FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


カンボジア プノンペン 食事・屋台 事情

2010年 3月16日

ラオスでは外食事情の悪さから、いやがうえにも高いツーリスト向けのレストランに

お世話になる機会が多かったが、ここに来て久しぶりに地元民が出入りする食堂

潔癖な母親が見たら気絶するような店で、数種類のおかずを選べる環境

本来の自分の旅の姿に回帰でき満足してるところです


2009-10a


2009-10a

朝はと言えばバケットサンドイッチをテイクアウトし、いつも幸薄そうなシクロのおっさんやら

チンピラ風のバイタクのドライバーでにぎわっている。ローカル向けのベトナムCafeに持ち込み

(日本の喫茶店なら出入り禁止行為)アイスコーヒーだけを注文し

前の通りを歩いてる日本では西成・萩の茶屋でしか出会えない、ひとり言を巧みにあやつる

素敵なキャラの叔父さんたちを観察しながらの優雅な朝食ですハイ


ちなみに40cm大のバケットサンド1本 3000R 72円 ハーフサイズ 1500R 36円

ベトナムコーヒー(アイス)・ベトナムティ(茶)付き1500R 36円

怪しいおっさんやらのショーも見れて、日本なら1000円払ってでも行きたい環境です

2009-10a

夜はと言いますと宿からも近いオルセーマーケット(闇市のような地元市場)

市場3階、テラスではポン中・廃人・居座りが多数在籍

2009-10a

その表玄関前に夕方から店開きする屋台で適当にみつくろってビールと共に食べるのが

日々繰り返しってとこですかね(ひとり身には居心地が良い)

2009-10a

時間が早い時はそこらじゅうで煙を上げてる屋台からなんの素材かも解らない

(いや知らない方が身のため)のような自家製ソーセージ1500R 36円を

ビールの肴としてテイクアウトしたり

2009-10a

いろいろな食のパーツ(日本では廃棄する部分)の内臓を取り揃えているバーベQ屋 で

テイクアウトしビールの飲める屋台へ移動してので宴です。

2009-10a

屋台街の中でも安さが由縁かいつも流行ってる屋台です

具たくさんの焼きソバやらガーリックライスの上におかずをチョイスしてのせてもらって

1皿 3000R 72円 アンコールビールも3000R 72円

合計6000R 150円も有れば満足できますよ

2009-10a

ここはフィリピンで言えばバロット

ベトナムで言えばホビロン 羽化しかけのアヒルの卵ですかね

皆さんお行儀が良いのが、この手に集まる客の特徴で地面いっぱいにゴミを

投げ捨てられる姿はなんとも男前で、思わずおまえらは親から何を教わってきたんだと

中国の旅と同様に、つっこみを入れたくなることうけあいです

2009-10a

さてこの屋台村ではゆっくりと食事が出来るかと言えばそうでもなく時おり現れる

小汚い物乞いやら、隣の椅子に置いたバックをすき有らばひったくってやろうと

考えてる輩やら毎晩、いろいろなエンターティナーが現れ飽きさせません

(決して自分を見失うほど飲んではいけません、手持ち品を見失う羽目になります)

2009-10a


2009-10a

なんだかんだ言っても毎晩、通ってる自分にとってはオアシスなんでしょうね

ここで暮らしてると次なる移動の地で、ぼったくりベトナムに

詣でるのが億劫になってきちゃいます




ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます (1)




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/547-e5a92e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY