アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ 東部 国境・チョンメックから陸路ラオス・ワンタオに抜けてパクセに

2010年 3月3日


2009-10a

地図はクリックすると拡大されます


マレーシアのペナンで取ったタイのLビザ(2ヶ月滞在許可)が

あと3日残っていたのでウボンで2~3日いてようか思っていたが

旅社の部屋が暑くて寝苦しく早々に引き払い今日にでもタイを出国し

ラオスへ入国することにした。(宿をケチったばかりの過ちでした)

2009-10a

7:00にチェツクアウト後、前の通りに待機していたトゥクトゥクの

ドライバーに、ここから15分程度のワーリン市場までの料金を尋ねると

50B 140円と意外にまともな値段がかえって来たのだが時間もあることだし

大通りの橋のたもとまで歩き流しのソンテウを拾ってタイ・ラオス国境手前の村・町??

ピブンまでのバス乗り場へ向かう 10B 28円


画像は国境付近へ向かうソンテウが発着しているワーリン市場

地元民のローカルな台所って塩梅で面白そうだ。(やはりもう一泊すべきだ)

2009-10a

7:30分に出たのは当初、大型バスだとガイドブックには記載されていたが

この時間帯は客も少ないからか窮屈な大型ソンテウだったが助手席を

確保できたので眺めも良くて快適だ 35B 98円


国境沿いだけに不法入国のチェツクか、そこらじゅうで検問がしかれ

パスポートの提示を求められた。途中、居眠り僧侶が乗車して来て隣に座り

寄り抱えられて狭くなる ピブン・マサハーン着 8:25分

2009-10a

ピブン・マサハーンからは国境のチョンメックまで向かうソンテウが待機しており

8:40に出た タイ・ラオス国境のチョンメックには10:00着 40B 110円

ここから国境までは10分くらいなんで歩いて向かう

2009-10a

国境付近の商店は興味のあるキナ臭い品物も売られていたが

既にタイ・バーツは底をついてるし見るだけに終わる

撮影後、カメラはダメだと怒鳴られた こらぁ 出所が怪しいに違いない

2009-10a

タイ側の国境建物、隣国に自国のちからを見せびらかすかのようにラオス側に比べ

立派な建物になっていた。 タイ側・イミグレーション内、物資などを運ぶドライバーは

ここを使わないのか並んでる人はいなくいたってスムーズな出国であった

2009-10a

ラオス側のイミグレーションへ入国手続きに向かう道だが、一応フェンスはあるようだが

パスポートを持たないラオス人の買い物・売り物客で自由に行き来している姿も多かった



ラオス側・ワンタオのイミグレーション 土・日・祝日はいくらか請求されると聞いていたが

平日の今日も不可解な金額を請求された 本来、この越境には国際バスを利用する人が多く

私は時間が有るのと地元民と肩ふれあいたかったので個人で参り越境したが

果たして国際バスで通過するグループの外国人もワイロのような不明金の請求が有るのか

気になるところだ 今回は係官のポケットに入っただけなんだろうな~

2009-10a



国境を通過後、ここワンタオから一番近いラオス南部のパクセまでラオスの通貨を

持ち合わせてないので、乗り合いバスで2ドルも取られた(バーツなら100B・280円)

ワンタオ発 10:50分 ラオス入国後、乗り合いバスは赤茶けた土埃を撒き散らしながら

猛スピードで駆け抜け、パクセ Daoheuang マーケットに11:30着



ここで待ち構えていたバイタクに乗り換えさせられパクセ市内のゲスト・ハウスが集まってる

エリアへ連携プレーのごとく連れていかれた、もちろん別途金(バイタク・40B・110円)



ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます




関連記事


コメント
貴方は何故に
旅をするのですか?
しかし、頑張って下さいとしか言い様がありません。
[2010/03/13 13:44] URL | hige #QtmX4new [ 編集 ]


ホスト:EAT○☆-410p101.ppp△5.odn.ne.jp ことhigeさん

コメント有難う御座います。


取りあえずは暖かくなるまで、外こもりですかね

もう少し、何らかのお便り文を書いて欲しかったです
[2010/03/14 10:19] URL | あじあの☆遠征中 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/535-4e640c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。