同様にフェリー&ソンテウ(乗り合いトラック)でトラートに戻り

そこからバンコク行きのバスで一気に戻れるのだが、今回のタイ訪問では

行きそびれていた街を数珠繋ぎ~っての目的で巡ってるので

それならついでと もうひとつ行きそびれていた街のひとつである

親父の町、親父の故郷であるパタヤに途中下車することにした

2009-10a

9:00にチェックアウト後、宿の前で港までのソンテウを拾う 荷台は他の乗客で満員なのに

島規定の50B 140円は理不尽だフェリー乗り場でパタヤまでの乗り継ぎオール込みの

ジョイントチケットを1人 350B 980円で買ってフェリーに乗り込む

2009-10a

行きは1時間の航路だったが帰りは30分で対岸に到着したが港は行きの

センターポイント船着場とは違いトラートの街から1番離れている港だった

ここからは迎えのソンテウでトラートのバスステーションに向かうはずだったが・・・

2009-10a

ソンテウはバスステーションに向かうと思えばフェリーが街から離れた港だったので

トラートの街まで遠いので行かず途中の名も解らない街のバススタンドで降ろされる

で・・・ 次のパタヤ方面行きのバスはと言えば2時間後らしい

2009-10a

2時間、待ったあげく12時20分に乗車したバスは満員で座席は全て埋まっており

1時間近く立ったままで移動、おまけに途中に客を拾ってり降ろしたりのスロー運転


(画像下)17:05 バスはサウスパタヤロードに差し掛かったのであらかじめネットで

チェック済みだったので下車するが、チェックした人のブログ同様に歩いてパタヤ2st通りまで

重たいバックパックを背負いながら歩くこと小1時間、汗だくだ・・・・

後日、そのブログ人を読み返すと我々よりひと回り以上も若いパッカーだった

2009-10a

今回の旅でマレーシア・ペナンに訪れた際に知り合った私と同年代の旅人

(通称タクシン)さんに紹介してもらい親切に地図まで頂戴したパタヤの宿で

ラッキーGH 立地条件も申し分なくコストパフォーマンスにも文句なしの宿だった。

AC(大部屋)600B AC(小部屋)500B ファン 300B

画像は宿のオーナーなのか1階のカウンター??にいてる元気なおばちゃん

ハイシーズンの、この季節は相方希望のAC部屋が1泊しか空いておらず

次の日は再度、部屋探しなのが残念だった。

2009-10a

街の広場に出てみると、チャイニーズNew Yearの催しが行われ観光客でいっぱいだ

明日からは予約でAC部屋も空いてないのがこの時に理解できた

2009-10a

パタヤで最も賑わうウォーキングストリートではおりしも今日は

バレンタインDAY 飲み屋の小姐が呼び込みに励んでいる

2009-10a

今日はチャン島からの乗り継ぎなどでひじょうに疲れたので撮影を早めに済ませ

宿へ戻ることに 途中に正統派のマッサージ屋さんがあったので入るが

そこはラッキーだったのかアンラッキーだったのかはブログに書けないw

店の画像だけでも1枚、次回に載せておこう



次回は、私が日本で所属してるダイビング娯楽部のぷっすん中年隊、隊長・港支部長も

数年前に訪れた通称、お下品通り(Soi ダイヤモンド)を動画撮影したりを紹介します



ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/523-4aad48fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY