アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラオカイ省 バックハ村 サンデーマーケット

2010年 4月4日

サパに到着し宿に荷物を降ろしたのち、始めての街での毎度恒例の

土地勘を養うのと街の物価を探りに市場を訪れた

街には想像以上の少数民族が歩いており英語で土産物のセールスに励まれ

思っていた素朴さはなく異質な空間に感じられた


2009-10a


この町へ訪れる前は少数民族の皆さんを、日曜日などの特別な市(マーケット)が

開かれる以外の普段の日々では、それほど目にしないと思っていただけに

拍子抜けした次第だ その事を宿のスタッフに尋ねてみても普段からこの調子で

2009-10a

特に日曜日だからといって変わり映えがある訳でもないとハッキリ言われた

それならとサパで日曜日を過ごすのを変更し110キロほど離れたバックハの街を訪ねてみた

2009-10a

日曜に市場が開かれるバックハ、サパからの日帰りツアーも多く

サパを拠点にするツーリストが主で直接バックハーに入る人はまだまだ少ないようだ

2009-10a


2009-10a

なんたってラオカイ駅前のミニバスはサパ行きがほとんどで、バックハー行きは極少数だ

駅前から正面の道をまっすぐ300m程行った突き当たりに、ローカルのバス停があるので

その利用がベストだ、所要約2時間で到着する

2009-10a

花モン族、中国からやってきた美しき山の民ってとこだろうか

2009-10a

アジアの市場では労働力は女性だ

男はって言えば市場の食堂で自家製の焼酎をあおり話に夢中だ

2009-10a

Flowered H'mong(花モン)族は、黒モン、赤モン、白モン、緑(青)モンと

大きく分けて5つのグループからなるモン族の1グループ

2009-10a


2009-10a

18世紀に中国南部から渡ってきた山岳民族

サパ周辺というよりは、Bac HaやCoc Ly周辺に住んでいて、焼畑農業を行う遊牧民だ

ベトナム少数民族の中でも最もカラフルな衣装と言われている

2009-10a

週に1度、村から降りて来て市場で買い物を楽しむ

安物の手鏡に写る自分の顔を見る花モン族、女性の色気が感じる瞬間だった。




ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます (1)




関連記事


コメント
こんにちは!
はじめまして! トミーと申します。

「写真がとても上手~」
いつも妻がここをのぞくたびにそうつぶやいています。

サパは良さそうなところですね。
写真を拝見していると
そこへ誘われているような気持ちになりました。
[2010/04/20 22:49] URL | トミー  #- [ 編集 ]


トミーさん、コメントありがとう御座います。

コメントは頂いた時点で早々に読ませて頂きましたが
折からの中国のネット検閲事情でFC2ブログの管理画面が開かないために
返信できずじまいでした。 今回は中国・広東省・珠海と隣合わせの
マカオへビザランに詣でた時に書き込みしました。

本当は一眼デジカメを持参したいのですが、ネットブックやら最近は
旅の快適グッズを多く持ち込んでるので重たくて・・・ 

今、使用してるレンズは40ミリなんで
被写体とのワーキング・ディスタンスが稼げず被写体の40~50センチ位まで
カメラを近づけて撮るため拒否されることが多く泣かされてます

サパはベトナムのなかでも夫婦で行かれるならオススメの街です
夜は霧が街を多いロマンチックな演出をしてくれます。
[2010/04/23 12:29] URL | あじあの☆遠征中 #tefX1ZkU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/560-c0d7be69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。