アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国 雲南省 老猛 サンデーマーケット

2010年 4月11日

中国 雲南省 老猛 サンデーマーケット


2009-10a


クリックすると、前回、滞在した元陽の日記-1が読めます。


クリックすると、前回、滞在した元陽の日記-2が読めます。


クリックすると、前回の元陽の日記-3が読めます。

2009-10a

雲南省といえば、多くの山岳少数民族が暮らす地域として有名だ

ハニ族、イ族、漢族、タイ族、ミャオ族、ヤオ族、チワン族などが

2009-10a

周辺の村に住んでおり、なかでも華やかな民族衣装を身に着けて

村から集まって来るマーケットは特にオススメらしい

2009-10a

元陽の主なマーケットは 老猛 、 新街 、 攀枝花 、黄茅嶺である

2009-10a


雲南省には世界的に注目が集まっている麗江や大理があり

高速道も完備されアクセスし易くなりより観光地化されたことで

人々の生活や伝統・文化が急激に変わりつつあるのも確かだ

2009-10a

逆に観光化から取り残され、ひっそりと少数民族の人々が暮らす地域が

今回、滞在した同じ雲南省の元陽という地域だ

2009-10a

今回は、その元陽から乗り合いの軽バンで20元 片道 1時間30分の

老猛のマーケットを訪ねた訳だが少数民族の種分けは

2009-10a

ハニ族52.6パーセント、イ族23.7パーセント

他にタイ、漢、ミャオ、ヤオ族である

2009-10a

元陽の主な7の少数民族は地形標高より住んでいる特徴がある

タイ族:海抜144m~600mの熱帯谷地に居住している

チワン族:海抜600m~1000mの峡谷に居住している

2009-10a

イ族:海抜1000m~1400mの山地に居住している

ハニ族:海抜1400m~2000mの山地に居住する

ミャオ族、ヤオ族:海抜2000m以上の高山地に居住している

2009-10a


2009-10a

マーケットは午前10時頃が賑やかで、お昼を回るとだんだんと

活気もなくなるので新街鎮を8時頃に出る乗り合いで向かう事を勧める

復路は遅くても1時頃に乗り合いを拾うのが無難だ



クリックすると、前回、滞在した元陽の日記-1が読めます。


クリックすると、前回、滞在した元陽の日記-2が読めます。


クリックすると、前回の元陽の日記-3が読めます。


ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます (1)




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/565-8aa34738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。