アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カンボジア プノンペン 安宿事情 2

2010年 3月12~23日

訪れた国・その街が如何に長期旅行者に対応出来るかの判断はまずは宿が安くて快適であり

それにもろもろの物価が安く手持ちのお金でいかに長く居座れるかがバックパッカーや

長期滞在者・外こもりをはじめ国際ホームレスにとって重要なポイントだ


宿のスタッフが元忍者(鍵開け名人)・泥棒では困るけどね


2009-10a


そう言った条件に当てはまるプノンペン

少々、治安には問題が有るかも知れないが、考えようではその分、夜遊びなどが

控えられ財布にも健康にも優しいと解釈すれば良い訳だ・・・


東南アジアには大まかにわけて季節は、三つあると思うそれを振り分けると

まあまあ暑い・暑い・ものすごく暑いの三季ではなかろうか

現在、ものすごく暑いの到来である 寒いのも苦手だが暑いのも苦手とそんな

軟弱な私は2ドル追加でAC部屋の存在する宿に引っ越したのである

2009-10a

安宿がひしめきあってる、いわずと知れたプノンペンの伝説宿 キャピトルGH周辺

周辺を歩こうものならわずか10メートルの間でバイタクの勧誘、大麻・マリファナ

女・女・・・ぶんぶん←ハチではないw  ひっきりなしに声が掛かる

2009-10a

そんな安宿街でありバイクの交通量はひかれてもなんら不思議ではないくらい多い

宿によっては部屋にBGMがわりにバイクの騒音・演奏が聞きたくなくとも流れている

現在プノンペンでは底値に近い宿がこの環境の左隣に構える伝説的なキャピトルGH

ファンで2ドル・ACでも8ドルで泊まれる1階は世界の奇人変人の集うオアシスだ

2009-10a

交通量の終夜多い交差点に建つ本家キャピトルGHは煩そうなんで敬遠して

分家のキャピトル3に移動した(似たり寄ったりとの意見も有るが)

AC CATV Hotシャワー 歯ブラシ・石鹸 8ドル リエル払いだと32800


1階のレセプションでは終日ではないが向かいのドラゴンGHのWi-Fiが無料で拾える

それを私がひろめ欧米人に教え、一時はレセプションがネットカフェと化して

スタッフからシカとされたくらいだw

レセプションの近くの部屋にはセーフティBOX(各自個人で1~2個)使える(鍵は持参)

2009-10a

キャピトル3の屋上は洗濯物を干すスペースが有る

その屋上からキャピトルの運営するバスの乗り場・北方向の景色を見たところだ

2009-10a

上記の逆の南方向(ナリン2GH)の通りであり廃人も多数見かける

手前右には毎朝通ったベトナムCafe(美人女将)があります

↑ 写真を撮りかけたが旦那が絵に書いたマフィアのようなんで写せずじまいだった

2009-10a

違う角度からやや北西のオルセーマーケットを見ると人や車で混沌としてますね

おそらく半数以上は元忍者・こそ泥などの職業につかれていた超エリートです

2009-10a

ここプノンペンの夜は最近では銃声も聞こえず安全にはなったと言えますが

まだまだ明かりの乏しい夜などは魑魅魍魎な雰囲気が漂ってるのは確かです

そんな訳からよい子は必然的に部屋にいる時間が多くなるのは確かです

そう言った意味も込めAC部屋・少しくらい贅沢をしても罰は当たらないのではないでしょうか


周辺には日本人には馴染みの無い宿も多数見受けられました(日本のガイドブックが貧弱なため)

いろいろと泊まり歩いて今後のベースキャンプの基地を探してみたいものだ




ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます (1)





関連記事


コメント

あじあの☆さん、こんにちわ。プノンペン、まだ発展途上の町、今後も怪しさ

と飛躍デーイプな穴場、興味がありますね。プノンペンの九龍城 ブッディンへも

行かれましたか?あまりの怪しさのために前回は引きかえしたほどです。

今回は、行きませんでした。チープな生活費と学習塾、それに夜の沈没ナイト

ライフ、なぜかベトちゃんが多く かわいい。クーロン黒澤さんが定住されるのも

わかります。今はなきマイナーなスヮイパー村もかつては、マニアックをしびれ

させるほどでしたが、現在はどうなんでしょうかね。

プノンペンは、まだ治安がよいほですが、ポイペトだけは1回行ってもう懲りて

います。あそこは、最強の危険地域でしょうね。

プノンペンは、ぜひ国際ホームレス仲間 ご推薦のロング スティ地でしょうね。

写真を見ていて 今にも帰国したくなりましたよ。笑

ありがとうございました。
[2010/03/26 20:05] URL | 針生 あつし #- [ 編集 ]


針生さん、コメントありがとう御座います

サイゴンから、ここ数日バスを乗り継ぎハノイへ向かっていまして
ブログは自動更新させておいて私自身は、移動でばたばたしてました。

>プノンペンの九龍城 ブッディンへも行かれましたか?

行ってませんね プノンペンのヤバさは本気ですからね


日がな1日、レンタルアパートなども覗いてみましたが
たまたまなのか、2ベットルームなどの高級物件ばかりでした
今度、プノンペンで一緒できる時があれば安い物件を教えて下さいね

欧米人の年金親父などは、わずらわしいのが苦手なのか
GHで長期滞在してる人もたくさん見かけましたよ

ポイペトはイリーガルに流れて来た仏像に興味が有るので次回訪問予定ですw
[2010/03/29 16:47] URL | あじあの☆遠征中 #tefX1ZkU [ 編集 ]

ロングスティ候補地 カンボジア
 あじあの☆さんこんにちわ。

 私も昨今のカンボジアを気にいっています。

 やっぱ、インドシナ半島は、ビザ更新の面でも便利だし、

 いいですね。~

 フィリピンも好きだけど ビザ代異常に高くなって

 一般人には向かないでしょうね。

 ありがとうございました。
[2010/07/09 14:47] URL | 針生 あつし #- [ 編集 ]


関西からセブパシ同様にNet予約で安く買える
Jetスターアジアが就航されます

先日、Webを覗くと台北往復12000円
シンガポ往復24000でした。

でのホームレスの今は日本で耐えますv-222
[2010/07/10 07:01] URL | あじあの☆どっとJP #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/549-dec54343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。