FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ラオス 南部 チャンパサック 2

2010年 3月4日~9日


2009-10a


地図はクリックすると拡大されます


ラオス南部、パクセーから地元の買出し客と肩ふれあいソンテウに揺られメコン川を渡り

いよいよ wat phu が間近かにひかえるチャンパサックの村へとやって来ました

2009-10a

対岸まではわずかな船旅だったが商魂たくましい子供の売り子やら

二重にフェリー代金を請求してくる輩を一喝したりと、なかなか楽しめた

2009-10a

フェリーでメコン川を渡った地点が既にチャンパサックの村?らしく

ここから2キロほど走り予め指定しておいたGH前で降ろしてもらう

ここでの宿はサイトーン・ゲストハウス

画像は宿の付近ですが、な~んにも無い あるのはメコン川だけ

逆にそれが疲れた身体を癒してくれ、これだけで十分であった

それにインドシナでは1~2を争う旨いビール(ビア・ラオ)これだけで満足です

2009-10a

メコン川に飽きたら宿の前に設置してある椅子に座ってるとよう様な物売りが

通り過ぎていく ってことで人間観察の時間です

2009-10a

暫くするとメコン川で採れた魚を持った女の子が・・・

これって私が中学の時に夢中になっていた熱帯魚飼育で飼っていた

スポテッド・ナイルフィッシュじゃないの~

当時、親のポケットから、くすねたお金と自分の貯金をはたき購入した覚えが

けっこう高価な魚でしたが ここでは美味しく重宝してる食用魚だそうです

2009-10a

サイトーンGH

Fan 水シャワー トイレ付き 1泊なら28000K 330円だが

長居したので1泊 20000K 235円に値切る (関西風の挨拶なんですw)

2009-10a

この辺りの宿でのお約束なのかメコン川を眺めれるレストランが併設されている

しかし値段は高く、選択技が少ないのが欠点でもある

同じ旅仲間が言ってたようにラオス人は外食しないので、毎度のチープな食事選択に困った

お金に気にせず、レストランで頂ける身分の人には関係が無い話なんですがね

2009-10a

宿の眼下に悠々と流れる大河メコンを眺めつつのビア・ラオ 余計なものは要りません



訪れたことのある方には変人かと思われそうだが

wat phu の見学も終われば、他にすることも無い村?街?

なんとなく居心地が良く、しばらく滞在することを宿のオーナーに伝えた




ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/538-f821a8eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY