FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ベトナム サイゴンからバスを途中のニャチャンで乗り継ぎホイアンへ

2010年 3月26日

三日間、滞在したサイゴン(ホーチミン)

宿を一歩出たとたんに、蝿のように寄ってくるバイタクからの誘いを逃れ

自らの足を頼りに街ぶらを楽しんだが今や初めて訪れた時の街の姿とは一変し

アジアの暴れ龍の如く発展する近代的な街へと変貌を遂げていた。


2009-10a

地図はクリックすると拡大されます


それでも市バスで30分程の距離で華人が多く住んでいるチョロン地区には未だ

昔のサイゴンの様子が残されていたのが路地歩きオタクの唯一救いであった


今回は、サイゴン(ホーチミン)を離れ中部ホイアンへと移動の様子である。

2009-10a

デタム通りのSin Cafeとはバックパッカー御用達の旅行社

その事務所前から乗車したのは皆さんご存知の今や国内ツアーを

網羅しているシンカフェのオープンバスツアーです

探せばまだまだ安いところも存在するとはずですが、何かと問題も生ずる可能性も高い

ベトナムでの移動、一応老舗なんで対応も素早いと思い今回も利用することにした。


初めてベトナムを旅した90年代に利用した時は、ほんとうに小さな店構えで

ワゴン車を数台しか持っていない喫茶店だったんですよ だからCafeって呼ばれる由来です

2009-10a

7:30分にサイゴンを出発したバスは予定時刻より遅れ12:40分に

ホー・チ・ミン市の北東315キロメートルの街でアジアンリゾート雑誌の特集などで

時おり紹介されるムイネー(ファンテエット)のリゾート地区に到着

下)

隣町ファンティエットの海辺ですが大小の漁船が所狭しと停泊している

ここは魚醤油(ニョクマム)の産地としても有名な町ですね

2009-10a

シンカフェのバスが昼食休憩に停車した場違いなレストランだ、大抵のバス移動では

もっと小汚い食堂がお決まりなんだが・・・ よくよく見るとプールにシンカフェの文字が

自分とこの系列だったんですね いずれにしても儲かってるようだ


目抜き通りには、炭火で焙る海鮮料理レストランもあれば、オープンテラスの

洋風レストランから縁が無さそうな高級リーゾート・ビラ・スパと何でも御座れだ

2009-10a

40分ほどムイネーで休憩後、海岸線を走りニャチャンへ向かってるのだが

バスは遅れは取り戻すどころか、どんどん広がりだしている

今回の移動はニャチャンが目的ではなく、そこからまだ先へと乗り継ぐため

次のバスまで4時間程度も待ち時間があるので余裕ではある

予定ではサイゴンから8時間と聞かされていたのでニャチャンへは3:30分着が

本来の到着時間のはずなんだが、実際に着いたのは18:20分だった

2009-10a

幸いにバスが遅れたので40分くらいの待ち時間で次のホイアン行きのスリーピングバスに

乗り換えれた ニャチャンは1年通して雨の多い土地で今回も前回と同様に雨が降っていた

近くのスーパーで寝酒用にとベトナム産の焼酎(米)を買い込み乗車する


クリックすると、前回のニャチャンの日記が読めます。


クリックすると、前回のニャチャンの日記-2が読めます。


2009-10a

スリーピングバスの車内ですね トイレも完備です

その分、食堂などでの大掛かりなトイレ休憩がなく今夜は夕食を食べ損ねた


バスの特徴は180度近くリクライニングするのだが足元が窮屈なのが問題だ

ニャチャン発 19:30分

2009-10a

最終の目的地ホイアンに着いたのは日付も変わったあくる日のAM5:40分

サイゴンから22時間の移動だった。

ちなみにサイゴンからのバス料金は乗り換えも入れ31万ドン 1550円


疲れた身体に重いバックを背に胸にと宿探しです

2009-10a

前回に訪れたのが11月、アジアではハイシーズンと思いきや、そうでもないらしく

前回に調べた宿はハイシーズンなど掲示していないのに全て値上がりしていた

30分ほどさ迷った結果 予算の10ドルを少し切る9ドルの宿だ(実際は値切ったんですがね)

MY CHAU HOTEL 周辺は住宅街で宿泊施設は無く、どっぷりローカルに浸れます



クリックすると、前回のニャチャンの日記が読めます。


クリックすると、前回のニャチャンの日記-2が読めます。


ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます (1)




関連記事


コメント

あじあの☆さん、いつも楽しく見ております。約15年前 ベトナム縦断

旅行したときは、ミニバスで小柄なベトナム人にあわせた窮屈なバス

だったと記憶しています。よって鉄道移動ばかりしていました。外人料金

が今はなくなったようですね。

現代のベトナムバス移動はずいぶん豪華になったのではないかな、と

写真を見て思いました。

気をつけて旅してください。
[2010/03/30 20:05] URL | 針生 あつし #- [ 編集 ]


針生さん、旅の資金は溜まって来てますか

昨日、もうちょつとでパスポートからクレジットカード現金をすべて盗まれるとこでした

路上を歩いていたら物売りが近づいて来て何やら見せ気を引こうとしてるので無視していたら
もうひとりの仲間が背中に背負ってるリックのチャツクを開けて手を入れようとしていたのか
チャックが開いてるのを発見し、驚いたと言うか鳥肌がたちました

プロの泥棒はチャツクに鍵を付けてても巧みに開けようとするで用心が必要です
[2010/04/01 09:39] URL | あじあの☆遠征中 #tefX1ZkU [ 編集 ]


こんにちわ。>旅の資金は溜まってきていますか

いいえ、最近また暇になりました。ストレスのほうが溜まってきています。笑


すりの手口のひとつとして複数で行うようですね。ひとりが気を引くことを話

てくるようですね。以前 アンヘレスのジプニー乗車時、時間を聞かれている

間にポケットの財布をぬかれました。

でも用心深く、見せ金で財布の中身は20ペソだけ、犯人たちは悔しがった

ことでしょう。結構気ずかないうちにスル手口は神業ですね。

お互い気をつけましょう。

[2010/04/01 10:44] URL | 針生 あつし #- [ 編集 ]


針生さん、コメントありがとう御座います

いやあ~ あれ以来 後ろに付かれることがトラウマになり
少数民族であろうが後ろに付かれると泥棒に思えるこの頃ですわ

私はフィリピンではキアポのイセタンで夫婦連れのスリにやられる寸前でしたわ
[2010/04/05 20:33] URL | あじあの☆遠征中 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/552-94399ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY