FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


サルが街を占領しかけたタイ ロッブリーの街 1

2010年 2月23日

相方が昨夜、帰国し娘が職場復帰のためカンチャナブリヘ戻っての一夜明けてのバンコク

私はと言うと前回のブログで、ご承知のように朝からバフラット市場のシーク寺に

片道30分以上、歩いてのドネーション&インド飯を頂きついでの撮影をこなした後

いったん宿へ戻りチェツクアウトを済ませ、お借りした(仏様なんで買ったとは言わない)

お守りのケースを新調しに王宮界隈に出向いたのちバンコクから北へ150キロの地

プラクルアン(タイのお守り)出土でも有名なロブッリーへ路線バスで向かうことにした。


2009-10a


ロッブリー県はアンコール・ワットで有名なクメール帝国支配下の中、タイ側の重要拠点として

発展した都市です。市内では12-13世紀頃の遺跡が多数見られる

2009-10a



まずはカオサンから北バスターミナル(モチット・マイ)へ

オレンジ3番ACバスで1時間 14:55発~15:50着 20B





16:20発 サラッブリー経由ロッブリー行きです。98B

このバスが曲者で乗客数人で出発したと思えば、そこらじゅうで客を探し・拾い

時間の掛かること受け合い、わずか150キロ先のロッブリーに着いたのは

19:50分で周りは真っ暗、右も左もわからん

2009-10a

バスターミナルは3キロほど離れた新市街のロータリー付近にあり時間も早ければ

そこから旧市街までは市バスで簡単にアクセス出来るらしいが見当たらない

私はと言うとジモピーが助け舟をだしてくれモトサイ(バイタク)と交渉で

ジモピー価格の20Bでラマ・プラザホテルの玄関まで届けてくれた(楽ちん)

2009-10a

ここラマ・プラザホテルは旅社様式で部屋は広く屋根も高くひろびろ

おまけにTV・冷蔵庫・飲料水2本に、シャンプー&リンス

ベットシーツ・バスタオル毎日交換してくれる

お代は1泊 240B

一番、助かったのはwi-fi野良電波が拾えたこと ちなみにSSD-iD Yakult

あくる日に外出する際に隣の建物を覗いたらヤクルトの会社だったw

2009-10a

街のシンボルは遺跡とサルです

道路を横断するサル軍団ですが皆さん、慣れたもので、あまり気にされていません。

2009-10a

もともとタイでは猿は神様のお使いという考えがあるにしても我がまま放題のサルたち

2009-10a

犬猿の仲と思いきゃ 共存共栄の仲でした。

これは例外で、サルのテリトリーでは喧嘩ばっかりやっていて楽しめましたよ

2009-10a

サルに占領された廃墟のビル

下を歩くときは鳥の糞ならずサルの小便に注意です

2009-10a

南はバンコク、北はチェンマイ タイ国鉄のロッブリー駅のシンボルもやはりサルでした。

この街、ひとつ注意が必要なのはサル除けなのか野良犬がめっちゃ多いです

お寺に便所を借りに行った際など吠えまくられ用も足せず退散したくらいです





次回は遺跡めぐりも含めプラクルアンのコレクターを訪ねたりの街ぶらの様子です。


ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます



関連記事


コメント

あじあの☆さん、いつも楽しく見ています。ロッブリーの駅には、猿のモニュメントなつかしいです。私も以前、駅前の旅社に泊まりました。私は、エイズホスピスのあるお寺へ行くためでした。
いいお部屋が借りられてよかったですね。旅社は大型扇風機と天井が高くて暑さをしのげてよろしい塩梅ですね。
[2010/03/05 20:00] URL | 針生 あつし #- [ 編集 ]


針生さんコメントありがとう御座います。

日本の建物でも昔の間取りは広くとってあるのと同様に昔からの旅社は広くて

天井も高く快適ですね。バンコク滞在中も中華街の旅社派なのですが

どうしてもバス路線が確保されてるカオサンに最近は足が向いてしまいます。
[2010/03/07 12:18] URL | あじあの☆遠征中 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/529-ce800548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY