FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


バベット (カンボジア) / モックバイ (ベトナム) 国境を抜けサイゴンへ

2010年 3月23日

物価が安く節約も兼ねてプノンペンで沈没していたが、王道のルートで

ベトナム・サイゴン(ホーチミン)に向かうため国際バスに乗車することに


2008-09a


バベット(カンボジア)/モックバイ(ベトナム)間で前回に続き(前回は逆)国境を越えることにした

このルート以外にもメコン川を下ってベトナム領に抜けるルートもあるが時間も掛かり料金も高い


正式には、モックバイ-バベットルート/MOC BAI-BAVET Route


昨年、同じルートを逆から抜けた日記です。

2009-10a

マニュアルどおりに前日、キャピトルGH1階のレストランのスペースにあるチケット手配所で

サイゴンまでのバスチケットを購入 9ドル

バスはキャピトル横のぶんぶんバイタクが待機してる場所に待機しており AM8時に出発


下、途中でバスが停車するやいなや目ざとく群がって来る物売りだが

  昔と違ってACバスなんで窓が開かず商売もお手上げって状態ですかね

2009-10a

プノンペンからのバスは1時間30分ほど走ると、メコン川にぶつかった。

ここでバスごとフェリーに乗っかり沈没しないかハラハラしながら対岸へ

プノンペンから国道1号線を東に車で走ると、国境の街、バベットに着く

2009-10a

国境までの道中、名も知れぬ村・市場などを車窓から眺め

赤土の大地、荒れた畑を左右に広がるなかバベット(カンボジア)側のボーダーを目指す

2009-10a

バベットに近づくと、目の前にカジノ街が現れる。カジノ街といっても

タイ・カンボジア国境の街、ポイペトと比較すると規模が小さく

数軒程度、ポイペトのような賑わいはなく、怪しい中国人の姿も無かった

2009-10a

バベット(カンボジア)側のボーダーには11時に着いた

ここでは、この国際バスのサービスの一環でバスに乗り合わせているスタッフが

全員のパスポートを預かりカンボジア出国の手続きをしてくる

この楽ちんが気に入り前回同様に利用したわけだ

当然だが出国カードは自らの手で記載しなければいけない

2009-10a

モックバイ(ベトナム)側での入国は自分で行う必要があり全ての荷物を持ってイミグレへ向かい

手荷物のX線検査のち入国スタンプを押してもらいプノンペンからのバスが待機してる場所へ向かう

歩きの移動距離はしれているので大きな荷物のツーリストでも問題な無い

国の経済レベルからみれば、ベトナムはカンボジアよりも遥かに豊かになっている。

しかし、出稼ぎは、ベトナムからカンボジアへの出稼ぎが圧倒的に多いのだ

2009-10a

ベトナム側の街は、モックバイ。ここから、ホーチミン市までは、60キロの距離だ。

バスはデタム通りのSin Cafe事務所前に13:30分に到着した。

2009-10a

この一帯はサイゴンの安宿街である、バンコクのカオサン通りほどではないが、

安宿、食堂、旅行代理店、土産物屋などの並んだ賑やかな通りである。

叔母さんが寄ってきて、AC付きで、1泊10US$と誘う。G.Hの客引きである

さて、なにはともあれ恒例の宿探しである


前回、同じルートを逆から抜けた日記が読めます。

ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます (1)




関連記事


コメント
質問です。
いつもご拝読させていただいております。
質問があるのですが、お金は常に持ち歩いているのですか?
カードか、お金が無くなれば最寄りの銀行で都合するのですか?
安いホテルだと、セーフティボックスがあるのかどうか?
将来、私も長旅を、あなたのようにしたいのですが、大金を持って歩くと怖いし、どのようにしているのかご伝授ください。
もし、これを書くことに、危険にさらされるのであれば、聞き流してください。
[2010/03/28 09:58] URL | みのる #aeXjTtCM [ 編集 ]


みのるさん、ご無沙汰です。 コメントありがとう御座います

サイゴンから、ここ数日バスを乗り継ぎハノイへ向かっていまして
ブログは自動更新させておいて私自身は、移動でばたばたしてました。

>質問があるのですが、お金は常に持ち歩いているのですか?
>カードか、お金が無くなれば最寄りの銀行で都合するのですか?

現金は国際キャシュカードで必要な分だけ引きおろして持ち歩いてます。
最近は引き落とす際に手数料が掛かる国などが増えたので
そのような国では日本円から両替するようにしてるので
以前よりは高額を持ち歩いてるのが事実です。

>安いホテルだと、セーフティボックスがあるのかどうか?

有っても怪しそうなホテルの場合は持ち歩いてますしPCなど電子機器などは
他の人の貴重品を出し入れする際に床に落とされても困るので持ち歩いたり
部屋のどこかに隠し置いたりしてますが、本気の泥棒に掛かれば無駄な抵抗でしょうね

他に人に聞いたところPCは重たいので部屋に置きぱなしって方が大多数でした
宿のスタッフが泥棒ってのも不思議ではないいくらでも有る実話です
それに路上でホールドアップに遭遇したら全て無くなるしね
正直、無用心なのも困り者ですが、あまり神経質になっちゃっても旅がつまらなくなるし
旅を続けると不思議と勘が働くようになり無用心な部屋の場合は宿を変わるし
PCなどは常にリュツクに入れて街ぶらを楽しんでます。

常に控えめに派手な言動は控えましょうですね
[2010/03/29 16:50] URL | あじあの☆遠征中 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/550-661bc00b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY