アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ リペ島 Koh Lipe

2010年 1月7日

なんとか滞在中の寝ぐらを確保したので部屋に荷物を置き

コテージがあるサンライズビーチ周辺を歩いてみる

ひだり   みぎ


地図は島の小学校で見つけたタイル張りのアバウトなものです

なんとかKoh-Lipe の位置関係は理解してもらえると思います



2009-10a

このような船で時間を掛けて本土から物資が運ばれてくる

したがって島の物価が高くなるのは仕方がないことなんだろう

だけど減価償却が既に終わり時が経過したボロコテージですら

部屋のクオリティ(質)と比例しない価格は納得いかないね

2009-10a

島の位置関係はタイの南の果て、マレーシアとの国境に近いという

アクセスの不便さが秘島??マニアには幸いしてるのか

我が極東アジア勢の姿は、ほとんど見かけない

2009-10a

ここではシュノーケイングツアーが主なアクティブティなのか

時おり島民の漁師?が船に乗らないか~ ってな塩梅で

すごく控えめに声をかけてくるが宿泊コテージに出費を奪われたので

ひたすら読書と日光浴に専念した そんなシンプルな一日が

もっとも安く贅沢な過ごし方ではなかろうか

2009-10a

続いてリペ島のメインビーチであるパタヤビーチへ歩いて行く白い砂浜が眩しい

バンコクに近いあのお下品ビーチと同名なのがなんだかおかしい

2009-10a

うす曇だがホワイトサンドが少しばかりの日光に照らされ

ビーチではサングラスをかけないと、もはや歩けない状態だ

そんなら快晴だったら、いったいどうなんだろう

足で踏みしめるパウダーサンドが自然のフットマッサージだ

2009-10a

ビーチは3つあり、メインとなるビーチは南側のこのパタヤビーチである

意外なほど賑やかであり、もはや秘島のムードではないけどね

2009-10a

いろんなビーチへは徒歩範囲なんで気軽に参れるしレストラン・コテージの前にはフリーの

ベッド・椅子が設置されてるので飲み物でも頼めば、いくら居ようが問題ない

サンセットはメインのパタヤ・ビーチで拝めます。


ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/585-f62916e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。