アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラオス 南部 パクセー

2010年 3月3~4日


2009-10a

地図はクリックすると拡大されます


ここパクセは、しいて見所などなさそうと日本のガイドブックで紹介されているが

ラオス南部の旅の休息地・またはラオスで2番目に世界遺産登録されたwat phu などの

観光の基点になるのかツーリストの姿が不釣合いなぐらい目立った

街では欧米人のカップルがレンタルバイクで走り抜けて行く姿も見られ

きっと欧米人、ご用達のガイドブックには日本のガイドブックでは紹介されていない

名所など有るのだろうか・・・


いずれにしろ何はともあれ宿を見つけるのが先決である

2009-10a

宿はガイドブックに素直に従いThaluang GH

スタッフもフレンドリーで暇つぶしにもなった

ツイン 60000K 700円 シングルAC 60000K 700円と

ラオス南部の田舎にしては少々高め

為替1円→85K(ラオスキップ)

1万円→850000K なんで表示価格を85で÷と換算出来ることになる

2009-10a

1軒家のような宿で部屋は中庭に面し緑も多く良かったのだが

パクセの気温が夜になっても下がらず、おまけにウエットなんで寝付けなかった

シングルベットだが同料金のAC部屋は人気が有るのか予約で満室だ

ここの近くの人気宿 サバイディ2など部屋が空いてる時など、まれなくらいだそうだ

2009-10a

Daoheuang マーケット

2009-10a

ラオスに入国後、初の食事は市場で獲たいの知れん各パーツが入った麺を頂く

2009-10a

パクセ市内の大通り 銀行・ATMなども数軒、存在した

ローカルな市場のダーオファン市場まではバイタクで5000K 58円

2009-10a

一歩、横道にそれると地元の生活が垣間、見られる

もう一泊しようかな~って思える瞬間だ

2009-10a

数少ないがフランス植民地時代の名残であるコロニアル風の建物も残っていた

2009-10a

これと言った見所の少なそうなパクセーの街

私のルートどりとは逆にカンボジアから抜けて来てコーン(グ)チャンパサックなど

僻地?で滞在して来た者にとってはオアシスになるのかもしれない



予想通りあくる日も同料金で泊まれるAC部屋の空きがなく

2日滞在の予定を繰り上げwat phu シーパンドン(4000島)へ参るため

チャンパサックの村へと移動することにした。



ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/536-3bba6147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。