FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


11<<  2019.12 >>01
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ラオス南部 メコン川の中州に出来た村 シーパンドン デッド島 コーン島 2

2010年 3月10日


2009-10a


地図はクリックすると拡大されます


メコン川はラオスの最南部(カンボジアとの国境に近い場所)では

川幅が一挙に14kmにも広がり、この流域に大小多数の島々が散らばる。

そこで、この地域はシーパン・ドン(4千の島)と呼ばれている

2009-10a

宿をとってるベースキャンプはドン・デッド(デッド島)にあり

今日はレンタル自転車で隣のドン・コーン(コーン島)へ出かけた。

2009-10a

滞在しているデッド島からコーン島へは自転車で未舗装の周回道路を約30~40分

のろのろとパンクを気にしながら向かいます雨季の田植えのシーズンなら田園風景の中を

2009-10a

走るので緑が多く気持ちが良いだろうが乾季のこの時期は土埃が吹き

荒れ田んぼは枯れ果て喉はからからで疲れ果てた頃、コーン島と結ばれてる

コンクリートの橋に辿り着きます。

2009-10a

ドン・コーン(コーン島)もバックパッカー向けの宿がたくさん有ります。

宿全体のグレードはドン・コーン(コーン島)の方が良さそうな気がします

ただ川遊びは、藻が多く見られ、もひとつオススメ出来ないかも

2009-10a

フランスの植民地時代の1924年に、コーン島とデット島を結ぶ鉄道が建設された。

2009-10a

この鉄道はラオスからフランスへ金を輸送する際に主に利用されていたそうだ

2009-10a

ゲストハウスなどの宿泊施設は、バンガロー型で

家族経営されているものが現在は一般的である

2009-10a

底辺は2万Kの宿が見つかったが部屋には扇風機も無く遠慮したくなる佇まいであった

2009-10a

ソンパミットの滝

シーパンドンにはソンパミットの滝とコーンパペーンの滝がある

ここは規模の小さいほうの滝でドン・デッドに滞在中は誰でも訪れることが可能だ

しかも、お金も掛かりません レンタル自転車は、1日 1万K120円

2009-10a

ソンパミットの滝周辺は、公園のようになっており、のんびりできます。

また中洲にあることから、車両が入ることができないため

タイ人などのツアー客は島所有の専用の車で訪れるだけなんで

なかなかの景観にも関わらず観光客が少ないです。


ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます (1)




関連記事


コメント
ラオスのアルコール事情
いつも楽しく拝見してます。

私も昨年の年末、ウボン・パクセー・シーパンドン・チャンパサック・ビエンチャン・ノンカイと旅行しましたので、記憶に新しい風景です。

チャンパサックのフェリーで、お粥を食べたのですが、5000K。

よく見ると、地元の人は3000k。でも腹が立たないんですよね。

なんとなくラオスなら許せちゃう。ベトナムなら不愉快極まりないけど。

もっとも、ラオスの人と普通に喋れるタイ人旅行者も5000kでした。

さて、いつもビール飲んでらっしゃるけど、酔えます?。

私は、強い酒が好きなのでビールだけでは苦しいのです。

バリ島では密造「アラック」も買いましたが、工業用アルっぽい味に、

二口ほどで、捨てました。後に、ニュース(2009.6.)で、

「バリ島で、密造地酒を飲んで欧米人を含む計25人が死亡」 ゲッ!!

ラオスでは、国境の免税店の600円の安ウイスキー(一応スコッチ)

を、ちびちび飲んでましたが、3日ほどでなくなり、後がない。

ラオス国内では、タイ製のウィスキーでさえバカ高い。

仕方なくビールでごまかしていました。

地元の人は、何飲んでるのだろう?って思ってたら、

パクセーのスーパーでようやく発見。ラオラオっていうのかな。

原料も味も、全く「泡盛」そっくり。640ml(40%)7000k。80円弱。

パクセー・ビエンチャンとずっとこの酒で過ごしました。

もし、まだラオスにいらっしゃるなら、どうでしょう。





たい






[2010/03/20 18:57] URL | ham #JalddpaA [ 編集 ]


hamさん、はじめましてコメントありがとう御座います。

>私も昨年の年末、旅行しましたので、記憶に新しい風景です。
>地元の人は3000k。でも腹が立たないんですよね。
>なんとなくラオスなら許せちゃう。ベトナムなら不愉快極まりないけど。

ベトナムだったら2~3倍は可愛いもので公共のバスなんて5倍もボラレた経験がありますよ

皆さん多少はボラレてるんでしょうが気づいてないのも多いのでしょうね
日本のパック旅行者なんぞPHOに2ドル出して安いを連呼していたぐらいです

>さて、いつもビール飲んでらっしゃるけど、酔えます?。

歳のせいで以前より酒が弱くなったのと滞在してる部屋の環境にもよりますが
ファンルームの蒸し暑い部屋の時は、けっこう控えてる我慢してるのが現状ですね

>バリ島では密造「アラック」も買いましたが、
>工業用アルっぽい味に 「バリ島で、密造地酒を飲んで欧米人を含む計25人が死亡」

私もその昔、中国の大理で安物の白酒を買い部屋でちびりちびり飲ってましたら
夜中に発熱・悪寒、身体から汗が吹き出すのに寒くて仕方なく毛布をかぶり
朝まで耐えた経験があるので気をつけています

>地元の人は、何飲んでるのだろう?って思ってたら、 パクセーのスーパーでようやく発見。
>ラオラオっていうのかな。 原料も味も、全く「泡盛」そっくり。

ラオラオは私もお気に入りで大好きなんですが先に書きましたように
寝苦しい環境の部屋に滞在した時はビールで我慢しています

沖縄の泡盛と原料は同じもち米(カオニャ)なので馴染みはあって大好きです
市販も良いですが農家の人が自家製造で作るラオラオ
必ず村に1~2軒は名人のような人がいてまして

その辺の事情は村人の飲兵衛が教えてくれます
今回もチャンパサックでも出会えましたコーラ瓶売りで1本 1000Kでしたよ

日本に持って帰ると白濁りして味が落ちるのが残念です。
[2010/03/21 20:08] URL | あじあの☆遠征中 #tefX1ZkU [ 編集 ]

Re: 釈迦に説法でしたね。恥ずかしい。
hamさん、季節のお便りありがとう御座います。

> 高津宮北側の公園の梅も散りました。
> 高津宮南側の桜が、そろそろ開花しそうです

高津宮へは我が家から自転車で時おり空堀商店街の下り道にある魚屋へ
刺身を買いに参る際に寄り道したりする時がありますよ

ここ数年、梅も桜もケーブルTVで拝見する程度になっちゃいました。



[2010/03/24 09:28] URL | あじあの☆遠征中 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/542-a8977ab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY