FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


08<<  2019.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


河口からバスで雲南省の元陽へ

2010年 4月7日

ベトナム・ラオカイから国境を越えて中国・海口へ到着して

2~3日は、海口で滞在する予定だったのだが、数日涼しい高原のサパで

過ごした身には海口の蒸し暑さに完敗、早々に予定を繰り上げ翌日には

雲南省・元陽へと向かう決心をしたが、確か元陽へのバスは早朝6時のはずだ・・・


2009-10a


翌日出発を決めたのが夜中に蒸し暑さで目が覚めた時点であり

前もって宿の小姐には伝えておらず早朝の5時に無理やり起こし

宿の押金を返却してもらって門を開けてもらい真っ暗の中バスターミナルへと

向かったが、叩き起こした小姐には大変申し訳なかった

2009-10a

海口汽車バスターミナル

流石に早朝の5時過ぎだけにチケット販売窓口も閉まっており

服務員には元陽までのチケットを車内で買ってくれと言われる

この区間の料金は外国人と見るとボルのがデフォルトらしく

長年、通ってる中国通の人でも正規での購入は難しいらしい

但し、逆の元陽~海口は正規で購入可能だ

2009-10a

途中でいくつかの街を抜けて行くが途中休憩が多くてなかなか前に進めない

乗客が少ないので集まるのを待ってるようにみえる

ミニバスは紅河に沿って元陽へ向けてひたすら走るが道の状態は悪く

埃が車内に立ち込め衣服や鞄は真っ白になり髪の毛はガチガチだ

ちなみに元陽だと39元で買えるのに69元も支払わされた

下)南沙着 12時

ここが終点で更に乗り換えて元陽・新街鎮へ向かうバスもあり初めての旅行者は

ここを元陽の街と勘違いし宿を取る人もいるので注意が必要だ

ここは南沙と呼ばれているが元陽とも呼ばれていてややこしい

棚田観光の起点となる街は南沙ではなく元陽・新街鎮なので覚えておこう

2009-10a

13:00 元陽に着いたがバスターミナルが以前までの不便な街の下ではなく

ゲストハウスにアクセスし易い、街中に変更されており嬉しい誤算だ

下)

ここが以前のバスターミナルで現在は取り壊し工事の真っ最中であった

どうやら元陽の棚田が世界遺産登録され利便性を考えて国からお金が出て

街のなかに移動したと考えられる

2009-10a

元陽・新街鎮は急勾配の中にある街だ天候が一変すると

霧に包まれ10メートルの視界も利かなくなる日もある

標高が高いので涼しく快適である

2009-10a

前回、訪れた時は生憎、天候が悪く観光どころではなかった

元陽・新街鎮の天候は一度崩れだすと1週間・10日と霧に包まれ

小雨が降り気温もぐっと下がり宿の煎餅布団では耐え難いくらいになる

2009-10a

元陽・新街鎮での宿は老百姓旅社

老ばんの叔母さんは親切で明るい

2009-10a

部屋数が少なく現在は身内が単人房(1人部屋)を占領しており

空いてる3ベットの部屋をひとりで使わせてもらえた

20元 280円 TVは有るがトイレ・シャワーは別だ



クリックすると、前回、滞在した元陽の日記-1が読めます。


クリックすると、前回、滞在した元陽の日記-2が読めます。


クリックすると、前回の元陽の日記-3が読めます。



ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます (1)




関連記事


コメント

はじめまして、あじあの☆さん。
貴殿のブログいつも楽しく拝見しています。
早くコメントしようと思っていたのですが遅くなりました。

実はずっと拝見している内に触発されて、シュノーケルセットまで買い込んで、
今年早々コロン、エルニド、プエルトに行って来ました。
ほんと期待通りにすばらしい所でした。
このブログに出会えていなかったら知らない所だったので、ほんと有難う御座います。

私もアジア旅行が好きですが、まだまだ知らない色んな所があってとても参考になっています。
更新されるのもいつも楽しみにしています。

写真のセンスもいいですね。私も旅行の際はよく撮るのですが、
あんなにカッコよく撮れませんので、羨ましいです。

それと文章もユニークですね。時々読んでて、プッと笑っています。
やっぱっ、関西人やなって思っています。因みに私も関西人ですが。(笑)

今度、私もインドシナ半島一周しようかな。
次はどちらに行かれる予定ですか?
これからも期待しています。
[2010/07/16 16:46] URL | レビン #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
レビンさん こんにちは こちらこそはじめまして

当ブログを贔屓にして頂きありがとう御座います。

>今年早々コロン、エルニド、プエルトに行って来ました。

マニラ辺りだと日本人の姿もチラホラですが
旅された地域は、まだまだマニアックでしょう

リゾートのように華やいたきらびらかさは無いですが
それがセブを除いたフィリピンのビーチスタイルだと思ってます。

私など行ったことのない国など訪ねてみたいと思ってはいながら
毎回、懐にやさしいインドシナへ足が向いてるのが現実です。

次回は短期ですが8月の末から出かける予定です。

関西ならセブパシフィックの恩恵が受けれるので、プロモの期間に
関空~フィリピン~第三国~フィリピン~関空のルートで
繫いでいくと思いのほか安く周れますよね

まあ私のような暇な人間を限定としたルートですがねw

 
[2010/07/17 21:04] URL | あじあの☆どっとJP #tefX1ZkU [ 編集 ]


あじあの☆さん
返信有難う御座います。
8月末から出かけるのですね。それではまた、その旅行記を楽しみにしておきます。

実は、セブパシにて関西→マニラ→バンコクとか行って来たことがあります。
半額プロモで片道で確か15000円くらいだったかな。安いですね。

今後期待するのは、関空が格安航空会社の誘致に積極的に乗り出すそうなので、
是非、エアアジアを誘致してほしいですね。
[2010/07/20 09:33] URL | レビン #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
レビンさん コメントありがとう御座います。

そうですか東シナ海をぐるっとタイまで詣でられましたか
私は、ブログにも記載しましたがその逆ルートを利用しましたが

赤シャツではなく黄シャツ軍団に空港を占領された時で
大変なおもいで軍の空港から離タイしてマニラヘ向かいました。


>是非、エアアジアを誘致してほしいですね。

大賛成です ほんとセブパシも魅力なんですが・・・
言ってもフィリピンは島国だけに他の国へ抜けるのに
またも飛行機を利用はちょっと考えさせられます
エアアジア、関空~タイ、15000円で往復ってのを待ってます

先日、Jetスターアジアのサイトで関空~台北
関空~シンガポがプロモ激安で出ていて気持ちが揺れました。
[2010/07/20 20:16] URL | あじあの☆どっとJP #- [ 編集 ]

棚田を見に行きたい!
初めまして。来年3月頃ハノイからサパそして元陽に棚田を見に行きたいと思っています。とても参考になりました。海口じゃなくてか河口ですよね!
[2017/06/06 20:29] URL | クー #hy9433ho [ 編集 ]

Re: 棚田を見に行きたい!
東南アジア諸国の棚田のスケールは段違いですものね。
日本の小さな棚田も魅力的ですよ。
[2019/08/11 07:51] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/563-69096684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY