FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ラオス国境 ブンカムからカンボジア国境、ストゥントゥレンを抜けプノンペンへ

2010年 3月12日

今までラオスと言えばビエンチャンから上の地域(中北部)を幾度となしに旅してきたが

今回は初めての南部地域、タイから越境して到着したパクセ以降は街らしい賑やかさは皆無で

メコン川に田園風景やらでじゅうぶんにリラックスさせてもらった


2009-10a


都会育ちの悲しい性とも言えるのか、そろそろ街で味わえる快適な空間も恋しくなり

シーパンドン(ドンデッド)を最後にラオスともお別れし前日に購入した

国際バスのチケット(12ドル)でカンボジアの首都、プノンペンへ参ることにした

ドンデット→(船)ナカサン→(車)ブンカーム→(車)ストゥントゥレン→(車)プノンペン



2009-10a

ドンデットで購入したプノンペンまでのチケット(11ドル・11万K)は

島のGH街の外れ、通称ビーチと呼ばれるメコン川の船着場で定員いっぱいで

今にも沈みそうな環境のなか対岸の陸地、ナカサンへまずは向かう(8:00発)

最近の旅では以前と違い電子機器を多数持っての旅だけに気を使わされる


2009-10a

対岸の陸地、ナカサンからは9:00発、韓国製の中古バスで

ラオス・カンボジア国境のラオス側ブンカムへ

ラオス国境への道は羊が群になっていたりしてとってものどか。

上)

ラオス側のイミグレーションは板張りの小屋だ、ここでなんの説明も無く1ドル徴収される

国境越えルートはラオス側から下って来るのがヨーロッパ組のメインのルートみたいで

カンボジア側から上っていく人数よりずっと多い。



ラオス側、国境ゲートからカンボジア側を見たところ

ゲートをくぐり300メートルほど歩いてカンボジア側、ストゥントゥレンへ参るが

その前にヘルスチェツクやらで体温を測られ、再び1ドル徴収される

2009-10a

ラオス側(ブンカーム)カンボジア側(ストゥントゥレン)

今まで越えた国境の中でもっともほのぼのとしているかもしれない

上)

ラオス出国後、ヘルスチェックのある無国籍地帯からラオス側、イミグレを望む

下)

カンボジア側、イミグレも質素な建物だ、ここでもなんの説明も無く1ドル徴収される

バスの乗客すべての通関が終えるまでかなり待たされ

プノンペンまでは、VIPバスと銘うってチケットを売っていたのに

カンボジア側で待っている韓国製の中古バス

2009-10a

今回、両者のイミグレで支払った金額

@ラオス・イミグレ・ワイロ? 1ドル

@ヘルスチェツク 1ドル

@カンボジア・ビザ代 23ドル

@カンボジア・ワイロ? 1ドル

100kmを優に超える速度で7号線を猛然と飛ばし始める

2009-10a

周辺は農作地というよりほとんど原野

その中にたまに粗末な民家が建っている

タイもそうだがラオスと違ってカンボジアも土地は豊富だ。

15:15分 クラッチェ着

18:30分 シュムリップ行きのゲストがバスを乗り換えるため休憩

20:30分 プノンペン着

2009-10a

遅くにプノンペン入りのため数軒、満室で断られ辿り着いたのは

Prek Mean Lngech Mean GH

ファン・トイレ・シャワー・CVTV・歯ブラシ・石鹸つき 5ドル


部屋は通気性が悪く湿っぽく蒸し暑いのであくる日は宿を変えることに

まずは国際ホームレス仲間の師匠の

フィリピン 針生旅日記・管理人様

秘境 シャングリラ 俺の細道・管理人様

ブログで転載されていたゲストハウスへ空き部屋があるか偵察です。


ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます (1)




関連記事


コメント

こんにちわ、あじあの☆さん。

>国際ホームレス仲間の師匠の

いやや、笑いましたよ。とんでもありません、私が弟子ですわ。笑


現在 日本国内ホームレス労役組ですわ。笑

カンボジアでお楽しみください。

御気をつけて。


国際ホームレス認定1級資格者 針生 あつし 笑
[2010/03/22 19:21] URL | 針生 あつし #- [ 編集 ]


針生さん、いつもコメントありがとうです。

プノンペンでは、だいたいオルセイの屋台村で夕食してます

ガーリックライスの上に豚肉と青菜をそえたのとアンコールビール

帰りがけにフルーツシェイクを持ち帰るパターンが続いてます

今度、ご一緒したらナリン2の筋を南へ下ったところの鍋屋へいきましょう
[2010/03/23 20:20] URL | あじあの☆遠征中 #tefX1ZkU [ 編集 ]

国際ホームレス針生より。
あじあの☆さん、私の宣伝ありがとうございます。笑

いつも楽しく読んでおります。

ラオス南部からカンボジアへのルートは、私と同じでしたね。

写真を見ていて懐かしく思い出されます。

ありがとうございました。

現在 国内ホームレス中の針生より。笑
[2010/07/09 14:36] URL | 針生 あつし #- [ 編集 ]



>ラオス南部からカンボジアへのルートは
>私と同じでしたね。

道中にメコン川?沿いの町でクラチェで停車したでしょ

ここで1~2泊すれば良かったと悔やみました
[2010/07/10 06:55] URL | あじあの☆どっとJP #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/544-3ceb80b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY